腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

高反発マットレスは上手に使おう!注意すべき8つのポイント

   

高反発マットレスは、腰痛の対策や寝心地の改善などに用いられる便利なアイテムです。

しかし、その効果を得るためには、使い方に注意しなければなりません。

高反発マットレスのメリットは、適切な使い方をすることで、最大限に発揮されるのです。

では、高反発マットレスを使用する際に注意すべきポイントを、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

上に敷こう

高反発マットレスを使う際によくある失敗として、何かの下に敷いてしまうことがあります。

これは、通常のマットレスや敷き布団を上に重ねて使うと、厚さが増すことで寝心地よくなるためです。

しかし、本当に効果を高めたいなら、この方法はおすすめできません。

なぜなら、高反発マットレスの上に別の寝具があると、それが邪魔をして、本来の効果を発揮できないことがあるからです。

高反発マットレスの長所は、強い反発力で体をしっかり支えることですが、そのメリットを得るには、体を直接マットレスに預ける必要があります。

他のマットレスや敷き布団が上にあったのでは、せっかくの反発力も、意味がなくなってしまうのです。

また、厚さが増して柔らかくなりすぎると、正しい姿勢を維持できなくなり、腰を痛める可能性もあります。

したがって、高反発マットレスは、必ず一番上に敷くようにしてください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

フラットな面に敷こう

高反発マットレスを敷く際は、その下にある寝具の状態もチェックしておきましょう。

下の寝具が適切でなければ、高反発の効果を十分に発揮することはできません。

正しく使うためには、下の寝具を、できるだけフラットな状態にしておく必要があるのです。

もし下にある敷き布団が凸凹していた場合は、その上の高反発マットレスも、正常な状態を保つことができなくなります。

どんなに品質のよい製品でも、平らな場所で使わなければ、その効果は半減してしまうのです。

高反発マットレスを敷くなら、無造作に重ねるのではなく、まずは下の寝具を整えてください。

下の寝具を平らにならしてから敷けば、高反発マットレスもフラットになります。

それなら、寝心地の改善でも腰痛の対策でも、しっかりと機能してくれるでしょう。

下に敷くならクッションに

高反発マットレスは、基本的に上に敷くのが正しい使い方ですが、クッションとして利用する場合は、その限りではありません。

例えば、床に布団を敷いて寝ている場合、高反発マットレスを下に入れてクッションのように使えば、より良質な睡眠ができるようになるのです。

床に布団を敷いた場合、床の硬さで圧力が跳ね返ってしまい、体に負担をかけていることがあります。

しかし、布団と体の間にクッションとなるものがあれば、その圧力を軽減できるというわけです。

さらに、マットレスの厚さがプラスされることで、床との距離が開き、舞い上がる埃などを防ぐこともできます。

そうした使い方をするのであれば、高反発マットレスを下に敷くのもアリでしょう。

厚いものは単体で

高反発マットレスは、他の寝具との組み合わせではなく、単体で使った方がよい場合もあります。

それは、通常よりも厚い製品を使用するときです。

高反発マットレスの中には、17cmや20cmなど、かなり分厚くなっている製品があります。

反発力の強さから、硬めの感触になることも多い高反発マットレスですが、そうした極厚製品であれば、寝心地のよさは抜群です。

ただし、その厚さゆえに、他の製品と同じように重ねて使おうとすると、違和感を覚えることがあります。

極厚で、もともと高さのある製品なので、さらに他のマットレスや布団をプラスすると、高くなりすぎてしまうのです。

そのため、厚い高反発マットレスは、できるだけ単体で使うことをおすすめします。

床に敷くなら湿気対策を

高反発マットレスは、フローリングの床に直接敷いていると、どうしても湿気がたまりやすくなってしまいます。

空気の通り道が塞がれているので、湿気を自然に逃がすことができないのです。

そのため、厚いマットレスだけを床に敷く場合、湿気がたまらないような工夫をする必要があります。

何もしないで床に敷いていると、蓄積された湿気によってダニやカビが増え、せっかくの高反発マットレスも、すぐ使えなくなってしまうでしょう。

それを防ぐには、すのこを利用するのがおすすめです。

すのこの上に敷いておけば、床と密着しないため、湿気の逃げ道を確保することができます。

また、湿気対策には干すことも大切なので、すのこの上に立てかけて、定期的に湿気をとばすようにしてください。

それなら、ダニやカビの発生を抑えて、劣化を遅らせることができるでしょう。

干すときは日光に注意

高反発マットレスを長持ちさせるには、定期的に干して、湿気の対策をすることが大切です。

ただし、干すといっても、基本は風通しのよい場所での陰干しになります。

外に出して天日干しにするのは、劣化を防ぐなら避けた方がよいでしょう。

なぜなら、直射日光を長く浴びせることにより、逆に劣化を早めることがあるからです。

紫外線と熱は、マットレスの耐久性に大きな影響を与えてしまいます。

湿気をとばすには、日光に当てた方が効果的なように思えますが、本当に劣化を防ぐためには、あまりよくない方法なのです。

そのため、干す際は日光を避け、陰干しにすることを忘れないでください。

適切な干し方をすれば、長く使うことができます。

シーツやパッドは必ず使おう

高反発マットレスを長持ちさせるには、シーツやパッドの役割が重要になります。

効果をしっかり得るためには、高反発マットレスが上になるように敷くのがベストですが、だからといって、シーツやパッドまで省いてしまうのは間違いなのです。

人間の体は、寝ている間に大量の汗をかいているため、直接寝ていると、湿気がどんどんたまってしまいます。

また、大量の汗が染み込むことで、臭いが発生しやすくなるのも問題です。

せっかく寝心地のよいマットレスを使っていても、臭いが気になるようでは、快適に眠ることはできません。

これを防ぐには、吸水性のあるシーツやパッドなどを利用し、マットレスを保護することが大切です。

そうすれば、常に清潔が保たれ、本当に快適な睡眠ができるでしょう。

高反発マットレスとシーツやパッドは、常にセットと考えておいてください。

劣化したら交換しよう

高反発マットレスは、大切に使えば長持ちしますが、劣化をゼロにすることは不可能です。

劣化を遅らせることはできますが、長く使っていれば、いつかは不具合が出てきます。

その場合は、だらだらと使い続けるようなことはせず、思いきって交換してしまいましょう。

どんなに質の高い製品でも、劣化したものを使っていたのでは、本来の効果を得ることはできません。

それどころか、反発力などの性能が低下したことで、体を痛めてしまう可能性もあるのです。

したがって、劣化した製品を使い続けるのは、極力避けてください。

高反発マットレスは、ベストな状態で使ってこそ、確実な効果が得られるのです。

まとめ

高反発マットレスは、日々の睡眠を改善するには、とても役立つものです。

しかし、使い方を間違えていると、きちんと機能しなかったり、すぐ劣化したりするので、適当に使うのはやめましょう。

優れた製品の効果を確実に得るためには、適切な方法を意識することが大切です。

正しく使えば長持ちするので、快適な睡眠も長く続けることができるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団