腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛になったら改善したい行動② 椅子の高さを調節する

      2016/06/18

椅子

デスクワークの人は会社の椅子に座っている時間がとても長いと思いますが、その時間、腰に良い影響を与えていますか?それとも悪い影響を与えていますか?

椅子そのものを交換することは難しいですが、椅子の高さを調節するだけでも腰への負担を軽減できます。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

椅子の高さは膝が直角になる高さにする

椅子が低すぎると膝が骨盤より上にあがり、骨盤が後ろに倒れます。骨盤が後ろに倒れるとと、上半身を垂直に保つために腰椎を曲げることになります。これが腰椎への負担を高めます。

逆に椅子が高すぎると、膝が骨盤より下に着ます。するとお尻が前方に滑りやすくなります。お尻が座面の前方にくると、背もたれと腰の間が大きな空間ができます。

この状態で背もたれに持たれると、上半身が寝たような状態になり、腰の下の空間を自分で支える体勢になります。これは腰の筋肉に負担をかけます。

椅子の高さは膝が直角になる高さにすることにより、骨盤を立てて垂直に腰椎を維持できる上、お尻が前方にすべらないため、上半身が寝るような体勢になることもありません。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

椅子の高さは小まめに調節する

自分の席の椅子はいったん調節すれば当面大丈夫です。しかし、会議などで場所を移動すると、会議のたびに違う椅子に座る場合があります。

違う椅子ではそれぞれ異なる高さになっていることがありますが、面倒くさがらずに小まめに椅子の高さを調節することをおすすめします。

一時的といえど、会議などでは長いと2時間座りっぱなしの場合もあります。その間、高さの合わない椅子に座り続けると、腰への負担が積みあがってしまいます。

椅子を替えたときは、毎回椅子の高さを調整すべきです。一時的でも甘く見てはいけません。腰痛の状態は、腰への負担に敏感なのです。負担が継続するとすぐに痛みとなって現れます。

痛みはさらなる姿勢の歪みになり、腰に負担をかける悪循環になりますので、小まめに椅子の高さを調節して、悪循環を断ち切り、腰痛を解消しましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 全件, 腰痛全般