腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスランキングベスト13:敷き布団も

      2016/12/04

雲のやすらぎマットレス

腰痛がひどくなり、探し回っていろいろ試してたどり着いたおすすめマットレス・敷き布団のランキングです。

実際に購入する目線で、コストパフォーマンスも視点に加えているため、高価で高機能な製品が必ずしも上位にはなっていません。

また、機能的にマットレスと同等と考えられる厚手の敷き布団もランキング対象に加えています。

スポンサーリンク

目次

第1位 高反発マットレス「モットン」

高反発マットレス「モットン」

モットン

高反発マットレス「モットン」の詳細記事はこちらにまとめていますので参考にして下さい。

寝起きの腰痛が苦しい人に真っ先におすすめしたいのが「モットン」ですね。

以下の方に特におすすめです。

  • 朝起きたとき、腰痛がかなり苦しい人
  • 腰痛対策マットレスをすぐ使いたい人
  • マットレス購入で失敗したくない人
  • 「モットン」の特徴は以下の2つです。

    ●90日間の試用期間がある
    ●寝起きの腰痛対策を重視している

    3か月使って効果がなければ返却でOKです(調べた限り、このような数か月にわたる試用期間がある製品は他にありません)。

    就寝中に自然な寝姿勢と体圧分散を維持し、寝返りしやすい反発力なっています。

    Amazonでは取り扱っていませんので、楽天か公式サイトでの購入になります。

    ただ、今なら公式サイトで20,000円引きキャンペーンとなっており、楽天よりかなり安く購入できるので絶対おすすめです。

    公式サイトで製品の詳細を見る

    詳細はこちらから

    スポンサーリンク

    第2位 雲のやすらぎ 敷布団

    詳細はこちらから

    体圧分散

    「雲のやすらぎ敷布団」の詳細記事はこちらにまとめていますので参考にして下さい。

    通気性がよく、特に本製品との畳部屋は相性抜群です。

    普段は壁に立てかけておけばOKです。

    肌に接する部分はとても柔らかくしっとりなじむ一方、中心部分はしっかり体を支えて体がマットレスに食い込まないので、一言で言うと浮いている感じです。

    厚みも十分で、床付き感が全くありません。

    体圧分散とフィット感にこだわり、縦方向に凹凸をつけ、横方向に繊維をまとめる「クロスクラウド製法」という独自マットを採用しているのが特徴です。

    また、春夏用と秋冬用のリバーシブルになっており、秋冬用にはフランス産の上質なロレーヌダウン羊毛が使われていて保温性も素晴らしく、快適の一言です。

    公式サイトで製品の詳細を見る

    第3位 西川 ムアツ布団 シングル 90mm シーツ付

    西川 ムアツ布団 シングル 90mm シーツ付

    西川のムアツ布団です。西川はムアツ布団を複数扱っていますが、価格も考慮しこれが最もおすすめです。

    体圧分散に素晴らしく、安定した寝姿勢を保ってくれます。

    立体構造の凹凸ウレタンで通気性もよく、さらっとした使用感です。

    腰痛が軽減した、朝起きたときに腰痛が楽になったとのレビューも多くあります。

    詳細はこちらから

    第4位 フランスベッド 新型スプリング デュラテクノ採用マットレス DT-030-S

    フランスベッド 新型スプリング デュラテクノ採用マットレス DT-030-S

    独自の高密度連続スプリング(デュラテクノ)体へのフィット感が素晴らしく、腰痛の方に特に高評価です。

    適度な硬さと弾力性があり、加重分散性にも優れていて、自然な背骨のS字を楽に維持してくれます。

    デュラテクノスプリングはマットの中を空洞にする仕組みになっており、湿度の高い日本の気候に対応することを重視して作られています。

    マットレス側面にアイレット(通気口)もついており通気性も抜群です。

    厚みが十分ある割に重さはそれほどありませんので、立てかけるのも容易です。

    詳細はこちらから

    第5位 ブリジストン スーパーハード四層敷布団 3つ折り

    ブリジストン スーパーハード四層敷布団 3つ折り

    何より寝起きの腰痛解消感とコストパフォーマンスが抜群です。

    脊柱管狭窄症で手術された方やヘルニアの方にも好評です。

    表裏で硬質の硬わたとへたりにくいウレタンを使用していますので好みや腰痛の度合いに合った硬さを利用できます。

    重量が軽く腰痛の方にも扱いが楽で、外干しも可能ですし、3つ折りが可能なので収納も楽です。

    詳細はこちらから

    第6位 西川 ムアツ布団 カーボラックス シングル 90mm 100ニュートン

    西川 ムアツ布団 カーボラックス シングル 90mm 100ニュートン

    従来のムアツ布団に「カーボン」を混入させた改良製品です。

    カーボンの効果が加わり、保温性・耐久性がさらに向上しているのが特徴です。

    厚みは9cm、やや硬めで床付き感がなく、耐久性も高いため体重が重めの方にもおすすめです。

    レビューでも「腰痛が改善した」などのコメントが複数あり、腰痛の方にもおすすめです。

    詳細はこちらから

    第7位 アイリスオーヤマ エアリーマットレス ハイブリッド 高反発 シングル

    アイリスオーヤマ エアリーマットレス ハイブリッド 高反発 シングル ホワイト HB90-S

    体圧分散設計されており、体の凹凸にフィットしながら、高反発で寝返りが楽にできるのが特徴です。

    そして何より、素材にアキレス社のウレタンフォーム「ムマック」と東洋紡社の「エアロキューブ」を採用し、通気性にもこだわっています。

    表裏で春夏用のメッシュ生地と秋冬用のニット生地になっており、季節に応じて使い分けるとともに、耐久性を高めるローテーションが自然とできます。

    カバーから中身を取り出し、そのまま水洗いすることが可能で衛生的です。

    重量も5.9kgと軽く、腰痛の方にも取り扱いが楽になっており、使用面でもメンテナンスの面でも充実しています。

    詳細はこちらから

    第8位 アイリスオーヤマ エアリーマットレス MARS-S

    アイリスオーヤマ エアリーマットレスMARS-S

    軽量でありながら、体圧分散と反発力に優れているのが特徴です。

    カバーが外せる上、中身は丸ごと水洗いできるため、清潔に保つことができます。

    1万6千円前後とコストパフォーマンスに優れています(Amazonでは9000円程度値引き)。

    高級マットレスを買うほどではないが、腰痛に良い寝具に変えたい人におすすめです。

    レビューでも腰痛の方もかなり使われています。

    詳細はこちらから

    第9位 フランスベッド ラクネスーパープレミアム シングルサイズ

    フランスベッド ラクネスーパープレミアム シングルサイズ 31867100 31741

    フランスベッド独自の高密度連続スプリングが体にフィットするのは前述のマットレスと同様です。

    重量が軽くなっており、気軽に立てかけて干すことができます。

    また3つに折りたためるので取扱や収納も楽にできます。

    スプリングがしっかりしており、体重が重めの方にもおすすめです。

    スプリングの音もありません。

    腰痛が楽になったとの声も多数寄せられています。

    詳細はこちらから

    第10位 ottostyle.jp 高反発マットレス 10cm シングル 硬さ130ニュートン

    ottostyle.jp 高反発マットレス 10cm シングル 硬さ130ニュートン
    ottostyle.jp 高反発マットレス 10cm シングル 硬さ130ニュートン

    レビュー81件のカスタマーレビュー
    詳細はこちらから

    6000円前後ですが、弾性高く、へたりにくいウレタンフォームを採用し、沈み込みが少なく適度な硬さで身体を支えてくれます。

    硬さ130Nで寝返りもしやすいのが特徴です。

    厚みは10cmで底付き感もありません。

    80000回圧縮を繰り返す復元率試験を行い98%の復元率を実現しており、耐久性も十分です。

    詳細はこちらから

    第11位 雲のやすらぎマットレス

    雲のやすらぎマットレス

    詳細はこちらから

    ポケットコイルスプリングタイプのマットレスです。

    マットレスとしての性能はダントツです。

    腰痛が本当に苦しくなってきている人には一押しのおすすめです。

    特殊な高反発コイルと独自開発の「クラウドmaxウレタン」を組み合わせることで、優れた体圧分散を実現しています。

    クラウドmaxウレタンは通気性にも優れており、特注のエアレット(通気口)と合わせて十分な通気性を備えています。

    厚み27cm、素材13層で構成されており、使用感・通気性・耐久性とも抜群です。

    色々試してもなかなか腰痛が改善しなかった方におすすめです。

    詳細はこちらから

    第12位 エアロコア

    エアロコア

    「エアロコア」
    公式サイトで製品の詳細を見る
    詳細はこちらから

    腰痛対策を重視した体圧分散に優れたマットレスです。

    特殊な極細繊維を3Dに編み込んだ構造により、復元性が高く楽に寝返りが打ちやすく、腰痛や骨盤のゆがみ予防に最適です。

    両面使えるカバーになっており、夏や涼しく冬は暖かく使用できます。

    素材が清潔で、日本アトピー協会から推奨品として認証されており、赤ちゃんや子供の使用もピッタリです。

    詳細はこちらから

    第13位 Armonia「ベーシックマットレス」

    armonia

    Armonia「ベーシックマットレス」
    公式サイトで製品の詳細を見る
    詳細はこちらから

    ソファづくりのノウハウを生かしたポケットコイルマットレスです。

    キルティングは独自の繊維構造を採用し吸水性と放湿性に優れています。

    コイルを卵型にすることで、コイル同士が擦れるきしみ音を大幅にカットしています。

    コイルはシングルサイズで480個と高密度で敷き詰めており、キルティングと合わせて体の凹凸にフィットします。

    Armonia「ベーシックマットレス」公式サイトで製品の詳細を見る

    詳細はこちらから

    まとめ

    このように、マットレスの反発する作用は実に奥が深いものです。

    感触や体に与える影響は種類により全く異なるものなのです。

    それゆえに、腰痛の方には特にこの感触に関してこだわりを持って選んでいただきたいのです。

    見た目には大差ないように思えるマットレス。

    しかし選び方が正しければ、あなたの腰痛に劇的に喜ばしい変化をもたらしてくれるはずです。

    マットレスの反発する力を体がどのように感じるか、ご自身の体に問いかけてみてください。

    そして、「これだ!」という答えをくれるまでじっくり、とことん選び抜いて下さい。

    一番快適なマットレスに出会うために費やす時間は、きっと楽しいものになるはずです。

    質の良い睡眠と、日々の健康のために、自分にとって最高のマットレスを選びましょう。

    本ランキングは、あくまでも一個人の主観であることをご了承下さい。

    番外編:妊婦さんにおすすめするマットレスランキングベスト3

    腰痛 妊婦

    妊娠するとおなかが大きくなり、それにともなって出てくる悩みが腰痛ですよね。

    そんな腰痛を悪化させるマットレスをあなたは使用していませんか?マットレス選びを間違えると、身体を休めるはずの睡眠中に腰に負担をかけてしまい、さらに腰痛を悪化させてしまうことがあります。

    そこで、妊婦さんの腰痛を和らげるマットレスをいくつか紹介したいと思います。

    妊婦さんはなぜ腰痛になりやすいのか?

    そもそも、妊婦さんはなぜ腰痛になりやすいのでしょうか。

    お腹が大きくなり、重心が前に移動してしまうのを支えるために腰に負担がかかるのはもちろん、妊娠3ヶ月頃から体内で分泌される“リラキシン”というホルモンも腰痛に関係してきます。

    このリラキシンは、赤ちゃんが産まれてくるときにお母さんの狭い産道を出てこられるように、妊婦さんの関節や靭帯を緩める作用があります。

    そのため、緩んだ関節や靭帯の代わりに腰の筋肉を使ってしまい腰痛を引き起こしてしまうのです。

    マットレス選びの2つの重要ポイント

    そこで、マットレス選びで重要になってくることが2つあります。

    1つ目は、体にかかる圧力をしっかり分散することです。
    2つ目は、寝返りがちゃんと打てることです。

    この二つの条件を満たすマットレスを使用すると、体の一部に負担がかかってしまうことや血流を妨げることを防ぐことができます。

    これで日中継続して使っている腰の筋肉をゆっくり休めてあげることができて、腰痛を和らげることができます。

    妊婦さんは高反発マットレス!

    この二つの条件を満たすマットレスというのが、高反発マットレスです。

    高反発マットレスは体にかかる圧力を分散させる体圧分散に優れており、反発する力が強いので少ない力で寝返りをするサポートをしてくれます。

    妊婦さんは高反発マットレス!と覚えておきましょう。

    では、具体的にどんな高反発マットレスがあるの?という方のために、妊婦さんにおすすめのマットレスを3つ紹介していきます。

    第1位 エンジェルサポートマット

    エンジェルサポートマット

    詳細はこちらから

    「エンジェルサポートマット」の詳細記事はこちらにまとめていますので参考にして下さい。

    第1位は、“エンジェルサポートマット“です。
    このマットレスは産婦人科医院でも採用されるほどの優れものです。

    高反発マットレスなのはもちろん、さらに腰の部分が少し柔らかく作られているので大きく重くなったおなかを少し沈めてあげることで、妊婦さんが寝返りを打ちやすくしています。

    また、パーツを入れ替えることができるので、出産後は妊婦さん使用から通常使用にすることでずっと使うことができるのも嬉しいですね。

    軽量でコンパクトサイズなので、里帰り出産で実家に戻る際にも持っていけて、妊婦さんにおおすすめです。

    「エンジェルサポートマット」公式サイトで製品の詳細を見る

    詳細はこちらから

    第2位 モットン

    高反発マットレス「モットン」

    詳細はこちらから

    モットン

    高反発マットレス「モットン」の詳細記事はこちらにまとめていますので参考にして下さい。

    第2位は、“モットン”です。
    こちらのマットレスは妊婦さんだけでなく腰痛に悩む人全般につくられたものです。

    高反発マットレスは少し硬く感じることもありますが、こちらのマットレスは、高反発なだけでなく優しく体を押し返すような寝心地も魅力のひとつです。

    また、180日間のメールサービスもありアフターサービスも充実しているので安心して使用できます。

    こちらのマットレスは妊婦さんはもちろん、腰痛にお悩みの方全般におすすめします。

    詳細はこちらから

    第3位 雲のやすらぎ

    詳細はこちらから

    体圧分散

    「雲のやすらぎ敷布団」の詳細記事はこちらにまとめていますので参考にして下さい。

    第3位は、“雲のやすらぎ”です。
    こちらのマットレスも腰痛に悩む人全般につくられたものです。

    しっかりと体にかかる圧力を分散させるために5層構造になっており、商品名の通りとても寝心地がよいマットレスです。

    そして、春夏用と秋冬用でリバーシブルになっており1年を通して使うことができます。

    また、テレビ局各社でも取り上げられ、楽天ランキングでも1位を獲得している人気商品です。

    こちらのマットレスも、腰痛にお悩みの方全般におすすめします。

    「雲のやすらぎ」公式サイトで製品の詳細を見る

    詳細はこちらから

    妊婦さんにおすすめするマットレスまとめ

    おなかが大きくなる妊娠後期は、胎動も目で見てもわかるほど激しくなり、赤ちゃんへの愛おしさも高まる時期です。
    だからこそ、おなかの赤ちゃんにもうすぐ会える喜びを感じつつ、あっという間に過ぎ去ってしまいます。
    そんな妊娠後期を、腰痛に悩まされながら過ごすのはとても勿体ないです。
    マットレスを今一度見返してみて、腰痛のない楽しいマタニティーライフを過ごしてみてはいかかでしょうか。

    番外編:アマゾンで人気のおすすめ腰痛マットレスランキング

    人間には睡眠が非常に大切です。

    そんな大切な睡眠ですが、眠り方によっては疲労を回復するどころか、疲労を溜めてしまう場合もあります。

    また腰痛を持っている人のとっては、腰の痛みで眠れないということも。

    そのような時に腰痛マットレスが、効果を発揮してくれます。

    そんな腰痛マットレスにはどのようなものがあるのか、アマゾンで人気の腰痛マットレスから見ていきます。

    OSLEEP高反発マットレス

    (OSLEEP)【OSJ限定の極厚10cm】 高反発マットレス 高密度高反発ウレタン (ブラック シングル)硬さ180ニュートン 腰痛 肩こり対策
    詳細はこちらから

    OSLEEPのマットレスは高反発ウレタンが使用されたマットレスで、しっかりとした反発力を感じながら眠ることができます。

    高反発のため身体をちょうど良く包みこみ、腰痛や肩こりに効果抜群です。

    またウレタンの密度を選べるため、体重などの違いにも対応しているのもポイントです。

    清潔さを保てる工夫もされており、常にきれいに使い続けることができます。

    最も一般的なマットレスと言えます。

    詳細はこちらから

    アイリスオーヤマバランスマットレス

    アイリスオーヤマ バランスマットレス シングル MTRB-S
    詳細はこちらから

    アイリスオーヤマのバランスマットレスは、普通の硬さのウレタンと硬めのウレタンの2種類を組み合わせたマットレスです。

    頭部と脚部に当たる部分には、普通の硬さのウレタンが使用されており、程良い沈み込みになります。

    そして腰の部分には硬めのウレタンが使われており、沈み込みにくいため腰への負担が少なくなります。

    部分によって硬さが変えられており、しっかりと眠りやすさについて考えられた、工夫が見られるマットレスです。

    詳細はこちらから

    MLILY二層構造マットレス

    腰痛におすすめ 【MLILYエムリリー】ベッドマットレス 優反発&高反発の二層構造 シングル 厚さ11cm
    詳細はこちらから

    MLILYの二層構造マットレスは、上部と下部で別のウレタンを用いた二層構造になっています。

    身体に接する上部には、MLILYオリジナルの優反発ウレタンが使用されています。

    優反発ウレタンは、高反発でも低反発でもない弾力のあるウレタンで、これにより最も理想的な姿勢で眠ることができます。

    また、マットレスのカバーの素材にもこだわられており、肌触りのよい素材で、心地よく眠ることができます。

    詳細はこちらから

    ottostyle.jp三つ折りマットレス

    ottostyle.jp 高反発マットレス 三つ折りタイプ 厚さ10cm シングルサイズ 密度30D/硬さ180ニュートン クリーミーホワイト 【体圧分散】【快適睡眠】
    詳細はこちらから

    ottostyle.jpの三つ折りマットレスは、下からの反発力で沈み込みが少ない高反発マットレスです。

    そのため寝返りがうちやすくなっており、眠っている時に首や肩、腰などに部分的に掛かる力を分散してくれます。

    腰痛を持っている人にとっては、非常に眠りやすいマットレスだと言えます。

    また、収納する際に便利な三つ折りタイプになっているので、簡単に折りたたむことができます。

    しかし眠るときに折り目が気になることはなく、自然に眠ることができます。

    詳細はこちらから

    身体や場所に合わせての選択が大切

    アマゾンで人気のある腰痛マットレスを4種類紹介しました。

    このように、同じ腰痛マットレスであっても、1種類の高反発ウレタンだけを使っているものもあれば、硬さの違う2種類の高反発ウレタンを使用していたり、オリジナルのウレタンを開発して、それを使っているものまで、非常に様々な種類があります。

    そのため、マットレスにより寝心地も変わってきます。

    なので、自分の身体の状態や腰痛、肩こりの状態によって、マットレスを選ぶことが大切だと言えます。

    そのために、可能な限りまず一度実際に使ってみて、購入することをおすすめします。

    また、マットレスの作りも違うため、寝心地以外の部分でも違いが出てきます。

    使う場所も考えて、使うマットレスを選ぶ必要もあります。

    アマゾンで人気のおすすめ腰痛マットレスランキング

    様々な種類のマットレスを紹介いたしました。

    睡眠の質はマットレスによって変わるとも言えます。

    睡眠をしっかり取っても、なかなか疲れが取れないという人もいるかと思いますが、そのような人はマットレスが合っておらず、睡眠の質が下がってしまっていることも考えられます。

    メーカーにより様々なマットレスがあり、自分に合ったマットレスを探すことはかなり難しく感じると思います。

    しかし種類が豊富である分、確実に自分に合ったマットレスを見つけ出すことができるはずです。

    腰痛や肩こりに悩んでいる人はもちろんですが、眠っても疲れが取れない人も、使用するマットレスを一度見直し、自分に合ったマットレスを見つけだして、質の高い睡眠を手に入れてください。

    腰痛に良いマットレスの選び方とおすすめポイント

    ひらめき

    マットレスはどれでも腰痛に良い、腰痛に効くというわけではありません。
    むしろ、選び方を間違えると腰痛を悪化させる恐れがあります。
    今回は、腰痛の方がマットレスを選ぶ際のおすすめポイントをご説明したいと思います。

    マットレスを選ぶ際のポイントはたくさんありますが、今回は、私がマットレスを購入した際に調査・試用したこと及び、購入後の使用感を踏まえて、重要視すべき項目から順にご説明します。

    マットレスの選択に困ったときは、上から順に精査してもらえると、より腰痛を軽減してくれるマットレスを選びやすいと思います。

    種類:寝返りしやすい高反発マットレスかポケットコイルスプリングマットレス

    マットレスの種類は大きく以下のように分けられます。

    1. ボンネルコイルスプリングマットレス
    2. ポケットコイルスプリングマットレス
    3. 低反発マットレス
    4. 高反発マットレス

    ボンネルコイルスプリングマットレス

    コイルスプリング(ばね)を敷き詰め、ばねの力で柔軟性を実現するマットレスです。
    主として、ボンネルコイルスプリングタイプとポケットコイルスプリングタイプの2種類があります。
    ボンネルコイルスプリングタイプは、マットレス内のばねを連結しており、ばね全体で体全体を支える仕組みです。表面が硬くなりやすく、一か所の重みでほかの箇所も引っ張られるます。

    背骨のS字にフィットしないため、腰痛の方にはおすすめできません。

    ポケットコイルスプリングマットレス

    ポケットコイルスプリングタイプもばねの力を利用するマットレスです。
    ばねが1つ1つ独立した構成になっており、1か所の沈み込みが、他の箇所に影響しにくくなっています。体の凹凸にフィットしやすく、より背骨のS字を維持しやすくなっています。

    反発力も高めのため、寝返りもしやすいのが特徴です。
    腰痛の方が使うマットレスとしておすすめです。

    低反発マットレス

    低反発ウレタンなどの素材を利用したマットレスです。
    反発とは柔らかさを表すものではなく、沈み込んだ後の戻りやすさを表しています。
    低反発マットレスは、手で押し込んで表面に沈み込ませた後、手を話してもすぐにもとの形状に戻らずへこみが維持するのが特徴です。
    また、1か所の重みがあるとその箇所のみが沈み込み、ほかの箇所に影響が少ないのも特徴です。
    ですので、体の形状にフィットしやすく背骨のS時も維持しやすいとともに、体を包み込まれるような感覚が得られます。

    しかし、一旦沈み込んだ後は戻りにくい性質のためやや表面の硬さが感じられます。
    また、体がマットレスに食い込む状態になるため、寝返りがしづらくなるため、腰痛の方にはあまりおすすめできません。

    高反発マットレス

    高反発ウレタン・綿などの素材を利用したマットレスです。
    ただし、「高反発」「低反発」の明確な定義・基準はないため、「低反発」ではなく「コイルスプリング」でもないマットレスを高反発マットレスとして表現している場合が多いようです。

    低反発と同様に柔らかさを表現するものではありません。

    低反発マットレスと比較して、沈み込んだ後の形状の戻りが早いのが特徴です。
    体の凹凸にフィットし、背骨の自然なS字を維持しやすくなっています。
    また、適度に体を押し返すことで、寝返りも打ちやすいのが特徴で、腰痛の方におすすめです。

    表面の柔らかさ:腰が浮かない程度に体が沈み込む柔らかさ

    主として体感になるため、数値で表せませんが、表面がある程度柔らかく、仰向けに寝たとき背骨のS字にしっかりフィットして、腰とマットレスの間に隙間ができないものがよいです。
    特に、腰痛の方には、腰の凹みにしっかりフィットする柔らかさのあるマットレスがおすすめです。

    表面が硬いと、1か所の沈み込みが他の箇所を引きずり込んでしまい、マットレスの表面全体が斜めになってしまいます。
    このような状況では、腰椎が前彎に対してマットレスの表面がフィットできず、腰部分が浮いてしまいます。腰部分が浮いていると、肩・お尻で腰を持ち上げる状態になるため、腰の筋肉が緊張し、腰椎に負担がかかりますので、腰痛の方にはおすすめできません。

    全体の硬さ:お尻だけ沈むことがなく、寝返りがしやすいもの

    マットレスが全体的に柔らかすぎると、お尻部分が特に深く沈み込んでしまい、体全体が「く」の字に曲がってしまいます。
    この体勢は、腰椎の自然な前彎を消失させ、腰への負担が増加するため、腰痛の方にはおすすめできません。
    また、全体に柔らかすぎるマットレスでは、寝返りがしづらくなり、血行悪化や筋肉の張りにつながってしまいます。

    マットレス全体にある程度の硬さがあり、お尻だけが沈み込むことがないものがおすすめです。

    前述の表面の柔らかさと、全体の硬さ両立したマットレスが腰痛に良いマットレスと言えます。

    厚み:8cm以上

    マットレスの厚みは、寝心地に大きく影響します。
    マットレスに一定の厚みがないと、体を横向きにしたときなど、肩や腰に床付き感が出て、局所的な血行の悪化と圧痛が出てしまいます。
    特に、体の凹凸にフィットし背骨のS字を維持できる柔らかさを実現しようとすると、必ず厚みが必要になります。
    床付き感がひどい場合、腰の浮き(横向きの場合にはくびれの浮き)ができてしまい、腰痛の方では、かえって腰痛が悪化する恐れもあります。

    腰痛の方は、少なくともでも10cm、できれば15cm以上の厚みがあるマットレスをおすすめします。

    密度:高いもの

    マットレス内に素材をどれだけ詰め込まれているかを表す指標です。一般的に密度が高い方が耐久性が高くなります。
    密度は、マットレスの柔らかさを表すものではありません。密度が高くても柔らかいマットレスもあれば、密度が低くて硬いマットレスもあります。

    密度が高いと、たくさんの素材で体を支えるため、へたりにくくなり耐久性が高くなります。
    ただし、密度が高いと通気性が悪くなりやすいため、カビ等が発生しやすくなります。

    したがって、密度の高さと通気性の高さを両立したマットレスが、良いマットレスと言えます。

    通気性:良いもの

    マットレスは、布団とは異なり通常はある程度の期間、設置しっぱなしになります。そのため、換気しずらくカビなどが発生しやすい状況になってしまいます。

    特にウレタン素材を利用したマットレスでは、通気性が悪くなりがちですので、購入時には特に通気性の良いマットレスを選ぶのがおすすめです。

    一般的には低反発マットレスよりも高反発マットレスの方が通気性はよいようです

    反発力:100N以上のもの

    押し込んだ後の反発しやすさ(戻りやすさ)を表します。
    一般的には単位を「N」(ニュートン)で表し、数値が低いと低反発、高いと高反発となります。
    あえて「低反発マットレス」と「高反発マットレス」を分けるとすると、反発力100Nあたりが、「低反発」と「高反発」の分かれ目かと思います。

    数値が高ければよいとか低ければよいということはなく、体に合った強さがベストですが、「高反発マットレス」の項目で説明したように、ある程度の高反発であることで、寝返りが打ちやすくなりますので、腰痛の方には、少なくとも反発力100N以上のマットレスをおすすめします。

    重量:重すぎず、定期的に立てかけて乾燥させられるもの

    重量が重いとマットレスを立てかけたり、向きを変えにくくなります。

    通常はマットレスは設置しっぱなしですので、あまり重量を気にしません。また、重量が使用感に直接影響することはありません。

    しかし、本来マットレスは定期的に立てかけて乾燥させたり、向きを変えて体重がかかる場所を分散させることで、マットレスを長持ちさせることができます。重量が重いとこれらのメンテナンスがしずらい、またはできなくなってしまいます。

    長く使えるようにするために、重量が軽いものをおすすめします。特に腰痛の方は重量の重いものを持ち上げたり移動することで腰痛を悪化させることも懸念されますので、要注意です。

    ただし、重量を軽くすると密度も少なくなりがちですので、できる限り両立しているマットレスを探しましょう。

    音:寝返り時に異音が鳴らない

    寝返りを打った時に音が出て気になるものはやめておきましょう。
    低反発・高反発マットレスはほとんど音がでませんが、コイルスプリングタイプやウォーターベッドなどは音が気になる場合がありますので注意して下さい。

    折り目:使い方に応じて

    マットレスは、一般的に1枚物と3枚物があります。1枚物は折り目がなく、単純に全体が1つのマットレスになっているものです。一方3枚物は、3枚の小さめのマットレスをくっつけて1枚にしているものです。

    3枚物は3つに折りたたむことができ、持ち運びや収納がしやすくなっています。

    1枚物は折りたたむことができませんが、折り目がないためどの位置に寝ても折り目を気にする必要がありません。

    生産国:気にする必要なし

    生産国による優劣は現在ではあまりみられません。
    もともとベッドの文化があるヨーロッパのメーカーが先行していましたが、現在は日本企業も日本人に合ったマットレスを作り始めていますので、生産国については気にする必要はありません。

    腰痛によいマットレスを選ぶポイントのまとめ

    以上、腰痛の方におすすめするマットレスを選ぶポイントをご説明してきました。

    まとめると以下になります。

    腰痛の方におすすめするマットレスを選ぶポイント

    1. 種類:寝返りが打ちやすい高反発マットレス
    2. 表面の柔らかさ:腰が浮かない程度に体が沈み込む柔らかさ
    3. 全体の硬さ:お尻だけ沈むことがなく、寝返りがしやすいもの
    4. 厚み:8cm以上
    5. 密度と通気性:密度と通気性を両立した耐久性の高いもの
    6. 反発力:100N以上のもの
    7. 重量:重すぎず、定期的に立てかけて乾燥させられるもの
    8. 音:寝返り時に異音が鳴らない
    9. 生産国:気にする必要なし

    腰痛に良い、腰痛に効くマットレスとは、ご自身の腰痛の原因にマッチした対策がとれるマットレスです。

    しかし、自分の腰痛の原因を完璧にとらえることは簡単な事ではありません。

    上記のポイントを踏まえてマットレスを選ぶことで、より腰痛を軽減させるマットレスを見つけていただければと思います。

    高反発・低反発マットレスの特徴と選ぶポイント

    高反発マットレスの特徴

    高反発マットレスは低反発マットレスに比べて少し硬めに作られています。

    何故かと言うと腰や肩などに集中して掛かる力を分散してくれる効果があるので腰や肩だけに負担が集中しないということです。

    分散されると睡眠効果もあがりますので起床時に疲れが残らないのです。

    ただ硬ければ良いという訳ではありません、高反発マットレスは睡眠時の姿勢を理想の状態を保ち眠れる事ができるので腰痛や肩こりを改善できると思います。

    低反発マットレスの特徴

    低反発マットレスは柔らかく作られていることから寝る時に沈む状態になります。

    なので、寝るまでは身体を包み込む感じになって、気持ちよく眠れることです。

    ですが腰痛や肩こりなどの改善効果としては別問題です。

    寝返りは適度の回数が必要となります、平均で約20回とされています。

    柔らかすぎると寝返りをするときに力が入り疲れなどによって回数が減り、睡眠を妨げてしまうことになり、朝起きた時に疲れや、だるさが残るかも知れないということです。

    耐久性

    寝るときの環境、使用者によって違いがありますが、平均的に10年前後と言われています。

    高反発マットレスは価格も少し高めに設定されていますが理由があります。

    何故なら、各社が少しでも長く使えるようにと研究を重ね、特殊な材料で作られている為です。

    通気性

    人によっても違いがありますが、寝ている時にも汗をかいています。

    そこで、高反発マットレスは通気性にも高い評価を得ています。

    高反発マットレスは年中、形を維持しているので湿気や暑さ、寒さなどによって左右されず通気の良い状態を保っています。

    高反発マットレスの洗濯

    高反発マットレスは洗濯できる素材が使われています。

    夏などは特に汗をかきやすいので洗えると大変に便利だと思います。

    小さいお子さんにも安心して使用できます。

    しかし、お買い求める商品のマットレスが洗濯できるかは確認してください。

    高反発マットレスも各メーカーによっては素材の違いがある為です。

    高反発マットレスの復元する力

    長く使用していくと癖や形の変形などが生じたりします、これはどのマットレスでもあることです。

    しかし、高反発マットレスには元の状態に戻そうとする力が優れています。

    値段が高いというのもありますが、それだけ特殊の素材を使っています。

    高反発マットレスでのお試し体験など

    高反発マットレスには店舗によりますが実際に横になり、硬さなど自分に合っているかなど試す事ができます。

    できるならば体験してください。

    実際に使ってみると寝心地が悪い、身体に合わないなどの不満が出るかもしれません。

    その時には、返品保証期間が付いている高反発マットレスもありますので安心して使用できることです。

    高反発マットレスの価格

    一言で高反発マットレスと言っても各メーカーで、価格の違いがあります。

    価格の違いにはそれなりに理由があると思いますので自分が本当に求めている商品をじっくり検討しながら価格の違いを見比べることが大切なことだと思います。

    長く使用でき、痛みなどを改善できると思えば、それだけの価値があると思います。

    低反発と高反発。どちらのマットレスが腰痛におすすめ?

    選ぶ

    1日の3分の1を過ごす場所、それは言うまでもなくベッドの上です。

    明日の朝また気持ちのよい一日を迎えられるように、また、日々の健康維持のために、快適な睡眠がどれほど大切かみなさんご存知だと思います。

    では快適な睡眠とマットレスの関係を意識されていますか。

    腰痛に悩まされている方の中で、マットレスが合わないという理由により苦しんでいらっしゃる方が意外に多いようです。

    マットレスにも様々な種類のものがありますが、よく耳にするのが「反発」。

    高反発マットレス、低反発マットレス。

    みなさんはどちらのマットレスがお好みですか?

    低反発?高反発?

    「低反発」というと某有名メーカーのマットレスを思い浮かべる方が多いかもしれないですね。

    手のひらを押し付けるとそのかたちのまま沈み込み、また別のシーンでは横たわっていた体の跡がマットレスに残っていて、それがゆっくりと復元する。

    ベッドに寝転んだ瞬間、一日の疲れをすべて包み込んでくれるようなソフトな感覚に、何とも言えない開放感を味わうことができるでしょう。

    「高反発」というと、一般的に硬いマットレスをイメージされるかと思います。

    コイルやスプリングマットレスが後になって「高反発」と言われるようになった

    しかし、そもそもこの「反発」ということば。

    「低反発」商品をよく耳にするようになった当初に、「高反発」という言葉を同じように頻繁に聞くことがあったでしょうか。

    実のところ、「高反発」というのは、「低反発」というものの逆の名称として後から作ったもののようです。

    もともと商品として長いこと使用されていたコイルやスプリングマットレスが、後になって「高反発」と言われるようになったわけです。

    どちらのマットレスが腰痛におすすめ?

    さて、まったく違う感触のこの反発する(相対する)マットレス。

    腰痛の方にはどちらのものがお勧めなのでしょうか。

    イメージ的には、辛い腰痛であれば柔らかくて包み込み感のある低反発に優しく痛みを癒して欲しい気持ちになりそうです。

    が、実際のところ、仰向けに寝転んだ際おしりの部分が沈み込むために、腰の部分により負担がかかるということもあるようです。

    一方の高反発ですが、低反発に比べて沈み込みが少ない為に腰に隙間ができてより負担が大きくなるように感じますが、体の圧力を全体に分散させることが出来るために腰への負担が軽減される、と一般的には結論付けているようです。

    寝心地は個人によって大きく差がある

    マットレスが体へ反発する作用というのには、これほど違いがあるものなのですね。

    基本に戻りますが、寝心地は個人によって大きく差があります。

    仕事、家庭環境、これまでの生活習慣などなど、好みを左右する要素が多種多様にあるわけですから、好みも違って当然なわけです。

    ある説によれば、多少の腰痛は我慢してソフトなマットレスを選ぶのか、それとも、柔らかな感触よりも腰痛改善を選ぶのか、それは個人の好みの問題だともあります。

    さらには、「高品質なものほど良い。
    価格によって選ぶべきだ」、という説や、「価格は関係ない。
    好みの問題だ」などど、二つの異なる意見がまさに反発しあっています。

    反発という観点からどのようなマットレスがより適している?

    それでは、腰痛に悩まされている方がマットレスを選ぶ際、反発という観点からどのようなものがより適していると言えるのでしょうか。

    睡眠により腰痛を緩和したいのであれば、やはり体圧分散に優れた高反発マットレスがお勧めということになります。

    実際に店内で試してみて、納得のいくまで試してみましょう。

    毎日8時間もの時間をそこで費やすということを考え、じっくりと選んでください。

    店内で心地よいと思ったけれど、この短時間で感じた心地よさを自宅でも同じように感じられるのか、何より腰痛は改善されるのか。

    そんなご心配のある方は、マットレスを一定期間使用し、気に入らないようなら交換できるシステムのあるメーカーがお勧めです。

    ただし、注意しなければならないのは、交換条件が「マットレスの不具合、つまり、不良品である場合」という条件のものです。

    使い心地を試してみたい方は、条件をしっかりご確認されるとよいでしょう。

    こんな人にはボンネルコイルマットレスがおすすめ

    腰痛 マットレス ボンネルコイル

    多くの方が、腰痛対策の為のマットレスを選ぶ際に、素材やコイルのタイプなどで悩まれると思います。

    特にマットレス選びで悩むのは、ポケットコイルかボンネルコイルのどちらかです。

    よく、インターネット上の情報や高いマットレスの紹介文でボンネルコイルよりポケットコイルが良いと言われてます。

    しかし、ボンネルコイルだって腰痛対策になります。

    ポケットコイルマットレスとボンネルコイルマットレスの違い

    そもそも、マットレスには自分の身体に合う合わないがあります。

    ポケットコイルのマットレスが合う人もいれば、ボンネルコイルの方が身体に合い、腰痛になり難いひともいます。

    そこで、ボンネルコイルとポケットコイルの違いを説明します。

    ポケットコイルは、1個のコイルが1つのユニットになっています。

    また、コイル自体の材質や設計を変えることでコイルの硬さやストロークが変更出来ます。

    さらに、コイル自体が独立しているため、妨錆加工をし易く、通気性の良い構造に仕上げることができます。

    そのため、マットレスの耐久性も高いです。

    その一方、ボンネルコイルは各コイルが連結されており、複数のコイルを連結した物が1つのユニットになっています。

    マットレスにボンネルコイルを使用する場合、約210本程の数が使用されています。

    ポケットコイルの場合は、約500個のコイルが使用されています。

    ポケットコイルマットレスが必ずしも腰痛にいいとは限らない

    この構造から考えると、ポケットコイルを使用したマットレスの方が腰痛に効果的だと考えるかもしれません。

    しかし、マットレスの硬さや横になった際の感覚の好みは、人それぞれで異なります。

    腰痛自体は、肉体疲労だけでなく、ストレスも影響します。

    自分に合わないマットレスを使用することで、就寝時にストレスがかかり、腰痛になることもあります。

    畳に寝る感覚が良い人にはボンネルコイルマットレスがおすすめ

    ボンネルコイルのマットレスをオススメしたいのは、畳に寝るような感覚が良いという方です。

    特に、体格が良く、体重もある方は、ポケットコイルのマットレスの場合だとマットレス自体が沈みやすく、マットレス表面の凹凸が多く発生する可能性があります。

    このような場合は、腰痛だけでなく、全身に不具合が発生してしまいます。

    しかし、ボンネルコイルのマットレスは、内部構造が連結されているため、コイル全体の剛性が高いため、荷重が一点に集中しても、マットレスが全体的に沈みます。

    そのため、凹凸が発生し難いため、腰痛になり難いといったメリットがあります。

    ボンネルコイルマットレスのデメリットは横揺れに弱い点

    しかし、デメリットとしてはコイルが連結されているため、横揺れに弱い点があります。

    しかし、価格も安く購入でき、自分の身体に合ってさえいれば、デメリットは感じないと思います。

    また、価格が安いことはマットレス自体がへたり、腰痛に鳴り始めた場合は、躊躇することなく買い替え出来るものと考えます。

    ボンネルコイルマットレスは定期的な交換がおすすめ

    高価なポケットコイルのマットレスがへたっているのにも関わらず、買い替えずにいれば日々腰痛は悪化し、慢性化してしまいます。

    確かに、高くて品質の良い物は良いかもしれませんが、使い方や間違った節約の考え方で身体を悪くしてしまうことがあります。

    特に、マットレスは1日の生活において約8時間以上も過ごす場所です。

    この場所に費やす費用を削減するのは、非常に問題があると考えます。

    腰痛が慢性化して整形外科や整体に通う費用は非常に家計を圧迫します。

    ボンネルコイルを使用したマットレスで腰痛が改善される方は、定期的にマットレスの更新をオススメします。

    ボンネルコイルのまとめ

    筆者自身、出費を節約するため様々なことを行っています。

    過去には、布団やベット、そしてマットレスにまでも節約を行いました。

    しかし、睡眠に関わるものを節約したことで、酷い腰痛や不眠症になってしまったりと苦労した経験があります。

    現在では、定期的にボンネルコイルを使用しているマットレスを交換するようにして、腰痛予防に心掛けています。

    原因不明の腰痛に悩まれている方は、先ずはマットレスを原因と疑うべきだと思います。

    睡眠中のストレスは知らないうちに、身体にダメージを蓄積します。

    妊婦さんの腰痛によいマットレスの選び方

    腰痛 妊婦

    妊娠してお腹が大きくなるにつれて出てくる体の悩み、必ず上位に挙がってくるのが腰痛です。

    腰痛で夜なかなか寝付けない、朝起きたとき腰痛がひどくなっているといった日々をお過ごしの方も多いのではないでしょうか?
    そんな腰痛にお悩みの妊婦さんに、腰痛を和らげるマットレスを紹介したいと思います。

    妊婦さんが腰痛になってしまう2つの原因

    まずは、妊婦さんが腰痛になってしまう2つの原因を説明します。

    1つ目は、妊娠3ヶ月頃から、妊婦さんの体内で “リラキシン”というホルモンが分泌されることによって引き起こされます。

    このリラキシンは、赤ちゃんが産まれてくるときにお母さんの狭い狭い産道を通れるように、お母さんの関節や靭帯を緩める作用があります。

    そのため、緩んだ骨盤などを支えようと背中や腰の筋肉を使うようになり腰痛になってしまいます。

    2つ目は、お腹が大きくなることで姿勢が変化することで引き起こされます。

    お腹が大きくなると、重心が前へ前へと移ってしまい骨盤や腰椎が前方に偏ってしまいます。

    それを腰や背中の筋肉で継続的に支えようとするので腰痛になってしまいます。

    マットレスで体圧分散できれば妊婦さんの腰痛を和らげられる

    このように引き起こされる腰痛を和らげるには、負担がかかっている背中や腰の筋肉を休めてあげることが必要です。

    そこで重要になってくるのが、寝ているときに背中や腰の筋肉をしっかり休めてあげられているかです。

    お腹の大きい妊婦さんは、うつ伏せや仰向けで寝ると苦しく、その上妊娠前より寝返りが打ちづらいことから、マットレスによってはうまく体にかかる圧力を分散させられず、腰に負担をかけてしまうことがあります。

    妊婦さんにはどんなマットレスがおすすめ?

    では、どのようなマットレスを選べばいいのでしょうか。

    マットレスには大まかに、低反発マットレスと高反発マットレスがあります。

    低反発マットレスも高反発マットレスも体にかかる圧力を分散させる体圧分散に優れているのは同じです。

    じゃあ実際どう違うの?ということで、2つの違いを簡単に説明します。

    低反発マットレスは、体を包み込むような気持ちよい寝心地ですが、衝撃を吸収する素材なので寝返りを打ちづらいです。

    高反発マットレスは、反発力が高いので押し返す力が強く寝返りが打ちやすいですが、寝心地としては少し硬めです。

    妊婦さんには高反発マットレスがおすすめ

    妊婦さんにはどちらが合っているのかというと、高反発マットレスです。

    妊婦さんに限らず、高反発マットレスは腰痛に悩んでいる人におすすめします。

    妊婦さんのマットレス選びで重要になってくるのは、体にかかる圧力をしっかりと分散でき、寝返りしやすいことで、背中や腰の筋肉を休めて血流を妨げないことです。

    また、妊婦さん用に高反発マットレスがさらに改良されたマットレスも販売されています。

    妊婦さん用のマットレスは、高反発ですが腰がくる位置が少しやわらかめになっており、大きく重くなったお腹が少し沈むことで、さらに体にかかる圧力を分散させることができ、寝返りが打ちやすくなっています。

    なので、睡眠中に背中や腰の筋肉をゆっくりと休ませることができ、腰痛を和らげることができます。

    こういった妊婦さん用のマットレスは、産婦人科でも使用されていて産婦人科医のお墨付きです。

    妊婦さんの腰痛によいマットレスまとめ

    今回紹介した内容をまとめると、妊婦さんの腰痛は背中や腰の筋肉への負担からくるものであり、高反発マットレス(妊婦さん用高反発マットレス)を使用して、筋肉を休めてあげることで腰痛とお別れすることができます。

    妊娠初期はつわりで体調が優れず、やっと落ち着いてきた頃にはお腹が大きくなり腰痛に悩まされ…と何かと体に負担がかかる妊婦さん。

    妊娠後期から出産までは本当にあっという間です。
    マットレスを変えて腰痛を和らげることでストレスを減らせたら、妊娠後期から出産までのあとわずかな時間を、赤ちゃんのことをゆっくり考える心と身体の余裕をもって過ごせるのではないでしょうか。

    イオンのおすすめ腰痛マットレス

    イオン

    日本でもベットで就寝される方が増えていますが、依然として畳や床にマットレスと布団を敷き就寝スタイルは未だに多いと思います。

    しかし、マットレスのフィーリングが合わなかったり、ヘタったりする事で腰痛に悩まされることがあると思います。

    そこで、多くの方がコストパフォーマンスの良い腰痛対策用のマットレスの購入を検討する筈です。

    今回は、イオンが販売するマットレスにについて、説明したいと思います。

    イオンのマットレスは独自の設計

    イオンと言えば、今や日本を代表する大手流通グループ企業です。

    イオングループは、国内外を合わせ260余社で構成されており、プライベートブランドを展開しています。

    イオンのプライベートブランド『トップバリュー』には、寝具もラインナップされています。

    特に、マットレスには独自の設計が施されています。

    イオン一押しは『ボディバランスマットレス』

    イオン一押しのマットレスは、『ボディバランスマットレス』という商品です。

    このマットレスは、ポケットコイルやボンネルコイルなど一切使用しておらず、ウレタン素材だけです。

    そのため、折り畳みが可能なマットレスになっています。

    ウレタン製と聞くと耐久性や腰痛予防の面で不安に思う方がいると思います。

    しかし、イオンのマットレスはウレタン製でありながら、クッション性に優れ、耐久性も高い設計になっています。

    クッション性が高いということや耐久性が高いと言うことは、腰痛予防に非常に重要な要素です。

    『ボディバランスマットレス』はウレタン4層構造

    『ボディバランスマットレス』は、他のマットレスで見られないウレタン4層構造になっています。

    そして、マットレスを3つのエリアに分割し、エリア毎に異なるウレタン素材を使用しています。

    また、ウレタン表面にプロファイル(凹凸)加工を施すことで、マットレス表面に荷重が加わった際にマットレス表面が受ける圧力を分散します。

    そのため、身体にかかる負荷が軽減され、腰痛予防の効果が得られます。

    マットレスの硬さを選択することが可能

    また、このマットレスは硬さを選択することが可能です。

    先ず、『かため』は頭部が120N、腰部が170Nとなっています。

    また、『ふつう』は頭部が95N、腰部が135Nと自分の好みで選ぶことが可能です。

    こだわり設計かつ折り畳みが出来る上、価格も29800円とお手頃価格です。

    腰痛予防用マットレスとして、コストパフォーマンスは非常にいいと思います。

    次に、イオンがオススメしているのが『敷ふとん兼用マットレス』です。

    こちらの商品もウレタン製でありながら、3ゾーンにマットレスを分け、各エリアに使用するマットレスはプロファイル構造になっています。

    そのため、腰部をしっかり支えることができ、腰痛になり難いといったメリットがあります。

    価格もお手頃

    価格も非常にお手頃でシングルサイズなら18334円で購入出来てしまいます。

    ダブルサイズでも、27593円と価格的な魅力が非常に高いです。

    そして、イオンのマットレスを購入する上で一番オススメなのが、実店舗でマットレスを体感できるということです。

    イオンモールやジャスコで展示されており、実際に横になることが出来ます。

    しかも、専門店とは異なり、一般消費者が周囲の目を気にしなくていいといったところが最大のメリットです。

    寝具専門店などで腰痛予防用マットレスを見に行った際、店員から押しの強いセールスを受けることがあります。

    しかし、イオンの場合はそのようなことは一切気にしなくて良いところが魅力的です。

    さらに、店舗で体感した後、購入しようと思っても在庫や持ち帰り手段を気にします。

    しかし、イオンの場合は、ネットでも購入できるため、気兼ねなく購入することが可能です。

    価格や実際に体験確認する面でイオンのマットレスはオススメです。

    イオンのおすすめ腰痛マットレスまとめ

    筆者自身、ジャスコやイオンモールに行った際は、寝具コーナーでマットレスや枕などを実際に体感しています。

    体感するのは、タダですから気に入ったら購入するといたスタンスです。

    そのような人に対しても、店員の対応は非常に良く、安心感があると思います。

    実際のところ、イオンのマットレスを腰痛対策用として、次回購入する事を検討中です。

    高反発マットレス「モットン」の詳細

    高反発マットレス「モットン」

    モットン

    腰痛があると、1日の始まりから、辛いですよね、朝、起き上がる事自体が、とても辛いという、経験がある方も多いはずです。

    腰痛があると、日常生活を、快適に過ごせないことが、たくさんあります。

    どうにかして、腰痛を改善できないだろうかと、お考えの方に必見です!嘘のような話ですが、寝ている間に、腰痛対策が出来る!「モットン」という名の、マットレスがあります。

    詳細はこちらから

    モットンが、腰痛対策に適している理由

    腰痛対策の中で、1日の約1/3を過ごす、寝具を買い替えてみようと、思う方も、多いはずです。

    しかし、最近では、「肩こり、腰痛を、お持ちの方へ、おすすめのマットレス」などの広告で、
    寝具も、多種多様に、売り出されていうので、迷ってしまいますよね。

    柔らかすぎるマットレスだと、体の重い部分が沈み、身体が歪み、筋肉が、緊張した状態での、睡眠になり、腰痛には逆効果だったり、
    硬すぎるマットレスだと、体の同じ部分だけに、圧迫があり、負担がかかるので、腰痛には、向かなかったり、
    しかし、
    モットンは、身体全体を、均等に持ち上げ、肩から、お尻までが、真っ直ぐになるということ、
    圧迫についても、体圧分散が出来ることで、腰への負担が少なく、身体全身を支え、筋肉を、緊張からほぐす効果があります。

    これらの、効果がある、おすすめの、マットレスは、モットンだけの新感覚です。

    モットン使用者の満足度

    モットンは、腰痛があった方からの、人気が高く、すでに、10万本を突破していて、今のなお、増加し続けています。

    モットンを、使用した方からの、満足度は、なんと!94.2%という、高評価です。

    腰痛対策になっていることを、実感できている。

    同じ腰痛でお悩みの方に、おすすめしたくなる。

    という、嬉しい声が、多くあります。

    詳細はこちらから

    モットンの満足度が高い理由

    モットンを、使用した方から、高評価を得ている理由の一つは、
    もちろん、モットンのパワー。

    モットンは、寝ている間に、腰の負担を軽減させ、腰痛での悩みを改善してくれる、マットレスです。

    腰痛の改善で、必要なことは、寝ている間、無意識にしているであろう、「寝返り」が重要とされています。

    知らず知らずのうちに、日常生活の中で、関節、筋肉に大きな負担をかけています。

    負担により、身体の歪みができてしまいます。

    寝ている間に、脳が、身体の歪みを、正そうと指示をだして、自然に行われているのが「寝返り」です。

    しかし、筋力が衰えていたり、寝返りを打ちにくい、マットレスだと、
    いくら、脳が指示しても、寝返りを、うまく打ちにくく、身体の歪みは、次の日へと、持ち越され、
    日々、歪みが悪化していきます。

    湿布をはったり、整体や、病院に通っても、一時的に腰痛は改善されますが、
    次の日には、腰痛と、共に朝を迎えることになるくらい、「寝返り」は重要なのです。

    モットンは、簡単に言いますと、
    自然に寝返りを、打ちやすくできる構造になっており、不要な寝返りがなく、
    寝ている間に、自らの寝返りで、勝手に、整体をしてくれる、マットレスなのです。

    モットンが自信がある証拠

    モットンの、腰痛対策への自信はすごいですよ!
    なぜならば、
    お買い上げいただいた日から、90日間使用して、満足いただくことが、出来なければ、全額返金します。

    毎日使用しても、期限ギリギリ、90日間、使用しても、全額返金なのです。

    自信がある証拠ですよね。

    モットンの気になるお値段

    シングルサイズ:厚さ100㎜×幅970㎜×長さ1950㎜ ・59,800円
    セミダブル :厚さ100㎜×幅1200㎜×長さ1950㎜・69,800円
    ダブルサイズ:厚さ100㎜×幅1400㎜×長さ1950㎜・79,800円

    モットンの公式ホームページでは、詳しい情報や、
    嬉しいキャンペーンなどを、知ることが出来ます。

    キャンペーン中に、お買い上げすることを、おすすめします。

    なぜならば、なんと!定価から、20,000円引きになりますよ。

    しかし、少々、高額な、お買い物になりますので、納得してからのお買い上げになると思いますが、
    ずっと使うもので、1日の約1/3を、過ごすものですから、
    材質も、NASAが、開発した素材のウレタンフォームを使用し、
    日本人の体型を、徹底的にリサーチして、研究を重ね、作り上げた、
    日本人のための、マットレス、モットンです。

    高反発マットレス「モットン」まとめ

    腰痛対策を、お考えの方が、モットンの、良さを知り、実際に、モットンを、ご使用して、自然な寝返りを打ち、身体の歪みを改善することで、朝、腰の痛みを、気にせずに起きることが出来たり、長時間、椅子に座ることが出来たり、日常生活を、もっと、快適に過ごせることを、多くの腰痛でお悩みの方が、体感できるといいですね。

    詳細はこちらから

    「雲のやすらぎ敷布団」の詳細

    詳細はこちらから

    体圧分散

    毎日をアクティブに過ごそうという方でも、眠らないわけにはいきません。

    眠る時間は、人によってさまざまでしょうが、1日に7・8時間眠るとすると、人生の3分の1は眠っていることになります。

    これだけ眠るのですから、睡眠環境を良くして、グッスリと眠りたいものです。

    グッスリと眠るためには、部屋の温度や照明など、気をつけるポイントはたくさんありますが、もっとも重要なのは敷布団。

    敷布団が良くないと、寝苦しく、腰痛や肩コリを引き起こすことにもなりかねません。

    そこで、グッスリと眠るための敷布団、「雲のやすらぎ」をご紹介します。

    特長1クロスクラウド製法

    柔らかすぎる敷布団で眠ると、背骨はどうなるのか。

    やはり、曲がってしまいます。

    背骨が曲がったままの態勢で眠っていると、当然、腰を圧迫し、痛めることにもなります。

    さらに、寝返りをすることで、首や肩にも負担がかかります。

    一方、硬すぎる敷布団は、同じ場所に負担が集中的にかかりますので、床ずれ等の心配が起こります。

    しかし、この「雲のやすらぎ」は、腰や背中への負担を軽減するため、クロスクラウド製法を採用しています。

    クロスクラウド製法とは、縦の凸凹の点で眠っているカラダを支えながら、横の繊維で体圧を逃がしていくというものです。

    これによって体圧を拡散させ、安らかな眠りが実現できるのです。

    詳細はこちらから

    特長2ロレーヌダウンを使用

    この「雲のやすらぎ」は、秋冬用と春夏用のリバーシブル仕様です。

    一枚で一年中、使用できます。

    そして、秋冬面には、なんと、フランスのロレーヌ地方の羊毛、ロレーヌダウンが使用されています。

    それも、もっとも上質な背中の毛、ファイングルードウールを使用。

    このウールが快適な睡眠を導く50%前後の湿度と32℃~34℃の温度を実現するのです。

    特長3防ダニ・防菌防臭のマイティトップⅡを採用

    また、敷布団で特に気をつけたいのは、ダニ。

    ダニがアレルギーの原因の一つとして重要視されていることを思えば、快適な睡眠のためだけではなく、健康面からもダニはブロックしたいもの。

    そこで「雲のやすらぎ」では、春夏面に帝人ファイバー会社が開発した防ダニ・防菌防臭の綿、マイティトップⅡを採用。

    これはダニを寄せにくくし、細菌の増殖なども抑制する綿なのです。

    これで防ダニ・防菌防臭はOK。

    もちろん、国内工場で一つ一つ丁寧にに製造した日本製ですので、安心です。

    詳細はこちらから

    口コミで確認!

    しかし、実際はどうなのか。

    腰痛などは、ほんとうに緩和されるのか。

    気になるところです。

    これらは、口コミで確認するのが一番。

    ということで、口コミを見てみました。

    まず、腰痛などは軽減されるのか。

    感想では、効果を実感されている方が多いようです。

    「この敷布団に変えてから、持病の腰痛を感じなくなった」「以前は腰痛で朝がたいへんだったが、この敷布団を使うようになってから朝が楽だ」このような感想がありました。

    また、疲労感も軽減されるようで、「朝、起きた時の疲労感を感じなくなった」と、効果を実感されています。

    では、寝心地はどうなのか。

    この点についても、「ふわ~っとした不思議な感覚で、雲の上に寝ているようだ」とか、「ふわふわ感がすごくいい」「柔らかい肌触りが大好き」だと好評でした。

    特にリバーシブルの、17㎝の厚さに感動されているようです。

    「とにかく、おすすめの敷布団」という喜びの声が、すべてをもの語っています。

    (感想には、個人差があります)

    詳細はこちらから

    サイズは3種類

    サイズは3サイズ。

    100㎝×200㎝のシングルサイズ。

    お一人で使用するには十分です。

    しかし、さらにゆったりと眠りたいという方にはセミダブル、120㎝×200㎝がおすすめ。

    そして、お二人で使用するなら、140㎝×200㎝のダブル。

    価格は、シングルが39,800円、セミダブルが49,800円、ダブルが59,800円です。

    「雲のやすらぎ敷布団」まとめ

    朝、起きた時に、肩や腰に違和感がある。

    このようなときには敷布団が原因かもしれません。

    「雲のやすらぎ」は、睡眠中に背骨が曲がらないように工夫された、快適睡眠の敷布団です。

    この敷布団で、雲の上でふわふわと浮かんでいるような寝心地を実感しましょう。

    そして、「最近、ぐっすりと眠ることもできるし、肩コリも楽になったように感じる。スッキリ、爽快だなぁ」という朝を迎えてみませんか。

    詳細はこちらから

    「エンジェルサポートマット」の詳細

    エンジェルサポートマット

    詳細はこちらから

    妊婦さんは普通の身体の状態とは違い、大きなおなかを抱えているため常に腰に大きな負担が掛かった状態です。

    特に眠る時は寝返りを打つのもひと苦労。

    そんな妊婦さんからは「妊婦でも寝返りが打ちやすいマットレスはないの?」とか「寝ている時の腰痛をもっと軽減できたら…」といった声もよく聞かれます。

    そこでそんな妊婦さんの声に応えて開発されたマットレスが、エンジェルサポートマットという妊婦さん専用のマットレスです。

    今回はこのエンジェルサポートマットの特徴と効果について紹介していきたいと思います。

    出産を控えているので、質の良い睡眠をとりたい

    妊婦さんは出産を控えているので、質の良い睡眠をとり体調を万全に整えておく必要があります。

    ところがおなかが大きいと寝返りが打ちにくいうえに、腰に負担が掛かって腰痛に悩まされ眠れないということもしばしば。

    さらに出産後も忙しい子育てが待っています。

    そんな妊婦さんの身体のことを考えて作られたエンジェルサポートマットは、普通のマットレスとは違った構造になっています。

    一般のマットレスの場合は頭と足元の部分が普通の硬さで、おなかの部分が普通かあるいは硬めの構造になっています。

    ところがエンジェルサポートマットの場合は重いおなかの部分を柔らかく、弾力性を失わない程度に沈めこませることで、腰への負担を大幅に軽減できるような構造になっています。

    硬さ

    しかも頭の部分を少し硬めにすることで、首や肩への負担も軽減された構造になっていて、寝返りも打ちやすく質の良い睡眠が取れるようになっているのです。

    新素材のウレタンで、蒸れにくく清潔に

    特殊ウレタン

    エンジェルサポートマットは柔らかくて弾力性のある新素材のウレタンを使用し、表面を凹凸状態に加工しておなかや腰に接触する部分を少なくすることで、負担が分散されやすい構造になっています。

    またマットレスと身体の接触部分が少ないだけでなく通気性の高い素材ですので、蒸れにくく常にさらっと清潔な状態に保たれます。

    妊娠中は特に体温が高い状態で、しかも汗をかきやすいので通気性の良いエンジェルサポートマットはぜひおすすめです。

    詳細はこちらから

    出産後も使い続けることができるので経済的!

    エンジェルサポートマットは妊娠中だけでなく、マットレスのパーツを変えれば出産後にも使用し続けることができます。

    パーツの入れ替え

    マットのカバーにはファスナーがついていて、中のおなかの部分のマットのパーツを足元に取り換えれば、産後の腰痛予防や軽減にもなりますし、次の出産の時になれば再び元に戻すだけなので経済的です。

    産後もエンジェルサポートマットを使い続けることで、産後の体力回復やマタニティーブルーによる不眠にも役立ちます。

    産婦人科でも採用しているところがあります

    エンジェルサポートマットは産婦人科でも採用しているところがあり、出産を控えて入院中の妊婦さんの背中や腰への負担の軽減、そして陣痛への不安の軽減などにも役立てられています。

    また帝王切開後の腰への負担や床ずれの予防にもなるということで、産婦人科医の間でもその効果が認められています。

    産婦人科のコメント

    産婦人科の中にはアロマや音楽によって気持ちを落ち着けるリラクゼーション療法を行っているところもありますが、エンジェルサポートマットを採用している産婦人科では、妊婦さんが身体に負担の掛からない姿勢で横になることができ、腰痛の予防や軽減にも役立てられるのでリラクゼーション効果がさらに高まります。

    また出産後は産後の肥立ちのことも心配ですが、エンジェルサポートマットで眠ることで身体に無理な負担が掛からず、産後の肥立ちも良い状態でいられることが期待できます。

    「エンジェルサポートマット」のまとめ

    妊婦さんにとって睡眠時の身体への負担は相当なものです。

    しかしエンジェルサポートマットを使用することで妊娠中だけでなく、出産後の腰痛予防や体力の回復にも役立てることができます。

    出産後は子育ても忙しいので、効果的に体力回復に努める必要があります。

    妊婦さんや出産後の人の身体に合ったマットレスを使用することでぐっすりと眠れ、元気で明るいお母さんとして子供に接してあげることができるのです。

    詳細はこちらから


    スポンサーリンク

    

    免責事項

    本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

     - マットレス・敷き布団