腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛を緩和したい! 膝用サポーターの効果や選び方とは?

      2017/09/08

ザムスト(ZAMST) ひざ 薄型サポーター ボディメイト(BODYMATE)ひざ バレー ランニング Mサイズ 左右兼用 ブラック 380002

膝は人間が自力で移動するのに重要な役割をしているため、膝を痛めてしまうと歩いたり、階段を上ったり下りたりなどの移動が辛くなります。

また、そのように移動することだけでなく、座ったり立ち上がったりなどの動作もキツク感じてしまいます。

そのような時に最適な物が、サポーターになります。

サポーターに膝をサポートしてもらうことによって、膝の痛みを軽減したり、冷えることを防止することができます。

そのため、膝痛を起こした時は、サポーターをするのがおすすめですが、サポーターといっても色々な種類があり、どれを購入したら良いのか迷われることでしょう。

ここでは、膝用サポーターの効果や選び方について説明していくので、サポーター選びに役立ててください。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝用サポーターの効果とは?

膝をサポートしてくれるサポーターは、主に膝の痛みが気になる方や膝痛の方が利用していますが、どのような効果を期待することができるのでしょうか。

それでは、その効果を説明していきたいと思います。

サポーターの二つの効果

膝用サポーターの効果はその名の通り膝の動きをサポートすることになります。

そのサポートすることとは、膝にかかる負荷を軽減させることと、冷えによる膝の痛みを温めることによって緩和させることになります。

膝にかかる負荷を軽減させるには膝の動きを抑える必要があり、膝を固定することにより膝の動きを抑え、膝にかかる負担を少なくします。

膝にかかる負担が少なくなれば、当然膝痛が治るのが早くなります。

そのため、膝の痛みが酷い方には効果的なものとなりますが、膝に疲労が蓄積している方や膝が弱い方、ぐらついている不安定な膝の方にもサポーターは最適なものになります。

そして、膝用サポーターには膝を温める効果があるので、膝が冷えることにより膝が痛むという方の使用にも向いています。

寒い時期である冬や、夏でのエアコンが効き過ぎている場所などでは膝が冷えやすくなるので、サポーターをして冷えを防ぐと良いでしょう。

このように、サポーターには膝の動きを抑える効果と膝を温める効果があり、効果的に膝をサポートします。

怪我の予防にも効果的

膝用サポーターは、膝に痛みがある時だけ使用するイメージがありますが、怪我の予防としても使うことができます。

膝は、座ったり立ち上がったり、歩いたり走ったりなどで負担がかかるため、痛めやすい部分と言えます。

特に、サッカーやマラソン、野球やバスケットボールなどのスポーツを頑張り過ぎると、膝には強い負荷がかかります。

そのため、膝の怪我には注意が必要ですが、スポーツをする時にサポーターをつけると膝痛を予防する効果が期待できます。

サポーターをすると、膝が固定される感じがし動きにくいイメージがありますが、固定する力が比較的弱い足を通してつける膝用サポーターは思ったよりも動きやすいので、ウォーキングやランニングや野球など、色々なスポーツで使用することができます。

そのため、膝を痛めていないけど、疲労が蓄積していることにより「膝を痛めそうな気がする」と感じる場合や、膝が弱い方は膝用サポーターをつけると良いでしょう。

しかし、サポーターは膝の動きを抑えているため、膝の自然な動きを邪魔しているとも言えます。

そのため、膝に全く異常がない方がサポーターをつけることは良くないとも言えます。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝用サポーターの種類について

膝用サポーターには、巻いてつけるサポーターと、足を通してつけるサポーターがあります。

その二つの効果の強さや特徴は異なるため、自分の目的に合ったものを選ぶ必要があります・それでは、その二つのサポーターの効果や特徴を説明していきます。

巻いてつける膝用サポーター

巻いてつける膝用サポーターは、巻いてつけるためしっかりと膝を固定することができます。

そのため、膝にかかる負担は少なくなるので、膝の痛みを緩和してくれる効果を期待することができます。

痛みが緩和されるので歩くことが楽になり、日常生活をサポートしてくれます。

また、日常生活だけでなく、スポーツでの動きもカバーしてくれます。

このように、巻いてつける膝用サポーターは、膝痛を起こしている方には最適なものになります。

このタイプのサポーターはしっかりと膝を固定するため、足を通してつけるサポーターよりも動きにくい面がありますが、固定力は巻き加減により調整できるため、使う場面によって調整すると良いでしょう。

また、つける時に巻かなくてはいけないので、多少つけるのが面倒だと言えます。

足を通してつける膝用サポーター

足を通してつける膝用サポーターは、巻く必要がないため楽につけることができます。

ソフトな圧力を加えることにより、膝をサポートします。

巻いてつけるサポーターよりも固定力が弱いため、動きやすくなっています。

そのため、膝の動きをあまり妨げないので、スポーツでは本来に近い動きをすることが可能となります。

しかし、固定力が弱いので痛みがある場合には向いていなく、どちらかというと膝痛を予防する時に向いています。

このような足を通す膝用サポーターの多くは保温性に優れており、冷えにより膝が痛むという方にもおすすめです。

膝用サポーターの選び方について

膝用サポーターは、自分の目的に合わせて選ぶことが大切になります。

先程も説明しましたが、サポーターは種類によって固定力や保温性などが違ってきます。

そのため、膝をしっかりと固定したいのか、膝が冷えるのを防ぎたいのか、目的をハッキリとさせて選ぶようにしましょう。

価格に関しては、固定力が強いものほど高い傾向にあります。

固定力が高い巻いてつけるサポーターは、足を通すサポーターよりも価格が高くなっています。

サポーターの中には安価な物もありますが、安すぎると効果が弱いので、それなりの価格をしているサポーターを購入した方が安心です。

しかし、価格が高い物が良いという訳ではなく、自分に合っている物を選ぶことが重要になります。

したがって、自分が欲しい機能の高さで選ぶだけでなく、自分に合うサイズを選ぶことも重要になります。

サイズが合わないと意味がないので、サイズを確認して選ぶようにしましょう。

サポーターをする以外の膝痛対策

膝に痛みがある時に、サポーターをして膝にかかる負担を少なくすることは大切ですが、その他にも大切なことがあります。

それは、栄養バランスの良い食生活や適度な運動、ストレッチや膝にかかる負担の少ない姿勢をすることになります。

人間は基本太るほど体重が増えるため、太り過ぎると膝にかかる負担は大きくなります。

また、バランスよく栄養を摂らないと膝を強くすることはできません。

そのため、膝痛対策には、栄養バランスの良い食生活が必要になります。

次に適度な運動も膝痛の対策になり、膝周辺の筋肉が弱くなると、膝を支えることが辛くなるため、膝痛を悪化させてしまうこともあります。

したがって、痛みがなくなってきたら、ウォーキングやストレッチなど軽い運動を生活に取り入れてみましょう。

ストレッチは柔軟性を高めてくれるため、膝痛の予防になります。

そして、膝にかかる負担の少ない姿勢ですが、正座は膝にかかる負担が大きいのでしないようにしましょう。

歩く時は、背すじを伸ばし膝を伸ばして歩くようにし、着地は踵からするようにしましょう。

それと、立ち上がったり座ったりする動きはゆっくりすることが大切になります。

まとめ

サポーターは膝をサポートしてくれるので、膝が痛い方にとっては動きやすくなりますが無理は禁物です。

膝の痛みが酷いのにサポーターをして、無理してスポーツの練習をしたり、試合に出たりしないようにしましょう。

痛みが酷い時は安静にすることが大切になり、サポーターをしていても無理をすると膝痛が悪化してしまうので注意しましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ