腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

良いものを使わせたい!子供が使うならばどんなマットレスがあってる?

   

子どもの睡眠環境を考えた 安眠マットレス 薄型・軽量・高通気 【EVA】 エヴァ ジュニア ボンネルコイル コンパクトショート セミシングル アイボリー

子供には、できれば良い寝具で寝てもらいと思うのが親心です。

でも、実際にどんな寝具が子供に合っている寝具になるのかというのは、なかなかわからないものです。

特にそれがマットレスともなると、やはり難しくなります。

実際子供には、どんなマットレスが合っているのでしょうか?

ここではそんな子供に合っているマットレスについてみていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

子供にあっているのは固めのマットレス

まず結論からみていくと、子供にあっているのは、固めのマットレスになります。

固めのマットレスであれば、しっかりと寝返りをしていくことが可能です。

その寝返りは、睡眠においてすごく大切なものなのです。

それは、たとえ子供であっても同じです。

もちろん子供の筋肉は、大人の筋肉に比べてしなやかなところがあります。

だから、寝返りをしないで寝ていたとしても、そこまで筋肉が凝り固まってしまうということはありません。

でも、しっかりとほぐすことができた方が良いことは間違いありません。

なので、寝返りはできた方が良いのです。

血流が良くなり成長にもつながる

また、しっかりと寝返りができることは、血流を良くすることにもつながります。

凝り固まり気味の筋肉というのは、血流を悪くしてしまいます。

そんな風に血流が悪くなると、やはり成長ホルモンも出づらくなります。

そして栄養も、届けたいところに行き届かなくなってしまいます。

栄養というのは、基本的には血流にのって届けられるものです。

それなのに、それを運ぶはずの血流が悪くなってしまっていたら、やはり栄養はなかなか届けられません。

成長ホルモンがあまりでなくとも、やはり成長はしづらくなりますが、栄養が届けられなくても、当然成長はしづらくなります。

こうして、成長が進まなくなってしまうのです。

それは子供の体にとってよくありません。

だから、固いマットレスの方が子供の体には合っているのです。

固すぎるのはダメ

ただ、だからと言って固すぎるのはよくありません。

やわらかすぎるよりは固すぎる方がましですが、固すぎると、そのせいで子供はやたらと寝返りをしてしまうようになります。

体重が軽い分、寝返りが簡単にできるのが子供です。

そんな子供が、身体が全然沈まなくて寝返りがしやすいようなマットレスで寝ていたら、どうしても寝返りをやたらとしてしまうようになります。

適度な寝返りは筋肉をほぐして血流を良くするという良い効果を与えるものですが、あまりにそれが多すぎると、それはただの運動のようになり、ただただ身体を疲弊させてしまうだけになります。

それでは結果子供の身体によくありません。

だから、あまり固いマットレスは避けるべきです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

厚みはそこまで必要ない

大人用のマットレスは、基本的に厚みがある方が良いとされています。

しかし子供の場合は、別に厚みは必要ありません。

そもそも子供は、身体が軽いです。

だから、固めのマットレスの上に寝ると、そこまで身体が沈みこまないのです。

もちろん多少は沈み込むものを探すべきですが、それでも大人と比べると沈みこむ度合いが少ないので、そこまで厚みは必要ないのです。

必要ないというか、むしろない方が良いこともあります。

厚みがない方が危険性が少ない

厚みがあるマットレスは、イコールでその分高さがあるということになります。

高さがあるマットレスで寝るということは、万が一そこから落下したら、その分だけうけるダメージのレベルが上がるということになります。

それは子供にとっては良くありません。

子供の身体はまだ出来上がっていません。

だから、高さのあるところからちょっと落ちただけで骨折してしまったりすることもあります。

もしそうなってしまったら、やはり子供がかわいそうです。

なので、すこしでもそうなるリスクは少なくしてあげるべきなのです。

そうなるリスクを少しでも少なくしてあげるためには、やはり背の高い、厚みのあるマットレスは避けるのが良いです。

抗菌性の高いものがあっている

子供に合っているマットレスのポイントとして、抗菌性が高いというポイントもあります。

マットレスは基本的には洗うことが出来ません。

シーツなどは洗うことができるものも多いですが、マットレスの場合は洗うことができないのです。

でも、そんな洗うことができないマットレスも、子供にかかればすぐに汚れてしまいます。

たとえば涎をたくさんたらすこともありますし、汗もたくさんかきます。

それはある程度はシーツなどが吸収してくれます。

でも、すべてシーツが吸収してくれるわけではありません。

マットレスの内部まで涎や汗が染みこんでしまうこともあるのです。

そんな時、抗菌性が高いマットレスであれば、多少なりとも菌が発生したりすることを抑えてくれます。

そういうものであれば、子供の健康にとっても理想的です。

臭いを抑えてくれればなおよし

抗菌だけではなく、防臭効果にも優れていれば、なお良いです。

抗菌効果を発揮しないとならなくなるようなシーンでは、えてして臭いも発生してくるものです。

そして臭いがきつくなってくると、たとえそれが自分が原因で発生してしまった臭いだとは言っても、自分としても寝苦しくなるものです。

少なくとも、気持ちよく眠れるということにはなりません。

だから、できれば抗菌性が高いだけではなくて、防臭機能もしっかりと高いマットレスを選ぶべきです。

そういうものが、子供にはあっています。

サイズは大きくて問題ない

子供が使うマットレスで悩むことの一つにサイズ感があります。

多少小さいマットレスを使用した方があっているのか、それとも別に大きなサイズ感のマットレスを使用していてもいいものなのか、迷うものです。

基本的には、子供の身体であっても、大人用の大きいマットレスの方があっています。

だから、大きいマットレスを使用して問題ありません。

むしろその方がおすすめです。

小さいものを買ってもすぐに買いかえることに

身体のサイズに合わせて小さいものを買っても、すぐに買い替えることになる可能性は高いです。

子供の成長は早いですから。

そうしてすぐに買い替えることになるということは、買う方だってわかっているものです。

だから、小さいサイズのマットレスを買う際には、あまり高いものは買わないようにしてしまいます。

でも、それはよくありません。

それをするくらいならば、最初からある程度良いものを買って、それを長く使用した方がコストパフォーマンスも高いですし、そして何より、子供の身体にとってもよいです。

安いマットレスというのは、やはりそれなりです、安いには安いなりの理由があるものなのです。

だから、固すぎたりやわらかすぎたり、あるいは通気性が悪かったりして、あまりよく眠れなくなることも多いです。

そんなマットレスで過ごすくらいならば、ある程度高いけれどいいものを買って、そして身体が成長してもそれを使い続けることができた方が良いです。

なので、子供が使うマットレスは、別に大人用のサイズで問題ないどころか、それがおすすめになります。

まとめ

子供に合っているマットレスというのは、こういう条件をみたすことができるマットレスになります。

しっかりと子供の体に合ったマットレスを提供してあげて、そして質の良い睡眠につなげて成長を促してあげるというのは、大人の義務になります。

なので是非これらのことを参考に、子供の体に合ったマットレスを提供していってあげてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団