ランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!

このサイトはランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズなどランニンググッズに関する情報提供を行っています。

*

捨てるのはちょっと待って!伸びたランニングタイツを使う方法

   

ランニングタイツを使っていると徐々に劣化していき、伸びてしまうことがあります。

特に数年使用していると伸びてしまいますが、伸びたからといって処分するのは勿体ないことです。

伸びても他の使い方があるため、伸びたことによって捨てようとしている方はちょっと待ってください。

ここでは、伸びたランニングタイツを使う方法を説明していくので、ランニングタイツをもっている方は参考にしてみてください。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

圧力がほぼない伸びたランニングタイツなら日常生活で穿ける

ランニングタイツは基本ランニングをする時に穿くものであり、日常生活で穿くものではありません。

ランニングをする時に穿けば、走ることをサポートしてもらう効果を期待することができますが、日常生活でずっと穿いていると、常に脚に圧力が加わり続けてしまい、逆に血流が悪くなってしまう可能性があります。

ですが、身体にかかる圧力がほとんどない伸びたランニングタイツなら、日常生活で穿いても問題ないでしょう。

なぜなら、健康を害するような圧力が身体に加わり続けないからです。

圧力の問題で日常生活では穿くことができないという話なら、下半身が圧迫されなければ、日常生活で穿いていても問題ないということになります。

保温効果のあるものなら寒さ対策になる

ランニングでは使えない伸びたランニングタイツは、日常生活でも使えないような気がしますが、ランニングタイツの中には保温効果があるものがあります。

保温効果のあるものであれば、冬の寒さ対策として穿くことができます。

冬の時期の寒さは厳しいもので、特に寒い地方に住んでいる方にとって寒さは天敵といえます。

保温効果が期待できるものを着用していれば、寒さを和らげることができるので、保温効果のある伸びたランニングタイツは寒い冬の時期に役立つものとなります。



私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

オシャレアイテムとして穿く

ランニングタイツの中にはオシャレなデザインのものもあり、ランニングで使えない伸びたランニングタイツをオシャレアイテムとして穿くこともできます。

オシャレに見せるのはあなた次第ですが、スカートやショートパンツなど上手にコーディネートすることでオシャレな感じにすることが可能です。

多くのランニングタイツには紫外線をカットする機能もあるので、日焼け対策にもなります。

日焼けを防ぎ、オシャレな感じになれば、とてもお得ですよね。

スポーティーな感じにするのがおすすめ

オシャレアイテムとして伸びたランニングタイツを使う場合、スポーティーな感じのコーディネートがおすすめです。

ランニングタイツは走るためのタイツなため、やはりスポーティーな感じがよく似合います。

ランニングタイツにショートパンツを穿くなどすると、違和感を覚えることなくオシャレな感じになることでしょう。

そのように伸びたランニングタイツでも、上手にコーディネートすることで、私服として穿くことができます。

スポーティーな感じにすれば気軽に走ることもできる

伸びたランニングタイツとショートパンツなどでスポーティーな格好をすれば動きやすいため、気軽に走ることもできます。

そのため、ちょっと走りたいと思った時に走ることができます。

しかし、走りにくい靴を履いていると足を痛めてしまうことがあるので、走りにくい靴を履いている時は走らない方が良いでしょう。

また、荷物が多いと、荷物が邪魔になることで走りにくくなってしまいます。

ですから、荷物が少なく走りやすい靴を履いている時だけ、ジョギングしてみても良いでしょう。

走る距離が短い時に穿く

伸びたランニングタイツは、走る距離が短い時に穿いても良いでしょう。

10km以上走る時は、機能性を発揮できる伸びていないランニングタイツを穿いた方が良いですが、3~5kmくらいしか走らないのであれば、機能が大きく低下している伸びたランニングタイツでも問題ないことは多くあります。

3kmか4kmしか走らないのに、伸びていないランニングタイツを穿くのは勿体ないです。

走る距離が少しでも、1回穿いたら洗濯する必要があります。

それは、綺麗にするために洗濯する必要があるのですが、洗濯をすると少なからずランニングタイツにダメージが加わってしまいます。

そこで、「じゃあ、洗濯しない方がいいんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、洗濯しないと汗や汚れなどにより余計劣化してしまいます。

清潔にするためにも劣化を抑えるためにも1回穿いたら洗濯する必要がありますが、少ししか走っていないのにランニングタイツに負担をかけてしまうのは勿体ないことです。

ですが、伸びているランニングタイツなら勿体なくないため、少ししか走らない場合は伸びたランニングタイツを穿いた方が良いです。

伸びているものでもメリットはある

少ししか走らない場合に伸びたランニングタイツを穿いてもメリットはあります。

伸びているので、下半身を圧迫することによる効果は期待することはできませんが、紫外線をカットする効果や保温効果などは期待することができます。

そのため、伸びているからといって穿いても意味がないということはありません。

メリットがあるのに、そのメリットを得ないことはちょっと勿体ないし、伸びたからといって処分してしまうのはもっと勿体ないです。

破けたり穴があいたりすると見た目が良くなく、裂ける可能性もあるので処分しても良いですが、穴があいていなく伸びているだけなら、ちょっとしたジョギング用として使うことをおすすめします。

切って靴の中に詰める

ここまで説明したように、伸びたランニングタイツでも使うことができますが、なかには「伸びたらいらない」という方もいることでしょう。

そういう方におすすめな使い方は、シューキーパーとして使う方法です。

シューキーパーとは、靴の形状を保ち、靴を長持ちさせるために靴の中に入れる物のことをいいます。

伸びて使わなくなったランニングタイツを切り、靴の中に詰めることによってシューキーパーのような役割をすることができます。

靴を購入する時、靴の中に詰まっている物がありますが、あれと同じような感じです。

使わなくなって処分するなら、そのように何かに使用した方がお得です。

ランニングシューズに詰める

ランニングタイツを持っている方はランニングをするため、ランニングシューズも持っていることでしょう。

そのランニングシューズに、伸びて使わないランニングタイツを切って詰めておくと良いです。

ランニングシューズは、走っている時に脚を守ったりサポートしたりしてくれるものです。

そのため、ランニングシューズはランニングに欠かせないものですが、劣化してくると機能性は低下してしまいます。

シューキーパーを入れておけば、多少長持ちさせることが可能なので、処分しようと思っているランニングタイツはランニングシューズのシューキーパーとして使うことをおすすめします。

伸びて捨てようと思っていたランニングタイツを使うことができ、ランニングシューズの型崩れ防止になるので、とてもお得ですね。

穴があいたものの補修に使う

伸びて使わないランニングタイツは、他の穴があいたランニングタイツの補修としても使うことができます。

同じランニングタイツなので、違和感なく補修として使用することができます。

他の素材で補修すると違和感を覚えやすく、機能性が大きく低下し、補修した部分が目立ってしまう場合があります。

しかし、伸びて使わないランニングタイツで補修すれば、そのようなことはありません。

まとめ

以上のように、伸びて機能性が大きく低下したランニングタイツでも使う方法は色々あります。

そのため、「このランニングタイツ、伸びて使えないな」などと思い捨てるのではなく、ここでの記事を参考にして上手に使うと良いでしょう。

他のことに使えるのに、伸びたからといってすぐに捨てるのは凄く勿体ないことなので、色々工夫して使うと良く、そうすることによって物のありがたさも感じることもできます。

参考URL・参考文献・根拠など

https://yamahack.com/1027
http://maCCoblog.net/cwx-stabilyx/

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングタイツ