uwscでアプリ、ソフトウェア、プログラムを起動する方法と注意事項

2019年1月11日

uwscでアプリ、ソフトウェア、プログラムを起動する方法は大きく以下があります。

・exec関数でコマンド実行
・KBD関数でショートカットキーから実行
・BTN関数でマウスでアイコンをクリック(またはダブルクリック)して実行
・Windowsキー+Rキーからコマンドを入力して実行

それぞれについて説明します。

exec関数でコマンド実行

.uwsファイル内でexec関数を利用します。

使い方は

id=exec(“コマンド文字列”)

です。

idには起動したウィンドウの識別IDが入ります。

コマンド文字列はコマンドのパスから指定します。

例:id=exec(“%windir%\system32\notepad.exe”)

KBD関数でショートカットキーから実行

KBD関数はキーを押す関数です。

ショートカットの場合、複数キーを同時に押すので注意が必要です。

例えば、Altキー+Rキーの場合は、

KBD(VK_ALT,DOWN,100)
KBD(MK_R,CLICK,100)
KBD(VK_ALT,UP,100)

のように記述します。

BTN関数でマウスでアイコンをクリック(またはダブルクリック)して実行

BTN関数は座標を指定してマウスをクリックする関数です。

例:BTN(LEFT,CLICK,406,119,500)

アイコンの場所が固定されていて正確にわかっている場合に有効です。

注意事項は、
アイコンの上に別のウィンドウが表示されるとそっちをクリックしてしまうことです。

事前にWin+Dなどでウィンドウを閉じておくのが有効です。

Windowsキー+Rキーからコマンドを入力して実行

Windowsキー+Rキーでコマンド入力画面が開きますので、そこにコマンドを入力して実行します。

コマンドを入力する際、クリップボードにコマンドをコピーしておいて、貼り付けるのがおすすめです。

例:
sendstr(0, “実行するコマンドのパス”)
KBD(VK_WIN,DOWN,100)
KBD(MK_R,CLICK,100)
KBD(VK_WIN,UP,100)
KBD(VK_CTRL,DOWN,100)
KBD(MK_V,CLICK,100)
KBD(VK_CTRL,UP,100)
KBD(MK_RETURN,CLICK,100)

PC

Posted by it-kaden2


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!