様々なカラーで白髪染めできるトリートメントを紹介!

アンナドンナ エブリ カラートリートメント <ブルー>

日本国内には、トリートメントタイプの白髪染め製品は多く販売されていますが、手袋を着用しなければいけない製品も多くあるので注意する必要があります。

ところが、数多くある製品の中には『エブリカラートリートメント』のように、手袋を着用しなくても、白髪にカラーを付ける事ができる製品もあるので詳しく紹介しましょう。



私が絶対おすすめする白髪染めランキングはこちら

スポンサーリンク

エブリカラートリートメントの特徴

本製品は、豊富なカラーバリエーションを用意している上に、その他にも注目すべきポイントがいくつもあります。

そこで、本製品を詳しく知りたい方のために、どのような特徴があるのか解説するので、みていきましょう。

豊富なカラーバリエーション

本製品には、ピンク・レッド・ブルー・グリーン・パープル・グレイなどのカラーがあります。

トリートメントタイプの白髪染め製品はいくつもの種類がありますが、これほどのカラーバリエーションを用意している製品はそれほど多くありません。

6種類のカラーが用意されているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性は高いでしょう。

実際に、ブラウンやブラックであれば、多くの方たちがしているので、他の方にはないカラーを白髪に付けたい場合には、本製品はおすすめです。

手軽に利用できる製品

市販の白髪染め製品の中には、刺激が強くなっていて、素手では利用できない物が多くあります。

手袋を着用して、白髪を染めようとしたら、手間暇をかけてしまうので、忙しい方にはわずわらしく感じてしまうでしょう。

ところが、本製品は素手で利用できる製品なので、それほど時間をかけなくても、白髪にカラーを付ける事ができます。

さらに本製品は、シャンプーで洗髪した後に、トリートメントと同じ利用法で白髪を染める事ができるので、気軽に利用する事が可能です。

トーンを調整

トリートメントタイプの白髪染め製品は、簡単に白髪を染める事ができません。

本製品も同じタイプなので、白髪にカラーを付けるまで、何回もクリームを白髪に付けていく必要があります。

少し手間暇をかけてしまうように感じるかもしれませんが、思ったよりも白髪が明るいカラーになってしまえば後悔する事になってしまうでしょう。

それに引き換え、本製品であれば徐々に白髪へカラーに付ける事ができるので、あなたの好みに合うトーンで、白髪を染める事が可能です。



私が絶対おすすめする白髪染めランキングはこちら

スポンサーリンク

本製品の注意点

本製品は、魅力的なポイントが多い製品ですが、利用する際にはいくつか注意すべきポイントもあります。

その注意点を知らないで本製品を利用したら、後悔する事になってしまうので、詳しく解説しましょう。

カラーの色移り

本製品のクリームを白髪に付けて、シャワーですすいだら、しっかりと髪を乾かす事が重要になります。

なぜなら、白髪が濡れている状態で、クリームが付いている白髪が服やタオルに当たってしまえば、カラーが服やタオルに付いてしまうからです。

ショートヘアの場合であれば、白髪は短時間で乾かす事ができますが、ロングヘアの場合は短時間で乾かす事ができません。

そのため、ロングヘアの場合には、白髪が乾くまでは服を着ないで待っていたほうが良いです。

肌の状態

素手で利用できる本製品は、利便性が優れていますが、手の状態によっては手袋を着用したほうが良いケースもあります。

例えば、ささくれのある所や、爪と肌の隙間の所はカラーが残りやすいので、よく洗わなければカラーが取れません。

カラーを落とす事が、面倒に感じない方であれば手袋を着用する必要はありませんが、手に付いたカラーを落とす事が面倒に感じる場合には、手袋を着用してから本製品のクリームを白髪へ塗るようにして下さい。

製品情報の内容

本製品の特徴や、注意すべきポイントが理解してもらえた所で、次に製品情報の内容を紹介するので、この製品を詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

利用する量

白髪の量が少ない方は、利用する白髪染め製品のクリームの量を少なく済ませたいでしょう。

しかし、本製品を利用する際に、利用する量が少なかったら、色ムラが起きてしまうのです。

白髪にカラーを付ける事ができても、色ムラが起きてしまえば、見た目が悪くなってしまうので、白髪を染める意味がなくなってしまいます。

そのような事態を避けるためにも、本製品を利用する際には、ショートへアの場合にはピンポン球1個分・ミディアムヘアの場合にはピンポン球2個分・ロングヘアの場合にはピンポン球3個分まで利用したほうが良いです(1回の利用量)。

髪質が悪くなるケース

本製品は、低刺激な製品なので、クリームを白髪に塗っても、それほど髪質が悪くなる事がありません。

ただし、髪質が悪くなる原因はいくつかあるので、本製品を利用している最中でも髪質が悪くなる時があります。

特に、髪をしっかりと乾かそうとして、ドライヤーの熱風を髪に当てている時間が長すぎたら、髪を痛めてしまうので注意しなければいけません。

外出している時でも、紫外線の量によって、髪を痛めてしまう事もあるので、夏場の季節には日傘の利用を考えたほうが良いです。

低価格な製品

本製品は、利用しやすい製品になっているので、高額なイメージを抱いてしまったかもしれません。

ところが、本製品は低価格な白髪染め製品になっていて、楽天市場では税込価格1,944円で購入する事ができるのです(2019年1月7日時点)。

本製品はトリートメントタイプなので、通常のトリートメントを購入する必要がないので、節約する事は十分に可能です。

ただし、暗い髪の色には、あまりカラーを付ける事ができないので、全体的にカラーを付ける事は難しいので注意して下さい。

本製品のレビュー

本製品はコストパフォーマンスが優れている白髪染め製品ですが、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいるのです。

そのため、本製品を購入してから、イメージしたものと違ってしまう可能性があるので、本製品のレビューを紹介するので参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品を何回も利用していたら、カラーを付ける事ができて、満足している方がいました。

そのため、カラーを付ける期間にこだわらない方であれば、本製品の効果に満足できる可能性は高いです。

本製品は値段が安くなっているのに、カラーを付ける事ができる所を気に入っている方もいました。

値段と効果のバランスが取れている製品なので、コストパフォーマンスにこだわる方は、本製品を検討してみる価値があります。

そして本製品は、値段が安くなっているのに、260gもある所を気に入っている方もいました。

否定的なレビュー

本製品を利用している方たちの中には、白髪にあまりカラーを付けられなくて、落胆している方がいました。

カラーを付けるまで時間をかけてしまうタイプなので、長い間に渡って利用する必要があるので注意して下さい。

長く利用していても、白髪にカラーを付けられない場合には、利用するクリームの量が少ない可能性が高いので、気を付けて下さい。

まとめ

本製品は、豊富なカラーバリエーションを用意している白髪染め製品なので、様々なカラーを付ける事ができます。

さらにトリートメントタイプなので、トリートメントを購入する必要がないので、お金をあまりかけなくても白髪を染める事ができます。

トリートメントタイプは節約する事はできますが、カラーを白髪に付けるまで時間をかけてしまうので、注意して下さい。

スポンサーリンク