腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

p!nto driver ドライバー専用クッションで腰痛対策!

   

p!nto driver ドライバーのためのクッション(pinto driver)ピントドライバー (Gray)

車で長距離ドライブしたい方は、腰痛になってしまう可能性があります。

なぜなら私たち人間は立っている時よりも、座っている時のほうが腰に大きな負担をかけてしまうからです。

さらに車は振動を起こしてしまうので、正しい姿勢をキープしづらくなっています。

そこで、おすすめしたいのが『p!nto driver ドライバー専用クッション』です。

このクッションは、正しい姿勢をキープしやすくなっているので、車で長距離ドライブしても腰にかかる負担を軽減できるので、詳しく紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

p!nto driver ドライバー専用クッションの特徴

本製品は車のシートと併用する事によって、正しい姿勢をキープしやすくなっているので、腰痛対策を講じる事ができます。

そこで、車で長距離ドライブをする回数が多い方のために、どのような特徴があるクッションなのか紹介するので、確認してみて下さい。

車のシートと併用

p!nto driver ドライバーのためのクッション(pinto driver)ピントドライバー (Gray)

本製品は、座面だけではなく背もたれにも密着できるようになっています。

そのため、フラットな正方形のクッションではなく、大型サイズの『L字形状』になっているクッションです。

このような形状になっているので、本製品は足の太もも・お尻・腰・背中・肩までサポートする事ができます。

ところが、肩や首に負担をかけた場合に、そのゆがみが腰に悪い影響を与えてしまう事があります。

しかし本製品は車のシートと併用するので、車のシートで首まで支える事が可能です。

S字カーブをキープ

本製品はL字形状になっているだけではなく『立体的な形状』になっています。

実際に本製品は、腰から背中にかけて、前へ押し出すような形状になっているので『S字カーブ』をキープしやすくなっているのです。

このS字カーブとは、背筋を真横から見たら『S字』のような形状になっている姿勢を指します。

S字カーブをキープできれば、腰にかかる負担を軽減できますが、フラットな形状になっているシートでは、S字カーブをキープするのは難しいのです。

そのような事を考えたら、腰にかかる負担を軽減したい方には、本製品はおすすめです。

骨盤を立てやすいクッション

腰にかかる負担を軽減するためには、骨盤を立てる事が重要になります。

なぜなら骨盤を立てて座る事ができなければ、猫背または反り腰になってしまう可能性が高いからです。

実際に猫背または反り腰になってしまったら、腰痛になりやすいので注意しなければいけません。

そこで本製品は、お尻を支える所が凹んでいるので、骨盤を立てた状態で座りやすくなっているのです。

そのため、猫背になりやすい方や、反り腰になりやすい方は本製品を利用してみる価値があります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

S字カーブのメリット

本製品を利用すれば、S字カーブをキープしやすくなっていますが、S字カーブをキープする事によって、腰にかかる負担を軽減できる理由を知らない方は多いでしょう。

そこでS字カーブをキープする事によって、腰にかかる負担を軽減できる理由を紹介するので、確認してみて下さい。

衝撃を緩和

S字カーブをキープしていれば、腰の部分が湾曲しています。

実際に腰が湾曲している事によって、腰がバネの役割を果たしてくれるので、歩いている際に地面へ着地した時の衝撃を緩和する働きがあるのです。

そのため、S字カーブをキープできなければ、歩いている際に腰にかかる負担が大きくなってしまうので、注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、ウォーキングやランニングをしている際に、腰が痛く感じてしまう方は、S字カーブになっているのか確認したほうが良いです。

正しい姿勢をキープ

S字カーブをキープできなければ、姿勢が崩れやすくなってしまいます。

特に猫背になってしまった場合には、背中が後ろのほうへ曲がってしまうので、シートの背もたれに背中を密着させたら、お尻が前のほうへズレやすくなってしまいます。

実際に、お尻が前のほうにズレた状態で座っていたら、腰に上半身の体重が加わりやすいので注意しなければいけません。

そのため、S字カーブをキープして、猫背対策を講じる事ができれば、結果的に腰痛対策にもなります。

商品情報の内容

本製品の特徴やメリットが分かってもらえた所で、次に商品情報も紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

サイズと形状

車のシートにクッションを装着させる場合には、クッションのサイズが、あなたの車のシートに合うサイズになっているのか把握する事が重要です。

そして本製品のサイズは、幅430×奥行460×高さ620mmになっています。

実際に、一般的なシートであれば、多くの車で装着する事ができるので、それほど心配する必要がありません。

ただしスポーツシートのように特殊な形状をしているシートの場合は、装着できないケースがあるので、気を付けて下さい。

カラーバリエーション

腰痛対策を講じたい方の中には、座り心地だけではなく、デザインにもこだわりたい方は多いでしょう。

実際に本製品は、2種類のカラーバリエーションが用意されていて『ブラック』と『グレー』があります。

車のシートは、ブラックとグレーが多いので、シートのカラーに合わせた物を選ぶ事ができます。

ただしブラックやグレーになっていない車のシートもあるので、統一感のあるデザインが好きな方は、自分の車のシートのカラーが、ブラックまたはグレーに合うのか把握したほうが良いです。

コストパフォーマンス

本製品は腰痛対策を講じる事ができますが、注意しなければいけないポイントとして『コストパフォーマンス』が挙げられます。

実際に、本製品は、楽天市場では送料無料ですが、税込価格19,980円もするのです(2018年1月4日時点)。

実は、日本で販売されているクッションの中には、1,000円前後で販売されている商品があります。

そのため、本製品はコストパフォーマンスが低いように感じてしまうかもしれませんが、足の太ももから肩までサポートできるクッションは、それほど多くありません。

そのため、値段よりサポート性能を重視している方であれば、本製品は利用してみる価値があります。

利用者たちの口コミ

本製品は正しい姿勢をキープしやすくなっていますが、あまりにも値段が高くなっているので、購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、このクッションを購入するべきか、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品は立体的な構造になっている事もあって、身体にクッションがフィットする所を満足している方がいました。

実際に身体がクッションにフィットすれば、クッションにホールドされるので、姿勢を安定させる事ができます。

そのため、車の振動によって姿勢が崩れやすい方は本製品を利用してみる価値があります。

そして本製品を1年ほど利用していても、クッションがへたらなくて、満足している方もいました。

ただし利用方法や体重によって、状況は変わる可能性があるので、注意する必要はあります。

悪い口コミ

本製品を利用している方で、背もたれが小さく感じてしまって、不満を抱いている方がいました。

この方は身長が173cmだったので、それほど背が高くない方でも、本製品が身体に合わないケースもあり得るので注意して下さい。

そして本製品を1時間ほど利用していたら、肩こりに悩まされてしまうケースもありました。

実際に本製品は立体構造になっているので、その形状が身体に合わない可能性もあるので、注意する必要があります。

まとめ

本製品は立体構造になっているので、車で長距離ドライブしても、あまり腰に負担をかけないで運転する事ができるのです。

ただし本製品のカラーが、車のシートに合わない場合もあるので、注意する必要があります。

そのような注意すべきポイントはありますが、足の太ももから肩までサポートできるクッションは多くないので、腰痛の方は本製品を検討してみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション