腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

1年中快適なテクノジェルのまくら

   

Technogel(テクノジェル) DELUXE PILLOWS デラックス テクノジェルピロー 低反発 ジェル枕 66cm Type11 高さ11cm

テクノジェルのまくらは季節に関係なくいつでも快適に使う事が出来ます。

まくらに使われているブルーのジェルは見た目も爽やかですが、機能面でもとても優れており、他にはない弾力性や通気性を備えています。

また種類もいくつかあり寝方や体型に応じて選ぶ事もできるようになっていますので、自分に合ったものを探してみるといいでしょう。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

優れたフィット感

テクノジェルのまくらはフィット感にとても優れています。

寝た時に頭と首をしっかりと守り包んでくれるため、安定感も抜群でしょう。

頭の形は人によっても違いますし、寝方の癖や体型などバラバラですが、立体構造のジェルがしっかりと支えてくれるようにできています。

どちらを向いてもまくらが包み込むため寝心地もいいのではないでしょうか。

他のまくらにはない表面のジェル構造がフィット感を生み出し、いつでも安眠に導いてくれるでしょう。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

自由度の高いジェル

まくらに使われているブルーのジェルですが、ただきれいなだけでなくとても自由度の高い素材となっています。

感触としては低反発のウレタンのような柔らかさを持っており、肌触りもとてもソフトなのが特徴です。

ただ動きについてはウレタン以上のものがあるでしょう。

通常のウレタンだと上から押したら凹むだけですが、ジェルの場合はそれだけでなく上下左右、あらゆる方向に動かすことができます。

これにより頭や首のいろいろな動きに対応できるようになり、寝返りなどをしてもしっかりとサポートしてくれるようになるでしょう。

人間は寝ている間に何度も寝返りをうちますが、それがきちんとできないと体調を崩してしまう事もあるためジェルのこうした働きはとても重要なのではないでしょうか。

ブルーのジェルは寝ている間もいろいろな角度から頭を支えてくれるでしょう。

圧力をしっかり分散

テクノジェルのまくらで寝れば体にかかる圧力もバランスよく分散してくれるでしょう。

どこか1点に圧力が集中してしまうとそこにばかり負担がかかってしまうため、起きた時に痛くなったりすることもあります。

寝ることで体を休めたつもりでも逆に負担がかかって痛めてしまうと意味がなくなってしまいますので、圧力の分散させることはやはり大切かもしれません。

その点テクノジェルならしっかりと考えて作られています。

一般的によく使われている羽毛やウレタンなどと比較しても、圧力が全体的に分散されていることがわかります。

頭や肩、背中などバランスよく分散されるため寝ている間もどこかに負担がかかりすぎるということもないでしょう。

ちょっとしたことですが、まくらは毎日使うものですので圧力による負担は少しでも軽減できた方がいいかもしれません。

温度に左右されない

テクノジェルのまくらで使われているジェルは気温に左右されることがありません。

低反発のウレタンなどの場合は気温によって硬さが変化するため、どうしても冬場は硬くなり使いづらくなってしまいます。

気温の変化を気にしながら使っている人もいるのではないでしょうか。

ただジェルの場合はそういう心配もないため1年中快適に過ごせるでしょう。

気温が下がる冬場にまくらが硬くなることもありません。

まくらの硬さについては直接使い心地にも影響するため、ジェルのこうした性質はとても重要なのではないでしょうか。

気温によって柔らかさが変わってしまうとそれに対応しなければいけませんし、人によってはストレスになる場合もあります。

1年を通じて使い心地が変わらないのもテクノジェルの特徴でしょう。

ブロック状にわけられたジェル

テクノジェルのまくらで使われているジェルは小さなブロック状となっています。

凹凸のある立体構造となっているため弾力性にも優れ、寝返りもとても打ちやすいでしょう。

またジェルをただのっぺりと敷き詰めているだけではなく、ブロック状にして分けることで通気性もよくなっています。

人は寝ている間にたくさんの汗をかくこともありますが、やはり通気性が悪いと寝心地にも影響してしまうのではないでしょうか。

テクノジェルのまくらは特にそうした部分にも注意してつくられています。

ブロック状にわけるだけでなく、それぞれに通気孔が設けられているためべたつきも少なく肌触りもいいでしょう。

まくらの種類について

テクノジェルのまくらは3つの種類にわかれています。

それぞれ寝方や体型に合わせて作られているため、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

またどれも身長に応じて高さが3種類準備されています。

身長が156センチ以下なら7センチ、156~165センチなら9センチ、165センチ以上なら11センチとなるため目安にしながら選ぶといいでしょう。

ただ体型が痩せ気味の人の場合は、ワンサイズ低めのものを選んだほうが使いやすい場合もあります。

身長だけで選ぶのでなく、体型なども含め総合的に決めていくといいかもしれません。

コントア―ピロー

コントア―ピローは仰向けや横向きに適したまくらとなっています。

首に向かって緩やかなカーブがついているため、仰向けでも負担がかかりにくいでしょう。

骨格に合わせたほどよい凹凸が体への負担を軽減してくれます。

またコントア―ピローは日本人の体形に合わせた設計となっていますので、コンパクトで使いやすいまくらとなっています。

しっかりと肩や首にフィットしてくれるため無駄な隙間ができず、いつでも体をサポートしてくれるでしょう。

アナトミックピロー

アナトミックピローは主に横向けで寝る人向けのまくらとなっています。

人によっては仰向けよりも横を向いている方が寝やすいという場合もあるのではないでしょうか。

そういう人は横向けに対応できるまくらを利用したほうが体も楽です。

まくらによっては横に向くと肩が邪魔になったりつぶれたりすることもありますので、横向けでも体に負担がかからないようなものを選ぶようにした方がいいでしょう。

アナトミックピローなら横向けの人向けにつくられているため肩や首への負担も少なくて済みます。

またこちらのまくらは首が長い人などにも向いています。

適度な凹凸がついていますので、横向きの人の他にも首が長い人でも楽な姿勢で寝ることができるでしょう。

普通の人よりも首が長くてなかなか自分に合ったまくらが見つけられないという場合は、こちらがおすすめかもしれません。

デラックスピロー

デラックスピローはまくら自体にあまり凹凸がない設計になっています。

フラットな状態のため少し寝にくいようにも見えますが、こういったタイプのまくらは後頭部に丸みの少ない人には最適でしょう。

通常後頭部は丸みを帯びていることが多いですが、人によってはそれがあまりない場合もありますので、そういう人はまくらに凹凸が少ない方が寝やすくなります。

またこちらのまくらの場合はストレートネックの人にも向いています。

首の傾斜が少なくなり肩こりなどにもなりやすいですが、通常のまくらよりもデラックスピローのように凹凸がないもの方が体も楽です。

パソコンやスマホを長時間使っている場合はストレートネックになりやすいためこういったまくらの方がいいかもしれません。

まとめ

テクノジェルのまくらは低反発のもつ柔らかさと、高反発のもつ弾力性と通気性など、それぞれのいい部分を兼ね備えています。

立体構造のジェルをうまく活用し、ほかにはない寝心地を与えてくれるでしょう。

また寝方だけでなく首の長さやストレートネックなどにも対応しているため、その人にあったまくらを見つけることができそうです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら