腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の時の寝方とは?痛い方は上にした方が楽でしょう

      2016/10/23

寝る

腰痛になるとどういう寝方をしていいか困ることも多いでしょう。

体をいろいろな方向に向けてみたり、寝る間際はどうしても時間がかかってしまう事も多いのではないでしょうか。

誰でもそうですが、痛い部分はできるだけ刺激したくありませんのでその扱いについて悩む場合もあるでしょう。

どうすれば楽に寝られるか常にそのことで頭の中はいっぱいになってしまうのかもしれません。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

負担をかけないのが一番

腰痛になると寝る時も常にその痛みの心配をしなければいけません。

痛みは常につきまといますので、どういう姿勢で寝ようか困っている人も多いでしょう。

また人によっても違いますが、自分の中で痛くなるポイントのようなものがあるのではないでしょうか。

全体的に痛いならまた別ですが、左右どちらかが痛むという場合はその場所が気になって仕方ないかもしれません。

日ごろ動いている時などは痛い方をかばうと思いますのでなるべく使わないようにしていたりすることも多いでしょう。

無駄な刺激や負担がかからないように注意していると思いますが、それによって痛みも少しは和らいでいるのではないでしょうか。

やはり寝る時もそれは同じで、負担がかからにようにしてあげるのが一番かもしれません。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

痛い方は上にして寝る

腰痛で寝るときはやはり痛い方を上にした方が楽でしょう。

人によってはどちらを上にするのかで少し迷うかもしれませんが、できるだけ痛い部分は刺激したくありませんので上にしてあげるほうが安心かもしれません。

なんでもそうですが痛む方は誰でもかばいたいですし、負担になるようなことはなるべく避けたいのではないでしょうか。

わざわざそこを刺激したり痛みを誘発するようなことはしたくありません。

痛い方を下にしてしまうとそこに圧力がかかってしまうためそれだけでもかなりの負担ですし、人によっては腰痛が悪化してしまう場合もあるでしょう。

またそれをかばおうとして余計な部分に負荷がかかってしまう可能性もあります。

そうならないためにも痛い部分はできるだけ体の上側にして寝たほうがいいでしょう。

体を丸めるともっと楽

また痛い方を上にして寝る場合でも、体を少し丸めて寝るとさらにいいようです。

そのままでも問題はありませんが、腰痛がある場合はまっすぐの状態で寝てしまうのでなく体を曲げて寝るといいとされています。

もちろん傷みの具合にもよりますが、膝を抱えるくらい曲げても大丈夫でしょう。

またいきなりそういう姿勢をするのが難しければ徐々にしていくのでもいいかもしれません。

横向きに寝ると手や脚の位置などに困ることもありますが、これならそういう事もないでしょう。

膝を丸めることで体のバランスもとれるため安定した姿勢で寝られるのではないでしょうか。

また人によって楽に眠れる姿勢もありますので無理にする必要はありません。

いろいろ試してみる

腰痛の時は痛い方を上にして寝る人が多いですが、特に決まっているわけではありません。

人によって痛み方もバラバラですので、対処方法もやはり異なってくるでしょう。

最初から決めつけず、いろいろと試してみるといいかもしれません。

場合によっては痛い方を下にした方が楽という事もあります。

またいつも痛い方を上にしていると、逆に下になっている方に負荷がかかり過ぎてしまう場合もあります。

状態をみながら自分にとって楽な姿勢を常に考えていった方がいいでしょう。

まとめ

腰痛で寝方に困った場合は、痛い方を上にして寝ると楽な場合が多いようです。

下にするとどうしても圧迫されてしまうため痛みが強くなる事もあります。

痛い方が明確なら上にして寝てみるといいでしょう。

また膝を抱えるようにして丸まって寝るとさらに楽に寝ることができるでしょう。

ただ人によっては痛い方を下にした方が楽という場合もあります。

自分に合った姿勢を見つけるためにも最初のうちはいろいろ試してみるといいでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 全件, 腰痛全般