腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛に効く寝方って、どんなものがあるんでしょう

      2016/10/23

【雲のやすらぎ】肩こり腰痛でお悩みの方へ★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団

腰痛は辛いものです、特にぎっくりなどの急激な腰の痛みの場合、寝ること自体がままならなくなることもあります。

一体どういう寝方をすれば少しは楽なのか、またどういう寝方をすれば起きた時に少しでも腰痛が減ってくれるのか、腰に痛みのある方なら解決したい問題ですね。

勿論腰痛の種類によって、もしくは個人の身体つきによって違いはありますが、それでも共通するものから述べていきましょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

寝ること自体に痛にのある腰痛、どうすれば

立っている時はあまり感じないけれど、横になるとミシミシと言う感じで腰が痛む場合です。

こういった場合はまず少しでも楽な姿勢を探しましょう、寝たら固まってしまったような感じの場合は、とりあえず腰のあたりを優しく撫でるようにマッサージをして(強く揉んではいけません)、動けるようにしてから楽になれるような態勢を探します。

仰向けに寝て痛い場合は、横向きやうつ伏せなど試してみましょう。

ほんのちょっとでも楽になれる姿勢を探すことが、第一です。

とは言っても、楽な姿勢がそのまま「良い寝方」とは限りませんので、そちらにも注意は必要です。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

仰向けに寝ていれば楽な場合

仰向けに寝ていれば楽なのに、横向きになると痛い。

もしくは寝返りを打とうとすると痛む、痛むのが怖くて寝返りが出来ない。

腰の痛みだけでなく、身体に痛みがある場合に起こりがちな症状です。

寝返りが出来ずに寝不足になってしまう、一番嫌な状況ですね。

この場合は大体、寝返りを打とうとして痛くて目が覚めますので、そこで慌てずに手などを使って姿勢を変えてあげます。

と言うのも、良い睡眠には寝返りが不可欠だからです、寝返りできない場合の睡眠はどうしても浅くなります。

痛いので寝返りを打たずにいる方が、身体には良くないのでこういった場合は、何とか姿勢を変えてあげましょう、身体が満足したら元の仰向けに戻して改めて眠ったほうが効果的な睡眠がとれます。

横向きが楽な場合

横向きに寝ていれば楽だと言う場合、まっすぐな身体をそのまま横に向けている人は、まずいないと言えます。

胎児の姿勢のように、身体を丸くして寝ている方が殆どでしょう。

勿論痛みなく眠れると言うのは大事なことですが、この姿勢の場合呼吸が浅くなりますので、睡眠の質が落ちてしまうことも事実です。

また腰の部分や背中の部分は伸びているのに、身体の前面は縮んでしまっていますので、所謂猫背の姿勢で寝ていることになります。

一時的には楽なような気がしますが、この姿勢を少なくとも数時間維持してしまうのですから、起きた時に腰が曲がってしまっていることにもなりかねません。

と言うことは骨盤が前傾してしまって背骨も歪んでしまう可能性があると言うことです。

腰痛を少しでも楽にしようと取った姿勢が、後々の腰痛をひどくする可能性がありますので、この寝方は要注意です。

寝る時にちょっと辛くても、入眠時だけでも仰向けの所謂いい姿勢でゆるゆる痛みを取るようにしてみてください。

うつ伏せなら楽な場合

うつ伏せに寝ていると腰に負担がかかりませんので、かなり楽な気がする人も多いでしょう。

ただしこの寝方の最大の問題は、呼吸の苦しさと、呼吸しようとして顔を横に向けた結果の首のねじれです。

これらに注意しないと、結果首の障害を引き起こすこともありますので、注意が必要です。

特注のベッドなどで、うつ伏せになると顔の部分に穴が開いていてすっぽりはまる、と言うのもありますがこれまた顔が固定されますのであまりおすすめは出来ません。

寝た時にうつ伏せになって、ちょっと痛みが楽になったらゆっくりと仰向けに姿勢を変えて入眠するようにした方が、結果的にはよろしいでしょう。

仰向けが辛い人の場合、タオルをグルグル巻いて腰の下にあてがえば支えになりますので、少しは楽になるでしょうからお試しください。

まとめ

普通あまり気にしない寝返りと言う行動は、実はよい睡眠をとるのに必須の動きなのです。

腰痛がある場合、何より怖いのがこの寝返りが打てなくなると言うことです、もしくは楽な姿勢に固執して寝返りを打たなくなると言うことです。

どちらも何が怖いかと言えば、後々の身体の姿勢や腰痛に関わってくることと、勿論睡眠の質の低下にも関わってくると言うことです。

痛む腰をかばいながら寝ると言うのは、腰痛の経験の無い人には解らない苦しみです、少しでも腰痛の緩和と睡眠の質の向上が目指せますように。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 全件, 腰痛全般