腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛対策で注意することは? 膝に負担をかけないための4つのポイント

      2017/09/08

膝痛になると、ただ歩くだけでも辛くなり、大きなストレスになってしまいます。

これを避けるには、普段から膝の負担を減らすように、注意して生活しなければなりません。

普段から注意していれば、膝痛のリスクはかなり減らすことができます。

では、膝に負担をかけないためには、どんなことに気をつければよいのか、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

座り方

膝によい座り方

最も膝の負担が少ない座り方は、やはり椅子に座ることですが、どうしても床に座らなければならない場合もあるでしょう。

そんなときは、座り方に注意しないと、膝を痛めてしまいます。

床に座るときに負担がかからないのは、体育座りか、足を投げ出すことなので、このどちらかを意識して座れば、膝痛は防ぐことができます。

ただし、これらの座り方は、膝には優しいのですが、背中が丸くなってしまうというデメリットもあります。

そのように姿勢が悪い状態が続くと、腰痛になってしまう危険もあるので、少し工夫して座らなければなりません。

床に座るときは、座椅子や壁など、何か寄りかかれるものを探しましょう。

背中を預けるものがあるなら、膝に腰にも負担のかからない、楽な姿勢で座ることができます。

膝に悪い座り方

床に座るときは、避けるべき要注意の座り方があります。

それは、「正座」「横座り」「あぐら」です。

この3つは、膝に大きな負担をかける座り方なので、膝痛になる可能性が高いです。

正座は、膝をぴったり折り曲げた状態が続くので、膝へのダメージはかなり大きくなります。

背筋が伸びるので腰にはよいのですが、膝の負担を考えるなら避けるべきでしょう。

横座りは、「女の子座り」とも呼ばれる、足を横に寝かせる座り方ですが、この姿勢を続けていると、膝の関節がねじれてしまう恐れがあります。

膝だけでなく、腰にも負担がかかり、体全体を歪めてしまうこともあります。

あぐらは、この中では比較的負担は少ない方ですが、膝を外側へ向けた状態を続けるのは、膝痛のリスクが高まります。

一時的にならそれほど影響はありませんが、長く座るときは避けましょう

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

立ち方

膝によい立ち方

立つときの姿勢は、普段の生活ではあまり意識しないことも多いですが、実は、これも膝に影響を与えてしまいます。

適切な立ち方でなければ、ただ立っているだけでも、膝への負担は大きくなってしまうのです。

そのために注意したいのは、立つときに重心がずれないことです。

猫背だったり反っていたりすると、重心が合わず、膝に負荷がかかります。

これは、膝だけでなく腰にも悪いので、なるべく正しい立ち方をしなければなりません。

重心がずれない立ち方をするには、なんといっても、背筋を伸ばすことが大切です。

顎をひくようにして、頭から引っ張られているようなイメージで立つと、自然に背筋が伸びてきます。

このときは、足の指でも重心を意識しましょう。

親指の付け根に重心をおくようにすると、膝の負担をより軽減できます。

膝に悪い立ち方

膝によいのが背筋を伸ばすことなら、よくないのは、背筋が曲がっていることです。

前傾になる猫背はもちろんですが、反ったような不自然な姿勢にも気をつけなければなりません。

背筋を伸ばすとなると、変に意識しすぎて、そのような無理のある姿勢をとってしまうこともありますが、重要なのは、自然な姿勢になることなのです。

背骨は、適度な角度で曲がっているのが自然な状態ですから、それに逆らうような立ち方は禁物です。

そのためには、あまり力を入れないことを意識するとよいでしょう。

力を入れすぎず、程よいリラックスができていれば、背骨のきれいなS字カーブを保つことができます。

それならば、膝に余計な負担がかかることもありません。

また、膝をまっすぐ伸ばしすぎるのは、逆に負荷が大きくなるのでやめましょう。

ここでも、自然であることが大切であり、少し曲がった状態の方が、膝痛を予防できるのです。

歩き方

膝によい歩き方

膝痛を防ぐには、普段の歩き方も重要となります。

「歩く」という行為は、膝を使わなければできませんから、これが不自然なものだと、膝を痛めてしまうのです。

そうならないための歩き方で重要なのは、「股関節で歩く」ということです。

これは要するに、足をしっかり動かして歩くということであり、膝への負担を少なくしてくれます。

まずは、背筋を伸ばして顎を引き、正しい姿勢で立つことが基本となります。

そこから、やや大股になることを意識しながら、手を振って歩いてみましょう。

膝から下だけで歩くのではなく、腿もしっかり動いて、かかとから地面につくようになっていれば、正しい歩き方と言えます。

これは、頭や体がフラフラと動かず、見た目にもきれいな歩き方となります。

膝だけを使わず、股関節を動かすことで、過剰に負荷がかかることを避けられるのです。

膝に悪い歩き方

膝に悪い歩き方というのは、膝にばかり負担をかけてしまうことです。

つまり、主に動くのが膝から下になっている、すり足のような歩き方です。

これは膝だけで歩いている状態であり、非常に負荷が大きくなってしまいます。

この歩き方の特徴として、「猫背が多い」というものがありますが、猫背も膝に悪い姿勢なので、ダメージはさらに増えます。

また、体が安定せず、ひょひょこと浮き沈みするのもよくありません。

このように、膝だけで歩くと膝痛のリスクを高めてしまいますが、こうした歩き方をする人は、日本人には意外と多くいます。

これは、昔は着物を着て過ごすことが多かったことと、能や日舞などの動きが影響していると考えられます。

そのため、日本人はつい膝で歩いてしまいがちなのですが、膝痛を防ぐなら、なるべく股関節までを動かすように注意していきましょう。

寝方

膝によい寝方

寝ているときは、足を使うわけではないので、膝への影響はないようにも思えますが、実は重要なポイントです。

寝方に注意することも、膝の負担の軽減につながるのです。

そのために最も効果的なのは、仰向けで寝ることになります。

仰向けで寝るときは、立っているときと同じような姿勢になることを意識しましょう。

頭や背中、かかとなどがしっかり布団についていれば、背中が曲がることはなく、膝に無駄な負荷がかかることを避けられます。

これには、体がフィットしつつも沈み込みすぎない、丁度よい硬さの布団を使うことも大切です。

布団が合っていなければ、寝方も不自然になってしまうので、膝だけでなく、腰まで痛める可能性があります。

自然で楽な姿勢をとることを重視すれば、体によい寝方ができるでしょう。

膝に悪い寝方

体に悪い寝方は、骨が曲がってしまうような寝方です。

仰向けであれば、立ったときのような自然な姿勢になりますが、横になるとそうはいきません。

横向きで寝た場合、体全体のバランスを保つことができず、膝にも悪影響が出てしまいます。

しかし、誰もが仰向けで眠れるわけではないので、どうしても横向きになりたい人もいるでしょう。

そんなときは、クッションを足の間に挟めば、横向きでも膝痛を防ぐことができます。

なるべく腿に近いところに挟めば、股関節が安定するため、膝に負担がかかりません。

他には、膝が伸びすぎているのも、悪い寝方となります。

立ち方でも触れましたが、あまりピンと伸びた膝は負担が大きくなるため、たとえ仰向けであっても、膝痛になる恐れがあるのです。

そこで、膝の下にタオルなどを挟み、適度に曲げることをおすすめします。

横向きでクッションを挟むときも、膝の程よい曲がりを意識するとよいでしょう。

まとめ

膝痛を防ぐためには、いかに膝への負担を減らすかが重要です。

そのためには、座り方や立ち方など、普段はあまり意識していないことにも、目を向けなければなりません。

何となく行っている日常的な動作も、一度見つめ直してみると、膝によくないことが見つかるかもしれません。

そこを少しでも改善できれば、膝痛のリスクを減らすことができるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ