電子辞書ってこんなに便利

このサイトは、電子辞書を中心とした情報提供を行っています。

*

さて英語を学ぼう、でもどこでどうやって学習すれば?目的をはっきりさせての学習を

   

英語の学習というのは、まあ考えてみれば日本人、中学もしくは早いところで小学校から学んでいますから、結構馴染み深いはずのものです。

その割に海外に出ると、日本人はしゃべらないという評判が、まだまだ消えません。

学習しても使えないというのが、ちょっと悲しいところですね。

学校での授業はともかく、社会人になってからの英語学習はどう言ったポイントで行えばいいのか、これもまた悩みと言えます。

スポンサーリンク

英語習うなら英語スクールだけ

英会話を学ぶのに、もしくは英語の専門用語など学ぶのに、まず英語学校という選択肢が大きく目の前にあるのは事実です。

しかし実際のところ、そこに入学する前にちょっとだけ考えておいたほうがいいこともあります。

それによっては、英語学校よりもコスパもよく英語が学べる方法もあるからです。

にしても英語と一言で言っても、単一ではないことをまず心に留めておいてください。

スポンサーリンク

まず英語を習う前にいくつかポイントを

単純に英語と言ってしまいますが、英語が母国語の人達に言わせると、これが奥深いのです。

イギリス英語かアメリカ英語かそれとも

まず選んでおきたいのが、イギリス英語を学ぶのかアメリカ英語を学ぶのかです。

日本人にとっては、どっちだって英語じゃないかくらいの意識ですが、これがそれぞれの国の人たちにとっては、大きな違いなのです。

特にイギリス国民は己の英語にプライドを持っています。

彼らに言わせれば、アメリカ英語はあれは英語ではなくアメリカ語、なのだそうです。

アメリカ国民に言わせれば、気取った喋り方がイギリス英語だそうですので、まあどっちもどっちです。

ただ英語学習する場合に、このどちらを学ぶかは第一の問題になりますので、英語学校にしても個人学習にしても、どちらをメインにしているか確認してください。

喋りたいのかそれとも書きたいのか

失敗を極端に恐れるのが日本人だと、海外に出ると笑われます。

石橋を叩いて渡るどころか、渡るのを諦めてしまうのが、海外の人から見た日本人のようです。

文章を書く場合は、間違っていれば後から直すこともできます。

しかししゃべるというのは、訂正はすぐには難しいですね。

それもあるのでしょうか、書くことは出来るのにしゃべれないのが、日本人の特徴だそうです。

英語学校などでは勿論、この両方を学ぶことができますが、主力をどちらに置きたいかは事前に確認しておきたいですね。

ちなみに現地の人に言わせれば、書くことが出来るのに話せないというのは、どうしても理解できないそうです。

識字率がほぼ100%の日本と違って、まだ識字率が低い国もありますので、書けるのに読めないというのは理解できなくて当然かも知れません。

まあこれ、筆者はなまじ手紙のやり取りをしたせいでその後、ペラペラに話せると相手に思われて、最初から早口の英語でまくしたてられ、えらい目に会いました。

専門英語が必要なのか生活会話で充分なのか

経済にしろ政治関係にしろ、はたまた芸術関連にしても、その職業独特の専門用語と言うものがあります。

特に大学で学ぶ場合、その専門に必要な英語も憶えなくてはなりません。

勿論仕事で使用する英語というのも、この専門用語は必要になってきます。

そのためにこそ英語を学ぶ、と言って過言ではないでしょう。

しかし普通に暮らしたり、単にコミュニケーションを取るだけなら、日常会話が出来れば充分です。

英語を学ぶ場合、やはりここにも注意をはらいたいものですね。

英語を学ぶ方法には何がある

英語を学ぶと言うと、ああ英語学校に行くんだねという答えが、まず返ってきます。

しかし他にもいくつかの方法が、勿論あるのです。

英語学校に言って学ぶ

英語学校に行くのは、最もポピュラーで最も集中ができる方法です。

学費が少々高いのですが、特に専門的な英語も必要な場合とか、TOEICやTOEFLを取るのが目的の場合は、学校似通うのが一番早道です。

お財布とも相談の上、また学校のロケーションも考えて、通いやすい学校を選んでください。

またここでも、イギリス英語をメインにしているかアメリカ英語をメインにしているか、それも学校選択の時に確認しておきたいですね。

講師たちの出身をチェックすることも、忘れないようにしてください。

英語が母国語の個人教授

個人で英会話を教えている人もいます。

堅苦しくなくしかも会話でだんだんと上達できていきますから、自然な英語を学びたい人にはおすすめですね。

筆者ある時日本のコーヒーショップで、明らかにこの個人授業を見たことがあります。

片言どころか単語を並べている日本人の生徒に、先生は辛抱強く相手していました。

筆者の場合、これはアメリカでですが、あちらの人に同じようなやり方をしてもらったことがあります。

手振り身振りと単語で何とか説明したことを、相手が喋り言葉に直して繰り返してくれたのです。

個人なので、いい先生に当たれば非常に丁寧に教えてくれます。

ただあくまで喋り中心になりますので、そこは覚悟してください。

また先生の出身国も、確認が必要ですね。

個人教授の場合話し相手がその人だけになるので、なまっている英語だとそれが当然になってしまう危険性もあります。

オンライン英会話で学ぶ

近頃流行ってきたのが、オンライン英会話です。

ネットで英語が学べる、しかも24時間対応のスクールもありますので、忙しい人にもとっつきやすいのが特徴です。

ただやはり、出来れば顔を突き合わせてという希望があるなら、こちらはちょっとおすすめできません。

また授業時間が短いので、その分集中できる人と、やはり物足りないという人もいます。

授業料などはかなり安いですし、無料お試しなどもありますので、試してみるのも悪くありません。

自分に合っていると思ったら、続けてみるという選択もあります。

Skypeが必要な場合がありますので、ネット環境は整えなくてはなりません。

海外の英語学校で学ぶ

とりあえず日本を飛び出して、現地の学校で英語を学ぶ方法です。

もしくは大学などの留学後に、TOEFLの点数を上げるため、またもうひと押し英語力アップのために英語学校で、というケースもあります。

現地での学校なので、即戦力になる英語は学べます。

ただ英語学校留学の場合、まずお金がかかるのがネックです。

またせっかく海外で学んでいるのについ、日本人同士で固まってということもあります。

しっかりした学校でないと、カリキュラムがいい加減という問題も出てきます。

留学前に下調べを良くしたいものですね。

喋り英語とビジネスなど専門英語の学び分け

ビジネス英語やもしくは専門用語の必要な英語を学ぶ場合、やはりそういった専門用語も扱ってくれる英語学校で学ぶのがおすすめです。

しっかりした学校で学べば、良い英語が身につきますのでビジネスでの商談のときなどにも安心です。

大学などの留学に関しても、やはり専門用語はできるだけ身につけてから出発したいですね。

現地の大学で、毎日辞書とにらめっこで徹夜という自体は、避けたいものです。

筆者の場合、留学時の授業で音楽の授業があり、音楽用語で頭が痛くなった記憶があります。

その場でわからなかったことを帰宅してから調べてみたら、小学校の音楽の授業でやったことのようなものでした。

音符の名前、8分音符とかにしてもこれの英語はすんなりとは入ってくれませんし、泣きましたね。

まあそこそこ普通の英語は喋れましたので、校長に掛け合って時間の無駄だからと音楽の授業、免除してもらいました。

そういうことのないように、あらかじめ日本お英語学校で事前に準備していきたいですね。

ただ普通に生活するだけなら、個人教授やオンライン英会話で事足ります。

また個人教授で専門知識を持っている人もいますので、そこを探すのも選択肢に入れてみてください。

コスパもいいので、おすすめです。

まとめ

英語と言っても様々です。

何しろ母国語の日本語でも、専門外の言葉や単語というのはさすがに意味不明、なものです。

それを場合によっては英語でというのですから、学ぶ場所や方法はしっかりと見極めておきたいものです。

英語の学習法は決して1つではありません。

目的に即した方法、自分に合った方法を見つけるところから、学習が始まっていると考えてくださいね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 英語学習