毎日の洗髪で白髪染め効果のある白髪染めシャンプーについて

個人差はあるものの、ほとんどの方が歳を重ねるごとに白髪が気になる年齢になり、セルフで行う白髪染めにお世話になる方も多いと思います。

そんなセルフで行う白髪染めには、ヘアカラー、ヘアカラートリートメント、白髪染めシャンプーなど様々な商品があり、利用者のニーズに合わせて白髪染めの手法を選ぶことができます。

そこで、この記事ではセルフで行う白髪染めの中から白髪染めシャンプーに着目し、白髪染めシャンプーの特徴や選び方などについて紹介していきます。

私が絶対おすすめする白髪染めランキングはこちら

スポンサーリンク

白髪染めシャンプーの特徴とメリット・デメリット

白髪染めシャンプーを使用したいと考えている方は少なくないと思うのですが、購入する前にどんな商品なのかは知っておきたいことだと思います。

そこで、ここでは白髪染めシャンプーの特徴とメリット・デメリットについて紹介していきます。

白髪染めシャンプーの特徴

白髪染めシャンプーは、白髪が生えることを予防する効果や頭皮を改善させて黒髪が生えるようにするものではなく、毎日のように行う洗髪で白髪を染める製品となっています。

そんな白髪染めシャンプーは、一般的な白髪染め商品のように1回の使用で一気に染めるものとは異なり、毎日のように行う洗髪によって髪の表面と内部に染料を徐々に浸透させることで白髪に色をつけていくのが白髪染めシャンプーの大きな特徴となっています。

白髪染めシャンプーのメリット

白髪染めシャンプーは、白髪染め専用の商品と比べて強い刺激はありませんので、髪や頭皮に優しい仕様になっているのが特徴の一つであり、同時にメリットの一つともなっています。

また、白髪染め専用の商品の中には強い色味で一気に黒く染めるものもあり、染めた後の仕上がりが青黒い不自然な色になってしまう場合もあるのですが、白髪染めシャンプーは使用するにつれて少しずつ染まってきますので、不自然な仕上がりにならないという特徴があります。

そんな白髪染めシャンプーは、今使っているシャンプーを変えるだけで済みますので簡単に取り入れることができますし、シャンプーは日頃の生活で自然に行う流れの一部となっている方が大半を占めていると思いますので、あえて白髪染めに時間を割く必要のない時間的効率の良さもメリットの一つとなっています。

白髪染めシャンプーのデメリット

白髪染めシャンプーのデメリットは、効果に即効性がないため、すぐには染まらないという点が挙げられます。

また、しっかりと染める効果を発揮するためには使い方に少しコツがいりますので、色ムラができてしまい不満を感じてしまう場合がありますし、使用方法が面倒に感じてしまうい、それがデメリットと捉えてしまう場合があります。

さらに、白髪染めシャンプーは使用する量をケチってしまうとしっかりと染まってくれない可能性がありますので、今まで使っていたシャンプーよりも使用量が増えてしまう場合がありますので、コストパフォーマンスが悪いと感じてしまう場合があります。

私が絶対おすすめする白髪染めランキングはこちら

スポンサーリンク

白髪染めシャンプーの効果的な使い方

白髪染めシャンプーを使用した方の中には、白髪がしっかり染まったという方がいる反面で効果が実感できないという方も見受けられます。

この使用効果の違いについては、白髪染めシャンプーの使い方の違いが要因の一つと考えられ、効果に満足している方の多くが同じような使い方をしています。

そこで、ここでは白髪染めシャンプーの効果的な使い方について紹介していきます。

シャンプーを使う前の下準備

白髪染めシャンプーの効果を発揮するためには、シャンプーを使用する前の下準備も重要となっています。

その下準備として、まず行うのが軽いブラッシングとなっており、このブラッシングを行う効果によって髪に付着しているほこりや汚れを取り除き、絡まった髪をほどくことでシャンプーが髪や頭皮に行き渡るようにします。

次に、お湯で髪をしっかとすすいでお湯で汚れを落とすのですが、整髪料などが残っていると髪を染める成分が浸透しにくくなってしまいますので、整髪料を使用している方は特に注意してください。

下準備として最後に行うのは、すすいだ髪の水気をよく切ることです。

そのため、少し面倒ではあるのですがタオルで髪の水気を落としておくことがポイントとなっており、だからといって髪を濡らさずに乾いた状態が良いのではなく、あくまでも髪と頭皮をしっかりと濡らした後に水気を切ってから次の段階に進んでください。

シャンプーの効果を発揮させる洗い方

下準備が終わったらシャンプーを使っての洗髪を行うのですが、1回の洗髪で使用するシャンプーの量はたっぷりと手にとって使用してください。

白髪染めシャンプーは、通常のシャンプーよりも価格が割高になっているものもあるのですが、値段を気にして少量しか使わないとほとんど染まらない結果に繋がってしまいますので、白髪染めシャンプーを使用する意味を成すためにもシャンプーは各メーカーで推進している量を使用するようにしてください。

次に洗髪方法についてですが、シャンプーをしっかりと泡立てるようにし、髪や頭皮、毛穴の隅々まで行き渡らせることによって染毛成分がイオンの力で髪に吸着してくれます。

さらに、その洗髪作業を短い時間で終わらせるのではなく、体感として少し長いと思うくらいしっかりと洗ってください。

その後、シャンプーをつけた状態で10分ほど放置すると効果的となっていますので、その間に体を洗ったり浴槽に浸かりながら待つなど時間を有効利用しながらシャンプーの成分を浸透させた後に洗い流してください。

トリートメントの併用で効果アップ

白髪染めシャンプーは、ほとんどの商品がトリートメントなどがセットで販売されており、そのトリートメントなどを併用することがおすすめです。

その理由は、シャンプーをつけた状態で放置すると効果的と上記でお伝えしましたが、トリートメントと併用することでシャンプーはすぐに洗い流すことができ、トリートメントを使うことで白髪染めの効果も高まる場合があります。

また、トリートメントを使用することで髪の手触りが良くなりますので、仕上がりの満足度も高まる結果に繋がります。

トリートメントを併用する場合には注意点があり、トリートメントを使用する前にはシャンプーと同様に水気を切ってからたっぷりと使用するようにしてください。

白髪染めシャンプーとヘアカラートリートメントの比較

洗髪時に使用する白髪染め商品として白髪染めシャンプーやヘアカラートリートメントが挙げられますが、目的は同じでもそれぞれでどんな性質があるのかは気になる部分だと思います。

そこで、ここでは選ぶ際に重視するポイントごとに白髪染めシャンプーとヘアカラートリートメントのどちらが優れているのかについて紹介していきます。

価格を重視して選ぶ場合

白髪染めシャンプーにはトリートメントがセット販売されていることが多く、それもあって価格的には普通のシャンプーよりも割高になっている場合があります。

一方、ヘアカラートリートメントの場合はトリートメントを変えるだけとなっているため、シャンプーは今まで使っていたもので問題ありませんので、白髪染め商品のみのコストだけで考えるとヘアカラートリートメントは半分のコストで済むことになります。

使いやすさを重視して選ぶ場合

ヘアカラートリートメントで白髪染めを行う場合は、髪につけたままでしばらく放置することが望ましく、それによって効果的に白髪を染めてくれます。

一方、白髪染めシャンプーはセットになっているトリートメントを併用して使う場合は、通常のシャンプーとトリートメントと同じ時間で済みます。

しかし、白髪染めシャンプーのみを使用する場合は放置する時間を設けたほうが効果的となっています。

従って、使いやすさを時間効率の良さと考えた場合、白髪染めシャンプーとセットになっているトリートメントを併用した場合は時間効率が優れており、ヘアカラートリートメントのみの場合と白髪染めシャンプーのみの場合では時間効率に大差は無いと考えられます。

カラーバリエーションを重視して選ぶ場合

白髪染めシャンプーとヘアカラートリートメントは、白髪を染めることが目的となっている性質が強い商品となっていますので、双方ともカラーバリエーションは定番色の1色~3色で展開されているのがほとんどです。

そのため、流行の色を取り入れるなどのおしゃれ染め感覚を期待するのは難しく、どちらも少ないバリエーションの中から選ぶことになりますので、白髪染めシャンプーとヘアカラートリートメントのどちらを選ぶかの決め手にするのは難しいと考えられます。

まとめ

白髪染めシャンプーについて紹介してきましたが、使用方法によっては白髪染めの効果については評価が大きくわかれていますし、1回で綺麗に染まる白髪染めと比べると手間と時間が掛かってしまう印象があると思うのですが、上手く使用すればセルフで行う白髪染めの中でも自然な色合いに仕上がる商品となっていますので、極端な色に仕上がる白髪染めに不満を感じたら白髪染めシャンプーを1度試してみてください。

スポンサーリンク