腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

電動ベッドのマットレスを変えるのはアリ?変えない方が良い?

   

タンスのゲン 折りたたみベッド 電動 シングル リクライニングベッド 手すり付き レマン リモコン付き 1061900100

電動ベッドを買うと、そもそも最初からマットレスがついていることが多いです。

ではそんな電動ベッドのマットレスは、後から変えるのはアリなのでしょうか?

それとも基本的にはそのままそのマットレスを使用するべきなのでしょうか?

中には変えたいと思うようなマットレスもあるものです。

そこでここでは、それについてみていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

電動ベッドのマットレスは変えない方が良い

電動ベッドのマットレスは、基本的には変えない方が良いです。

電動ベッドのマットレスは、なんでもよいわけではありません。

なぜなら、電動ベッドというのは、降り曲がったりして、マットレスにいろいろな負荷をかけていくことになるからです。

つまり、電動ベッドを折り曲げていく際に、きちんと降り曲がってくれるマットレスでないと使用できないということになります。

マットレスの種類によっては、そういう時にきちんと降り曲がってくれないものもあります。

そんなマットレスを無理矢理電動ベッドにのせて使用していくことが良いはずもありません。

だから、基本的には、電動ベッドのマットレスは変えない方が良いです。

降り曲がるとしても負荷になる

たとえ問題なく降り曲がるとしても、それはやはり強い負荷になります。

そもそもその電動ベッドに備え付けられているマットレスは、そういう電動ベッドによりかかる負荷を想定して作られています。

そんな風にそれを想定して作られているわけなのですから、多少負荷がかけられても、すぐにダメになってしまうということはありません。

しかし、その負荷を想定しないマットレスの場合、その負荷のせいですぐにダメになってしまう可能性も出てきます。

だから、電動ベッドのマットレスを変えていくのは、おすすめできないのです。

どうしてもマットレスが合わないときには、また違う方法で対処していくのがおすすめです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マットレスの上に重ねるのが吉

もし電動ベッドを使用していて、その電動ベッドにつけられているマットレスがいまいちだと思うのであれば、その際には、マットレスを変えるのではなく、マットレスの上に何かを敷くようにするというのがおすすめになります。

マットレスの上に何かを敷くとはたとえば、マットレストッパーとか、敷きパッドを敷くということです。

その何かをどう選ぶのかというのは、そもそもその電動ベッドにつけられているマットレスの、何が嫌なのかということによって変わってきます。

もしそのマットレスの質感が嫌なのであれば、マットレストッパーがおすすめです。

固いものをやわらかくやらかいものを固くできる

マットレストッパーを使用していけば、やわらかいマットレスの質感を固くしていくことができます。

逆に、マットレスの質感が固すぎるというのであれば、そのマットレスの質感をやわらかくしていくこともできるのです。

マットレストッパーとは、いうなれば小さなマットレスになります。

だから、柔らかいマットレスの上に固いマットレスと重ね、固いマットレスの上にやわらかいマットレスを重ねることになります。

そうして、別の質感のマットレスを重ねていくと、ちょうどバランスが取れるようになるのです。

また、マットレストッパーは簡単に着脱ができるので、電動ベッドを激しく動かす際には、外していくことも簡単に可能です。

そういう意味でも、マットレストッパーは電動ベッドに合っているのです。

だから、電動ベッドのマットレスの質感がいまいちなのであれば、マットレストッパーを使用してみてください。

さわり心地がいまいちならば敷きパッドを

もし、そのマットレスの肌触りなどがいまいちなのであれば、その際には敷きパッドを使用するのがおすすめになります。

敷きパッドには、本当にいろいろな種類があります。

タオル地のようなものもあれば、ふわふわしたさわり心地のものもあり、自分の好みにマットレスの肌触りを寄せていくことも決して難しいことではありません。

だから、さわり心地がいまいちなときには敷きパッドを使用してみてください。

このように、マットレスの上にいろいろと重ねていけば、わざわざマットレスを買い替えなくても、別にマットレスの問題は解決することが多いです。

そうしていちいちいろいろ重ねなくてもマットレスの問題が解決するのであれば、買いかえるのは面倒なだけになります。

だからやはりそれはおすすめできません。

高さが足りない場合は下を上げればよい

ただ中には何かを上に重ねることでは、対応できないこともあります。

それが、高さが足りないということです。

電動ベッドにつけられているマットレスは、あまり厚みがないことが多いです。

ということは当然、ベッドトータルでの高さもあまりでなくなります。

でも、気分的にある程度高さがあるもので寝ていた方がよく寝ることができるという方は、少なからずいるものです。

本来であれば、マットレスを厚みのあるものにかえればそれで高さは簡単に出せました。

しかし、電動ベッドの場合はマットレスを変えるべきではないのですから、それもできません。

では、どのようにして電動ベッドの高さを出していけばよいでしょうか?

それは、電動ベッドの下を持ち上げればよいのです。

つまり、電動ベッドを高い位置に持って来れば、それによりベッドの高さが足りないという問題は解決するということです。

パレットなどを敷く

電動ベッドの高さを持ち上げるのは、別段難しいことではありません。

たとえば下にパレットなどを敷けばよいだけですから。

そしてそれらは比較的に安値で手に入るので、あまりコストをかけずに問題を解決していけます。

もし電動ベッドのマットレスを変えることができたとしても、マットレスを変えていたらすごくコストがかかります。

だから結局それはあまりおすすめできませんでした。

マットレスがあっている電動ベッドを買うべき

そもそも根本的には、マットレスがあっている電動ベッドを買うべきです。

電動ベッドは、やはりマットレスありきで考えられています。

だからもしマットレスが買わないということであれば、その電動ベッドもあまり自分には合っていないことになります。

そんなあまり自分には合っていない電動ベッドを使い続けるというのは、やはり残念です。

そうならないようにそもそも電動ベッドにつけられているマットレスと自分の相性は、しっかりとチェックしてから電動ベッドを買うようにしていってください。

そういうものに買いかえるのはアリ

マットレスだけを買いかえるのはあまりおすすめできません。

でも、電動ベッドごと自分に合っているものに買いかえるというのはおすすめできることになります。

より自分の体に合っているマットレスが装着されている電動ベッドであれば、もっと自分の体に合った動きができることになります。

だから、より気持ちよく動かしていける可能性は高くなります。

そうできるのであれば、それに越したことはありません。

きちんとそうできれば、それにかけるコストは決してそこまで高いわけではなくなります。

まとめ

電動ベッドのマットレスは、基本的には交換するべきではありません。

マットレスにとっても、自分の体にとっても、それはあまりおすすめできることではありません。

だから、上に何かを乗せて対処をしたり、下で工夫して対処をしたり、あるいはそもそもの電動ベッド買いかえるようにして対処していってください。

それがベターです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団