腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

自動車の運転で膝痛を起こすこともある!その原因や対策法など解説!

   

自動車の運転で腰を痛めることがありますが、膝を痛めてしまうこともあります。

膝痛を起こし、悪化して酷くなると、自動車の運転をすることは困難になります。

また、事故を起こすリスクが高まってしまいます。

それでは、自動車を運転しているだけで、なぜ膝を痛めてしまうのでしょうか。

ここでは、自動車の運転による膝痛の原因や対策法、治療法などを詳しく解説していきます。

自動車を運転することが多い方は、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

自動車の運転で膝を痛める原因とは?

自動車の運転は、アクセルやブレーキを踏み、ハンドルを回すだけなのに、どうして膝を痛めてしまうのでしょうか?

自動車の運転での膝痛を防ぐためにも、膝痛の原因を知ることが大切になります。

原因を知ることにより、自動車の運転での膝痛に対処できやすくなるため、「膝が痛いが原因が分からない」という方は、これから解説することを参考にしてください。

自動車の運転は意外と膝に負担がかかる

自動車の運転で腰を痛めてしまうことはなんとなく理解できますが、膝を痛めてしまうことは理解しにくいかと思います。

それは、自動車の運転くらいで膝に負担はかからないと思うためですが、意外と膝には負担がかかっています。

立ち上がる時や歩く時、走る時や階段の上り下りなど、多くの場面で膝には負担がかかりますが、自動車を運転している時も膝には負担がかかっています。

シートに座り、アクセルやブレーキのペダルを踏んでいるだけなので、自動車の運転は膝に負担がかかるイメージは強くありません。

しかし、アクセルやブレーキのペダルを踏む時でも、シートの位置が悪かったり、姿勢が悪かったりすると膝には余計な力が入ってしまい、膝を痛める原因になります。

また、自動車の運転だけが膝痛の原因になる訳ではなく、自動車を乗り降りする動作も膝痛の原因になります。

自動車の乗り降りは、立ち上がる動作と座る動作になるため、少なからず膝には負荷がかかってしまいます。

特に、車高が低すぎる自動車の場合は、乗ったり降りたりするのに、かがむような動作になり、膝を深く曲げることになるため膝には負荷がかかりやすくなります。

また、自動車の乗り降りは、ただかがむのではなく、横に動きながらかがむため、膝には負担がかかりやすくなります。

長い時間同じ姿勢でいるため血流が悪くなる

自動車の運転では、同じような姿勢を長時間維持します。

そのため、筋肉は固まり、血液の流れは悪くなってしまいます。

人間は睡眠時、身体にかかる負担を減らすために寝返りを打って、筋肉が固まらないようにしています。

ですが、自動車の運転時は、身体をほぐすことが難しいため、筋肉は固まりやすくなります。

そうすると、当然血液の流れは悪くなるので、脚などの部分に栄養や酸素は運ばれにくくなり代謝が悪くなります。

それが原因となって脚は冷えやすくなるため、膝には負担がかかってしまいます。

血行が悪くなることによる膝の痛みは、慢性的になりやすいため注意が必要です。

慢性的になると、治すのにも比較的時間がかかってしまうので、このような膝痛を起こす前に膝痛対策を行うことが大切になります。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

自動車の運転の膝痛対策

自動車の運転で膝痛になる原因が分かったところで、次は膝痛対策について解説していきます。

シートを適切な位置にすること

シートの位置が適切でないと、膝には余計な負担がかかってしまいます。

そのため、自分に適したシートの位置にする必要があります。

シートの調整の仕方ですが、まずはシートに深く腰をかけてください。

そして、ハンドルを握った時の腕は、適度に曲がっていることが理想となるため、そのような状態になるシートの位置に調整しましょう。

それと、アクセルやブレーキのペダルを踏む時の脚の状態も重要となり、ペダルを踏んだ時に膝が伸びきるのは良くありません。

膝が少し曲がる程度が適切なシートの位置になります。

シートの背もたれの傾きを調整する

シートの背もたれは、寝かせすぎても起こし過ぎても良くありません。

背骨が歪まないような姿勢になることが大切になります。

シートの位置や背もたれの傾きを調整したが、どうしてもしっくりこないという場合は、クッションを使用することをおすすめします。

クッションを腰に当てて、適切な姿勢になるように調整すると良いです。

低反発なシートだと、お尻や背中が深く沈みがちになります。

そうすると、姿勢が悪くなるため、硬めのクッションをお尻や背中に敷くと良いです。

自動車を乗り降りする時は手すりを使用する

前述した通り、自動車の乗り降りでは少なからず膝には負担がかかります。

特に、車高が低い自動車は膝に負担がかかりやすくなります。

そして、急な動きで乗り降りすると余計膝には負担がかかってしまいます。

そのため、手すりを使い、ゆっくりと自動車に乗り降りすることをおすすめします。

適度に休憩をとってストレッチを行う

適度に休憩して、ストレッチを行うことは、固まった筋肉をほぐすことに繋がります。

運転により筋肉が固まると血行が悪くなり、膝痛や腰痛の原因となるため、適度に休憩をとり、ストレッチを行うようにしましょう。

しかし、車の中で休憩すると意味がなくなってしまうので、車から出て休憩してください。

膝の痛みを治す方法

自動車の運転による膝痛を改善するには、なるべく膝に負担のかからない動きや姿勢をする必要があります。

膝を一度痛めてしまうと、痛みを感じるのをなるべく避けるような動きをするようになります。

そのような動きは、膝軟骨がすり減って損傷してしまう「変形性膝関節症」という症状の原因にもなります。

そのような症状になると、膝痛が慢性的になってしまうため注意が必要になります。

膝痛の治療法としては、サポーターを使う装具療法や、適度な運動をして膝周辺の筋肉を鍛える運動療法などを取り入れます。

サポーターを使い、膝にかかる負担を軽減させましょう。

軽減させることにより、膝痛の治りが早くなることが見込めます。

また、ずっと安静にして、膝を使わないことは膝痛を悪化させたり、再発させる原因となります。

それは、長い期間膝を使わないことにより膝周辺の筋力は弱くなり、膝の機能が低下するためです。

そのため、適度に運動をして、膝周辺の筋肉を鍛えることも必要になります。

膝痛を積極的に治すようにしましょう

膝痛対策などを行わず膝痛を放っておくと、症状が悪化する恐れがあります。

比較的痛みが少ない場合でも、放っておくと症状が悪化してしまうことがあり、自動車の運転に支障をきたす恐れが出てきます。

そのため、膝痛が酷くならないうちに、膝痛を治すように努めることが大切になります。

変形性膝関節症になってしまい症状が重くなると、日常生活にも支障をきたすようになってしまうため、早めに治療や膝痛対策を行うことをおすすめします。

膝痛は加齢も影響するため、高齢者には多い症状になります。

膝を痛めると、動くことや外に出るのも億劫になってしまいます。

そのように、膝を使わないとますます膝は衰えていき、膝痛はますます悪化してしまいます。

また、精神的にも参ってしまいます。

そのため、自動車の運転時だけでなく、日頃の生活習慣を見直して、膝に良い生活を送ることを心掛けることも大切になります。

まとめ

日頃、自動車の運転をすることが多く、膝痛に悩んでいる方は、まず膝痛の原因を知りましょう。

原因を知った上で、適切な膝痛対策を行うと良いです。

膝痛を軽減や改善させるには、入浴やマッサージなどで血流を良くすることも有効になります。

そのため、毎日ぬるめのお湯で比較的長い時間半身浴をしたり、マッサージをしたりして、血流を良くしてあげましょう。

血流を良くすることにより膝痛の予防や軽減、改善の効果が期待でき、疲労回復効果も期待できます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ