ランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!

このサイトはランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズなどランニンググッズに関する情報提供を行っています。

*

はじめに

よくランニングやジョギングをしている人をよく見かけますよね。

その中で黒っぽいタイツを履いて走っている人を見かけたことありませんか。

このランニングタイツですが、どうしてこのようなものを履かなければいけないのでしょうか。

それにはちゃんとした必要性があります。

これからジョギングを始めようと思っている方・ランニングタイツを履かないで走っている方も、ランニングタイツの必要性を理解すると、さらに快適に走れるようになるでしょう。

ランニングタイツの効果

ランニングやジョギングは体に大きな負担がかかる

ランニングは健康にいいと言われていますが、かなりハードな運動です。

しっかりと準備運動して自分のできる範囲で楽しんでいかないと、体の具合を悪くしてしまうくらいのハードなトレーニング。

なおさら。

トレーニング中には気をつけなければいけません。

トレーニングも頑張りすぎて足を痛めてしまったり、仕事に差し支えるようになっては何の意味もありません。

できるだけ負担のかからないようにランニング・ジョギングを楽しんでいきたいものですよね。

そんなときにランニングタイツのサポートが必要です。

いろいろな側面から旦那の体をサポートしてくれる合理的なアイテムです。

ランニングタイツの効果がわかれば、その必要性もおのずと明らかになってきます。

疲労回復効果

ランニングタイツの効果の一つに疲労回復効果があります。

ぴっちりとしたタイツを履いてランニングをすると体の血流がよくなるのです。

人間の体は血液が循環しています。

ランニングタイツを履いて走ることで体中に適度に血液が行き渡ります。

タイツを装着しないで走っている場合よりも、筋肉のポンプ機能が高まり、それが疲労回復につながるわけです。

走っている時にも体に負担がかかりにくいし、走った後にも疲労回復が早いです。

ただやみくもに走っていれば、体に大きな負担がかかってしまいますが、ランニングタイツのおかげで効率的に体の回復を図ることができるわけです。

疲労回復の面からいっても、ランニングタイツの必要性は十分認められるのです。

関節などのサポート

ランニングタイツにはサポート効果があります。

特に最も痛んでしまいやすいのが膝。

膝を痛めてしまって走れなくなってしまう人もランナーにはたくさんいます。

できるだけ関節には負担をかけたくないもの。

ランニングタイツを履くことによって関節が守られます。

特に膝の痛みが軽減されます。

膝の痛い人がサポーターを装着することで痛みが軽減することがあります。

それと同じでランニング中の膝にかかる負担を軽減してくれる効果があります。

温度調整

天気が悪いからといってランニング・ジョギングの練習を休むわけにはいきませんよね。

マラソンレースでは、天気が悪くても行われることが普通です。

むしろ、悪いコンディションで練習をしておかなければ記録も狙えません。

普段から体と履かないで走っていれば、体温調節がうまくいかず、風邪をひいてしまったり、内蔵に負担をかけすぎてしまうこともあります。

ランニングタイツを装着することで温度調節が可能になります。

寒い時でも寒さを気にしないで走ることができます。

冬においては、体を温めておかないとけがをしやすくなったり、心臓など内蔵にダメージを与えてしまうことがあるので、ランニングタイツを履くというのは健康面から見ても、ものすごく大事なことなのです。

モチベーション維持にも

しかもランニングタイツは寒さを経験してくれるので、トレーニングが家になることも少なくなります。

どうしても寒くなってくると走らなくてもいいや、と思ってしまい、練習のモチベーションが劇的に下がります。

ランニングタイツを履いて寒さを和らげると、快適に走ることができて、冬の寒さによるモチベーション低下を和らげてくれます。

ランニングタイツの必要性はやる気の面でも大切なのです。

ランニングタイツの効果まとめ

疲労回復・サポート効果・体温調節効果。

ランニングタイツにはこのような効果があります。

できるだけ健康に気をつけながらランニングを楽しんでいきたいもの。

ランニングタイツの必要性をよく理解してください。

健康のために走って体を悪くしてしまっては、なんの意味もありません。

自分に合ったランニングタイツをチョイスして、快適なランニングライフを送りましょう。

さらに楽しく走れること間違いなしです。

ランニング初心者のランニングタイツの選び方

ランニング初心者だけど、ランニングタイツをはいたほうがいい、とアドバイスされた。

だけどサイズが心配。

どれくらいの感触で履けばいいのかよくわからない。

失敗したら無駄になってしまう。

どのくらいのサイズのものを選んだらいいのか。

そして、どれくらいの装着感が適切なのかを確認しましょう。

自分に合ったランニングタイツを装着することで、ストレスも小さく安全にランニングを楽しめるようになります。

選び方がよくわからないランニングタイツ

「ランニングをしたばかりで、ランニングタイツを購入したいたけど選び方がよくわからない・・・」
選び方のわかりにくいのがサイズ。

ネットでもいろいろな商品が売ってるけど、サイズが違ったら購入しても意味がなくなってしまいます。

ランニング初心者の方はこのような悩みを持って当然です。

どのサイズのランニングタイツを購入したらいいのか。

注意すべきポイントを確認しましょう。

基本的にはサイズ表通りでOK

ランニングタイツはサイズ表の通りに買えば大抵の場合問題はありません。

一般的には170cm程度の身長の方で、体重が65kgから70kgだと標準的なサイズです。

従ってMサイズを購入するのが望ましいということです。

しかしここからが問題で、人によって体系が全く違うものです。

例えばウエストが細いが、足が太いけど170cm程度。

一般的にこのような場合の方が迷ってしまうところです。

ランニング初心者の方はインターネットで購入するよりも、ショップに行って試着をしてからのほうが望ましいです。

試着をさせてくれるショップもあるので、そこで値段が高くついても構いませんので、必ず試着をしてから購入してみましょう。

メーカーによってもサイズが違う

衣類のサイズというのはメーカーによってもまちまちで、同じMサイズでもメーカーによっては緩かったりきつかったりしてしまうこともあります。

Mサイズだと思っても、他のブランドのMサイズと全く同じというわけではないので注意しましょう。

同じメーカーでも型番によって大きさが違うこともありますので、注意をしてください。

サイズに悩んだらMサイズ

自分に合ったサイズのランニングタイツを選ぶには、実際に履いてみなければわからない、というのが結論です。

しかし、購入するたびに実際に履かせてもらえるとも限りません。

Mサイズで調子がよければ、他のメーカーもMサイズを購入すれば、ほとんどの場合、選び方に問題はないでしょう。

ゆるいと効果がないけど血行が悪くなるようではきつすぎる

ランニングタイツを始めてはく人は、随分ぴっちりしてるな、と思う人も多いはずです。

それはぴっちりしていることで、血流の流れが良くなるコンプレッション効果を期待しているからです。

だから多少ぴっちりしていても、こういうものだと思ってはき続ける続けることが大事。

しばらく履いてくると使用感にも慣れてきます。

しかし余りにも不快感が強かったり、体が青ざめたり、血色が悪くなってくる、という人もいます。

このような人は、キツすぎますのでサイズをあげた方がいいでしょう。

もともとランニングタイツはぴっちりはくのが一般的な使い方です。

ぴったりしているからといって、上のサイズを購入すると逆にランニングタイツの性能を発揮することができません。

いろいろな商品を購入して試しているうちに、だんだん自分に合ったサイズの選び方が分かってくるでしょう。

ランニングタイツの選び方まとめ

ランニング初心者にとってランニングタイツ選びはうまくいかないもの。

特にわかりにくいサイズ。

試着をしたり、店員と相談したり、選び方を慎重にして自分に合ったものを購入しましょう。

最初はきついな、と思っても入っているうちに慣れるものです。

よほど不快感のない場合にはこれでOK。

自分のサイズに合ったランニングタイツを履いて充実したランニング生活を送りましょう。

公開日:
最終更新日:2016/06/10