ランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!

このサイトはランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズなどランニンググッズに関する情報提供を行っています。

*

劣化させないために!ランニングタイツを洗濯する際に注意することとは?

   

ランニングタイツは、適度に下半身を圧迫させることによって走ることを手助けするものです。

そのため、ランニングタイツが伸びて圧迫する力が弱まると、走ることを手助けしてもらえなくなってしまいます。

ランニングタイツが伸びる原因として、間違った洗濯の仕方があります。

ここでは、ランニングタイツの機能を低下させないために、洗濯する際の注意点を説明していきます。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

使った後はできるだけ早く洗濯することが大切

ランニングタイツを使った後は、できるだけ早く洗濯するようにしましょう。

使い終わった後のランニングタイツには汗や汚れがついており、そのまま長い時間放置しておくと雑菌が繁殖してしまいます。

走り終わった後に、「明日洗えばいいや」や、「明後日洗えばいいや」などと思って放置しておくと、雑菌はどんどん繁殖してしまいます。

雑菌が繁殖することで不快な臭いがするようになり、他の洗濯物に不快な臭いがついてしまうことがあります。

また、不快な臭いがすることによって、家の中が臭くなる場合もあるため、ランニングタイツを使った後はできるだけ早く洗濯するようにしてください。

長時間の放置は劣化に繋がる

気持ち良くランニングをし、汗にまみれたランニングタイツを長時間放置しておくと、ランニングタイツは傷んでしまいます。

ランニングタイツが傷むと、ランニングタイツとしての機能は低下してしまいます。

つまり、長時間放置して劣化させると、ランニングタイツとしての効果を十分に得られなくなってしまうのです。

せっかく、ランニングタイツを穿くのですから、コンプレッション効果は十分に得たいですよね?

効果を十分に得たいのなら、なるべく劣化させないことが大切であり、なるべく劣化させないようにするには、使ったらなるべく早く洗濯する必要があります。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

洗濯する場合は手洗いがおすすめ

ランニングタイツを洗濯する場合は、洗濯機よりも手洗いがおすすめです。

それはなぜかというと、手洗いの方がランニングタイツに与えるダメージが少ないからです。

ランニングタイツに与えるダメージが多いいほど傷みやすくなり、傷めば傷むほど機能は低下してしまいます。

自動で洗濯してくれる洗濯機よりも、手で洗った方が優しく洗うことができるため、手洗いの方が傷みにくくなります。

多くのメーカーさんも手洗いの方をおすすめしているので、できるだけ手洗いすることをおすすめします。

手洗いは意外と手間がかからない

「手洗いは面倒」というイメージがありますが、それほど面倒なことではありません。

洗面器などの容器に水と洗剤を入れて混ぜ、そこにランニングタイツを入れて洗い、しっかりすすぐだけです。

とても簡単で、時間もそんなにかからないため、面倒だと思わずにできるだけ手洗いするようにしましょう。

優しく洗いましょう

ランニングタイツを手洗いする際、ゴシゴシと強く擦った方が汚れが落ちそうな気がしますが、ゴシゴシと強く洗ってはいけません。

擦る力が強ければ強いほど、ランニングタイツにはダメージを与えてしまいます。

ダメージを与えると傷んでしまうので、強く擦らずに優しく丁寧に洗いましょう。

優しく丁寧に洗っても汚れを落とすことはできるので、心配いりません。

軽く押して洗うのがおすすめ

ランニングタイツを洗う場合、つい擦りたくなりますが、軽く押して洗っても汚れを落とすことはできます。

擦るよりも軽く押して洗った方がダメージは少なくなるので、傷みにくくなります。

神経質な方は擦りたくなるでしょうが、だまされたと思って試しに軽く押して洗ってみてください。

ひっくり返して洗う

洗う時、そのまま表側を洗いがちですが、洗う時は裏と表をひっくり返すことをおすすめします。

ランニングタイツの表側は特殊な素材をしようしていることが多く、裏側は肌に馴染むように作られています。

つまり、表側を重点的に洗うと、特殊な素材がダメージを受けてしまい、ランニングタイツの機能が低下してしまう可能性があるのです。

表側よりも裏側の方が生地への負担がかからず傷みにくいので、洗濯する時は表側と裏側をひっくり返すと良いでしょう。

走り終わったらひっくり返すように脱ぐと脱ぎやすく、そのまま洗うことで傷みにくくなるので、脱ぐ時はひっくり返すように脱ぐことをおすすめします。

軽く押して脱水する

洗ってしっかりすすいだら干す前に脱水しますが、軽く押して脱水することが大切です。

強く絞ったり強く押したりすると、ランニングタイツが傷んでしまいます。

軽く押す分にはそれほど負担がかからないので、傷みにくくなります。

軽く押す程度ではしっかり脱水することはできませんが、多くのランニングタイツは速乾性に優れているので、しっかり脱水しなくてもしっかり乾かすことができます。

洗濯機で洗う場合

洗濯機で洗う時に気になるのが、ランニングタイツへ擦れによるダメージです。

水流で自動で洗い、他の衣服と一緒に洗うことによって、他の衣服と擦れて生地が傷む可能性があります。

生地が傷むと機能性が低下してしまい、下半身へのサポート力は弱まってしまいます。

では、洗濯機で洗う場合どうすれば良いのかというと、ネットに入れて洗うと良いです。

ネットに入れることによって、ランニングタイツへのダメージを大きく減らすことができます。

それと、手洗い同様、ランニングタイツの表側と裏側をひっくり返して洗うようにしましょう。

ソフトな水流で柔軟剤は使わないで洗いましょう

ランニングタイツを洗濯機で洗う場合、ソフトな水流で洗うようにしてください。

ハードな水流で洗うと、どうしてもランニングタイツへの負担は大きくなってしまい、傷みやすくなってしまいます。

ですから、できるだけ優しい水流で洗うことが大切です。

そして、柔軟剤を使わないことも大切で、多くのランニングタイツは柔軟剤の使用はNGとしているので、中性洗剤だけ使用しましょう。

脱水は手で行いましょう

洗濯機で洗う場合、脱水は手で行うと良いです。

洗濯機で脱水すると、洗濯機内でグルグル回されることによって大きなダメージが加わってしまいます。

そのため、すすぎが終わったら、手洗いする時と同じように、手で軽く押して脱水するようにしましょう。

乾燥器はNG

ランニングタイツは間違った洗い方だけでなく、間違った乾かし方でも劣化してしまいます。

その間違った乾かし方とは、乾燥器を使うことです。

乾燥機を使って乾かすと、熱によってランニングタイツにダメージを与えてしまい、変形する可能性があります。

変形することでランニングタイツがダメになってしまい、穿けなくなってしまうこともあるので、乾燥器は使わないようにしましょう。

ランニングタイツは基本速乾性に優れているので、乾燥機を使わなくてもしっかり乾かすことができます。

天日干しはNG

ランニングタイツを洗い終わったら、風通しの良い日陰に干しましょう。

多くのランニングタイツには紫外線をカットする機能がついているので、天日干ししても問題ないように思えますが、天日干しすると劣化してしまいます。

劣化すると機能性は低下してしまうので、必ず風通しの良い日陰に干すようにしてください。

前述した通り、基本ランニングタイツは速乾性に優れているので、陰干しでもしっかり乾かすことができます。

風通しの良い場所で干せば、完全に乾くまでそれほど時間はかかりません。

まとめ

ランニングタイツをできるだけ傷めないようにし、できるだけ長く使うには、正しく洗濯することが大切です。

間違った洗い方をすると機能性は低下し、寿命は短くなってしまうので、ここで説明した注意点をしっかり確認するようにしましょう。

しっかり確認して注意することによって劣化しにくくなり、機能性は低下しにくくなるため、ランニングタイツとしての効果を得やすくなります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://komodai.net/cw-xはどう…
http://www.running-daisuki.com/cat7…
https://www.openbox.jp/articles/266…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングタイツ