ランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!

このサイトはランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズなどランニンググッズに関する情報提供を行っています。

*

ランニングタイツの手入れで気をつけることは?失敗しないための注意点6選

   

ランニングタイツは、適度に足を締めつけることで、疲労の軽減や怪我の防止ができる便利なアイテムです。

ただし、その効果を長く持続させるためには、手入れの方法に注意しなければなりません。

間違った手入れをしていると劣化が早まるため、その優れた性能をうまく発揮できなくなります。

では、手入れをするときの注意点について、詳しく説明していきましょう。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

使用後に長く放置しない

ランニングタイツの手入れをするときは、使い終わったものをいつまでも放置したりせず、なるべく早く洗うことをおすすめします。

これは、雑菌が多量に繁殖することを防ぐための注意点になります。

雑菌の繁殖は、湿度の高い環境で活発になるものです。

そのため、汗にまみれてじっとり湿ったタイツをそのままにしていると、どんどん増えることになるのです。

汚れを無駄に増やさないためには、脱いだあとにすぐ洗濯を行ってください。

臭いを防ぐ

雑菌が繁殖したタイツは、嫌な臭いを放つようになります。

それを他の洗濯物と一緒にしておくと、臭いが移ってしまうこともあるのです。

臭いを防いで快適に使うためには、早めに洗濯することを心がけましょう。

雑菌の増加を未然に防ぐことができれば、強い臭いが発生することはありません。

カビを防ぐ

汗で湿った衣類のデメリットは、臭いだけではありません。

湿気を好むカビも、活発に繁殖を始めてしまうのです。

それを防ぐためにも、洗濯は早めにしておきましょう。

カビだらけのタイツをきれいにするより、汗や皮脂だけを落とす方が難易度は低くなります。

確実に汚れを取り除き、いつも清潔な状態にしておいてください。

水分をとばす

忙しくてすぐに洗えないようなときでも、汗まみれのタイツをただ放置するのはやめてください。

他の衣類と一緒に置いておくと、雑菌やカビの被害を広げてしまう可能性があります。

そのような失敗を避けるためには、干しておくのがおすすめです。

風通しのよい場所で干しておけば、水分をとばすことができるため、湿気が少なくなります。

それなら、すぐに洗えないようなときでも、雑菌やカビの繁殖を抑えることができるのです。

ジメジメした状態で放置するのは最もよくない方法なので、十分注意してください。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

他の洗濯物と直に接触させない

ランニングタイツを劣化させる原因としてよくあるのが、他の衣類との摩擦です。

摩擦によって生地がダメージを受けると、本来の性能が低下することになってしまいます。

それでは、筋肉や関節のサポートができません。

ランニングタイツのメリットを長く得るためには、不用意に他の衣類と接触させないようにしてください。

直に触れ合っていると、どうしても摩擦が起こりやすくなります。

洗濯機に入れるときは、摩擦によるダメージを防ぐ工夫を行いましょう。

ネットに入れる

何も対策をしないまま他の衣類に混ぜて洗うと、摩擦で劣化が進んでしまいます。

しかし、洗濯ネットに入れた状態で洗えば、余計なダメージを与える心配はありません。

ネットがしっかり守ってくれるため、摩擦を回避できるのです。

したがって、洗濯ネットを持っていない場合は、ランニングタイツを選ぶときに一緒に購入しておきましょう。

摩擦を防ぐネットがあれば、洗濯機で楽に洗うことができます。

一緒に洗うなら小さめの衣類と

摩擦のダメージを軽減するためには、大き目の衣類にも注意してください。

大きい衣類と一緒に洗うと、擦れることが多くなってしまいます。

少しでも劣化を遅らせたいなら、下着などのサイズが小さい衣類と一緒にしておきましょう。

それなら摩擦が少なくなるため、より確実に長持ちさせることができます。

手洗いするなら強く擦らない

他の衣類との摩擦を防ぐには、ランニングタイツだけを分ける方法もあります。

一緒に洗わなければ、接触して擦れることはありません。

洗面器に洗剤と水を入れ、その中で手洗いすれば、しっかりと劣化を抑えることができるのです。

強く擦らない

ランニングタイツを分けてしまえば、他の衣類との接触はなくなりますが、洗い方によっては、摩擦が発生することもあります。

手で強く擦ってしまえば、結局は同じようなダメージを与えてしまうのです。

そのため、適当な洗い方をするのはやめてください。

せっかく分けて洗うなら、よりダメージの少ない方法で洗うようにしましょう。

劣化防止なら押し洗い

手洗いで本当に劣化を防ぐためには、擦るのではなく、押して洗うのが正しい方法になります。

優しく押し洗いをすれば、ほとんどダメージを与えずに、汚れだけを落とすことができるのです。

ゴシゴシ擦った方がきれいになりそうなイメージもありますが、実際には、それほど力を入れる必要はありません。

ランニングタイツは速乾性の高い生地を使っているため、あまり力を入れなくても、汗の汚れをしっかり取り除くことができます。

表にして洗わない

洗うときの劣化も確実に抑えるためには、裏表を逆にすることも、効果的な方法のひとつです。

ランニングタイツは、表面に特殊な素材を使用しているもの多くあります。

普通に表のまま洗うと、その素材がダメージを受けやすくなってしまうのです。

それを防ぐためには、裏にしてから洗いましょう。

裏の生地なら、多少ダメージを受けてもそれほど問題はありません。

表の劣化を防いでおけば、かなり長持ちするので、洗う前にしっかり確認しておいてください。

乾燥機を使わない

ランニングタイツが劣化するのは、洗うときだけではありません。

乾かすときの方法が間違っていると、いくら丁寧に洗っても、劣化を避けられなくなってしまいます。

ダメージを与えずに手入れを終わらせるためには、絶対に乾燥機を使わないようにしてください。

乾燥機に入れて乾かすと、熱で変形してしまいます。

水分を蒸発させるなら、余計な熱を加えたりせず、自然乾燥にしておきましょう。

優れた速乾性をもつランニングタイツなら、それでも十分に乾かすことができます。

日光に当てない

自然乾燥となると、普通の洗濯物と同じように天日干しを考えてしまいますが、ランニングタイツに直射日光は厳禁です。

もろに日光が当たるときも熱くなるので、変形や性能の低下を引き起こしてしまいます。

劣化のない自然乾燥を行うためには、日光の当たらない場所を選んでください。

陰干しならノーダメージ

日光を当てずに乾かす陰干しは、熱に弱いランニングタイツにぴったりな方法です。

速乾性が高い素材なら、無理に日に当てなくても、乾くまでにそれほど時間はかかりません。

他の洗濯物とは一緒にせず、なるべく薄暗い場所を選択しておきましょう。

通気性に注意

陰干しにするときは、密閉された場所を避けるようにしてください。

いくら速乾性が高くても、空気の流れがないジメジメした場所では、うまく乾かすことができません。

乾きやすくするためには、閉め切った部屋の中などを避け、風通しのよい場所を選んでおきましょう。

きちんと空気が流れる場所で干せば、水分が蒸発しやすくなるため、すんなり乾くようになります。

まとめ

ランニングタイツを長持ちさせるなら、適当に洗ったり乾かしたりするのはNGになります。

寿命を縮めないためには、正しい方法で手入れをすることが大切です。

そのためには、ここで紹介した注意点をしっかり押さえておいてください。

避けるべきポイントを確実に避けていれば、余計なダメージを与えて劣化を早めることはありません。

正しい方法で丁寧な手入れを行い、その性能を長く持続させるようにしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://komodai.net/cw-xはどう…
https://womenshealth-jp.com/a-how-t…
https://www.running-daisuki.com/cat7…
https://runningood.com/archives/610
https://i-cleaning.jp/running-wear/
https://komodai.net/cw-x-の寿命…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングタイツ