美容院並みの仕上がりが期待できる白髪染めトリートメントとは?

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン 200g

美容院で白髪染めをすると1万円程度かかってくるサロンも多いです。

染めたばかりでも1カ月程度でまた根元から白髪が目立ってきてうんざりしてしまいますよね。

毎月サロンでお手入れするには、お金も時間もかかってしまいます。

自宅で白髪染めトリートメントをすれば、お財布にも嬉しくいつでも若々しいヘアをキープできるのです。

私が絶対おすすめする白髪染めランキングはこちら

スポンサーリンク

白髪染めは自宅で手軽に

自宅でサロンのような仕上がりに白髪を染められたら、今までかかっていたサロン料金を節約することができます。

美容室にいけば2時間程度も拘束されるので、仕事や子育てなどで忙しい方にとってはより気軽に白髪染めをしたいという方も多いです。

白髪染めは700円から高くても3000円程度で購入できるものがほとんどなのでサロンに行くよりもより安い価格で白髪を染めることができます。

美容室での毛染め費用は安くても5000円以上かかりますし、有名サロンとなると10000円以上ということも多いです。

自宅で安い価格で染めることができる白髪染めは、白髪が目立ち始めたという方から白髪染めが毎月必要という方もおすすめできます。

自宅で毛染めする時の注意点

美容室では全て美容師さんにお任せという方でも、自宅で毛染めをするにはいくつかの注意点や準備が必要になります。

染め残しやムラが出てしまうこともありますので、白髪染めの説明書をしっかりと読んで使用方法を守ることが重要です。

衣服なども注意しないと汚れてしまうこともあるので、タオルなどを使ってしっかりとカバーしましょう。

使用する薬剤が自分の頭皮にあっているかどうかは事前にチェックすることで肌トラブルを防ぐことができます。

肌が弱いという方は、植物由来の染料やマニュキュアタイプを利用すると安心です。

毎日使うことができる白髪染めもあり、トリートメントをしながら白髪染めの効果を出すこともできます。

目的は自分の頭皮や髪にあった白髪染めを利用するのがポイントです。

自宅でケアしている方が圧倒的に多い

月に何度も美容室に通って白髪染めをしているという方よりも自宅で白髪染めのケアをしているという方が圧倒的に多いです。

カットのついでに白髪染めをしている方でも目立ってきた根元数ミリから数センチの間は自宅で白髪染めを簡単に済ますというケースが増えています。

1ヶ月にも1センチの長さが伸びる髪の毛の中でも白髪は太陽などに反射して目立ちやすいです。

白髪染めを忘れて白髪が伸びてきていると疲れた印象を与えやすいので、なるべく早めに白髪染めをすることが重要になります。

いつも綺麗にして見えるという方でも、美容室に毎月通っておらずに自宅でリーズナブルに毛染めをしているということが多いです。

誰でもコツさえ掴んでしまえば簡単にお手入れできますので白髪が気になるという方におすすめします。

私が絶対おすすめする白髪染めランキングはこちら

スポンサーリンク

どのような白髪染めを選ぶべきか

白髪染めといっても色々な種類が販売されているので、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

使い勝手から、髪への優しさ、仕上がりなどでも選ぶことができますので、使いやすいタイプを探してみましょう。

白髪染めの種類を事前に知っておくと、失敗することなく選ぶことができます。

ヘアカラータイプ

市販の白髪染めといえば、ドラッグストアや量販店でよく見かけるのがヘアカラータイプです。

2種類の液を混ぜ合わせて化学的に反応を起こします。

その結果として髪の内部までしっかりと色を入れることができるのです。

染色の時に頭皮に刺激があるので、肌が弱い方ですと肌荒れを起こしてしまうこともあります。

肌が弱いという方は事前にパッチテストをして肌に問題がないか確認してから使用しましょう。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪の毛の表面をコーティング剤で染めていきます。

髪の内部までは浸透しませんので、髪へのダメージが気になるという方はこちらがおすすめです。

頭皮にも影響はほとんどないので、肌が弱い方でも安心できます。

一方で髪の毛の明るさをとても明るくしたいということはできません。

ヘアカラートリートメント

白髪染めヘアカラートリートメントは、ヘアマニキュアと同じように髪の表面をコーティングして白髪を目立たなくします。

ヘアマニキュアだけではなく、トリートメント成分が配合されていることから髪への優しさも十分です。

髪が乾燥している方や、ダメージがある方は積極的に利用してみるとよいでしょう。

白髪染めトリートメントは、液だれしにくく、毎日トリートメントがわりに使うことができます。

白髪染めとヘアケアが同時にできるので忙しい方にもおすすめです。

白髪染めカラーシャンプー

白髪染めシャンプーは、ヘアカラートリートメントと同じようにシャンプーをすると同時に白髪染めを行うものです。

白髪染めシャンプーは高価なことが多く、染まりにくいのでしっかりと白髪を染めたいという方には向いていません。

少し生えてきた白髪を隠すためにサロンに行くまでの短期間に使うことをおすすめします。

白髪染めトリートメントを使うメリット

白髪染めトリートメントは、ヘアカラータイプのようにパッチテストや事前準備がいりません。

シャンプーの後にトリートメントをする感覚で伸ばして流すだけなので、白髪が気になり出した方や美容室に行くまでのつなぎに便利に使えます。

ヘアカラー剤を使うと頭皮や髪の毛へのダメージがありますが、白髪染めトリートメントは美髪を期待できる成分がたっぷりです。

白髪染めトリートメントは、何度か使用を繰り返さないと白髪に色がついていきません。

ヘアカラー剤のようにすぐに好きな色に変えることはできませんので、自宅でケアをしながら白髪を目立たなくさせたい方におすすめです。

人気の白髪染めトリートメントとは

白髪染めトリートメントにもいろいろな種類があるのでどれがいいか迷ってしまうという方も多いです。

カラーリング剤と異なり、ムラや染め残しをすることがなくケアすることができます。

置いておく時間は、およそ10分程度で毎日使っても白髪のケアと美髪のケアが同時にすることが可能です。

口コミでも人気の白髪染めトリートメント

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン 200g

口コミを中心に人気があるのが、白髪用利尻ヘアカラートリートメントです。

シャンプーをした後にトリートメントを髪全体に塗布して、10分程度キープしたら洗い流します。

カラーも4種類ありますので、自分の髪色にあったものを選ぶことが可能です。

ヘアサロンでケアしてもらったような艶を得ることができると口コミでも評判が高くなっています。

ルプルプのヘアカラートリートメントは、フコダインエキスがたっぷりと配合されておりしっとりとした髪にすることができます。

髪のダメージに悩んでいる方にもおすすめです。

ソフトブラックからブラウンまで印象に合わせて選ぶことができ、無添加なので肌が弱い方でも安心して使用することができます。

有名芸能人の方も自宅用のケアで使用しているほど安心感も高く、多くの方が使用している商品です。

まとめ

美容室に通って白髪染めをしてもらうよりもより気軽にリーズナブルに白髪を染めることができるのが、白髪染めトリートメントです。

ヘアカラートリートメントのように肌や髪へのダメージもなく、保湿成分や美髪成分が含まれているので毎日でも使用することができます。

使い方は簡単で、シャンプーの後に髪に塗布して10分程度をおくだけです。

ムラにもなりにくく、自宅でのケアでもサロンのような仕上がりになります。

スポンサーリンク