腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛を抱えているときのなるべく膝を痛ませない暮らし方とは?

   

膝痛を慢性的に感じている人は、なるべくその痛みを感じさせないようにして暮らしていきたいと思うものです。

でも、どうしたらその痛みを感じないように暮らせるのかわからないという方もたくさんいるでしょう。

そこでここでは、膝痛を抱えているときに、なるべくその痛みを感じさせないようにして暮らすための方法を紹介していきます。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

同じ姿勢であまりいないようにする

膝痛を抱えているときに、その痛みが激しくなってしまわないようにするためには、同じ姿勢であまりいないようにするというのがおすすめです。

同じ姿勢でずっといると、どうしても筋肉はどんどん凝り固まっていってしまいますし、血流がどんどん悪くなっていってしまいます。

そうなると、膝痛の痛みもどんどん増していくことになります。

でも、逆に、適度に足を動かしたり、体勢を変えたりしていれば、その分血流もしっかりとめぐりますし、筋肉が凝り固まるということもなくなります。

なので、あまり膝の痛みが激しくなることがなくなるのです。

そういうことがあるので、膝痛を抱えている方は、できれば生活の中でずっと同じ姿勢でいることを避けるようにしておきましょう。

仕事中は適度に席を立つべき

でも、デスクワークの方は、どうしてもある程度長い時間同じ姿勢でいるしかなくなるでしょう。

しかし、たとえデスクワークの方であっても、トイレなどで席を立つことは可能でしょう。

あるいは、何かでひと段落した時であれば、席を立つことを許されていることも多いでしょう。

なので、そうして何かしらのタイミングで積極的に席を立つようにしましょう。

すると、しっかりと体をほぐすことができるようになりますから。

移動中もしかり

それは、当然移動中でも言えることです。

確かに移動中の場合はどうしようもないこともあります。

たとえば、車での移動ともなると、その車がとまらない限り身体を動かすことはできないでしょう。

なので、その場合はその中でどうにかして体を動かすしかありません。

しかし、電車移動なのであれば、席を立つこともできますから、適度に席を立つようにしていってください。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

背筋を伸ばして移動するようにする

膝痛をなるべく起こさないようにするためには、背筋を伸ばして移動するようにするということも一つのポイントになります。

背筋を伸ばして移動することと、膝痛が結びつかないという方も多いでしょう。

しかし、それはすごく大事なポイントなのです。

なぜなら、背筋をまっすぐ伸ばして移動することで、体重のかかり方がまっすぐに、そして均一になるからです。

たとえば背筋をまげて、すごく猫背のようにして移動すると、体重が前のめりにかかるようになります。

それはイコールで、膝にかかる負担のかかり方も変わってくることになります。

人の体は、まっすぐかかってきた体重に対して、それに耐えることができるようにできています。

ということは逆に言えば、猫背の姿勢でまっすぐではない体重のかかり方をしてしまうと、それによって膝はダメージを受けやすくなると言えるのです。

膝痛を抱えているときには、膝の上に手を乗せたりして、前のめりに歩いてしまうこともあるでしょう。

しかし、それはこのように逆に膝痛をひどくしてしまうことになるので、そうならないようにしっかりと背筋を伸ばして歩くようにしていきましょう。

立ち上がるときや座っているときも同じ

そしてそれは、立ち上がるときや座っているときに関しても同じことです。

立ち上がるときには、先述のように膝の上に手を置いたりして、前のめりになりながら立ち上がることが特に多いでしょう。

立ち上がるときには、膝のあたりにぐっと力がかかることも多いです。

そんなときに体重が変なかかり方をしていたら、膝痛がひどくなることがあっても仕方ありません。

ですから、立ち上がるときには特に背筋を伸ばして立ち上がるように意識していきましょう。

座っているときも、背筋をまっすぐにすることで、骨盤がまっすぐになり、しっかりと腰と足で体重を分散できるようになります。

背筋がまっすぐでないと、腰と足で分散するような体重が、足にばかり行くようになってしまうこともあるのです。

そうなると当然、膝痛が発生していく可能性も高くなるでしょう。

座っているときの姿勢というのは、すごく大切だと言えます。

適度に足を曲げたり伸ばしたりする

膝痛を抱えている方は、できればなるべく膝を動かさないようにして生活したいと思っている方も多いでしょう。

しかし、なるべく膝を動かさないようにして生活をするよりは、適度に膝を曲げたり伸ばしたりして生活をする方が、膝痛は起こりづらいと言えます。

それには、先述の、なるべく同じ姿勢でいないようにするということが関係しています。

なるべく同じ姿勢でいないようにするのは、適度に体を動かして、筋肉が縮こまったり、あるいは血流が悪くなったりすることを防ぐためでした。

では、膝をあまり曲げたり伸ばしたりしないようにしていたらどうなるでしょうか?

なるべく膝を曲げたり伸ばしたりしないようにしていたら、それにともなって膝のあたりの筋肉は縮こまっていってしまいますし、血流も悪くなっていきます。

それでは膝痛が起こってしまうのも仕方ないと言えるでしょう。

だから、そうさせないために、なるべく膝を曲げたり伸ばしたりして、血流や筋肉をほぐしていきましょう。

もちろん必要以上に繰り返す必要はない

ただ、もちろん必要以上にそれを繰り返す必要はありません。

必要以上にそれを繰り返してしまうと、やはり動かしすぎによって膝に負担がかかります。

当たり前の話ではありますが、膝痛が起こっている膝というのは、弱っている膝になります。

その膝を必要以上に動かしていたら、そこに強い痛みが発生するのは明白です。

なので、5分に1回くらい曲げたり伸ばしたりするなど、必要以上に曲げ伸ばしを繰り返すことは避けていきましょう。

自分の足で歩くようにする

たとえ膝痛を抱えていても、なるべく自分の足で歩くようにするというのも、膝痛を抱えている人のための暮らし方のポイントだと言えるでしょう。

なるべく自分の足で歩くようにすると、足を動かすことで血流を良くしたり、筋肉のコリをほぐしたりする効果を生みます。

さらにそれに加えて、足に筋肉をつけることにもつながります。

膝痛を抱えている人は、膝痛が起こることを不安視して、全然運動をしなくなるでしょう。

しかしそれでは、足の筋肉が衰えていき、余計に膝痛が起こりやすくなる状況を作ってしまいます。

逆に言えば、しっかりと足に筋肉をつけていけば、膝痛は起こりづらくなるということなので、なるべく歩くようにするのがおすすめなのです。

歩くくらいであれば、膝痛を抱えている人の足にとっても大した負担にはなりません。

もちろんあまりに長い距離を歩いているとか、すごく固いところを歩いているとか、そういうことであれば負担になることもあるでしょうが、普通に町をちょっと歩くくらいであれば、その心配はないでしょう。

まとめ

膝痛を抱えている人が膝痛を起こさないようにして暮らしていくためには、是非これらのことを参考にしてみて下さい。

これらのことは、どれもちょっとしたことではありますが、実に大切なことでもあります。

なので、できれば是非すべてのことを意識して生活してみてください。

そして、なるべく膝痛を感じないようにして生活していってください。

####


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ