ランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!

このサイトはランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズなどランニンググッズに関する情報提供を行っています。

*

横幅?縦の長さ?ランニングタイツのサイズの選び方とは

   

(シーダブリューエックス)CW-X スポーツタイツ エキスパートモデル 吸汗速乾 UVカット HXO509 BE M [メンズ]

ランニングタイツにはサイズがあります。

そしてそのサイズは、その他のたくさんの服と同じように、縦が合っていても横が合わないとか、横が合っていても縦が長すぎるとか短すぎるとか、そういうことが起こるものです。

では、ランニングタイツのサイズ感は、どのように選んでいくのが正解なのでしょうか?

ここではそんな、ランニングタイツのサイズの選び方を紹介していきます。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

ランニングタイツはウエストで選ぶ

まず結論から言うと、ランニングタイツは、ウエストで選ぶというのが正解になります。

ランニングタイツを履く理由を考えると、その理由も見えてくるでしょう。

ランニングタイツはなんのために履くのでしょうか?

その理由としてあげられるのは、足をサポートして、走りやすくするためだと言えるでしょう。

そんな風に足をサポートするために必要なのは、しっかりしたホールド力になります。

しっかりしたホールド力を出すためには、ウエストのサイズを合わせる必要があります。

ウエストの時点でゆるゆるになっているようなランニングタイツが、しっかりと足をホールドできるはずもありませんし、ウエストのあたりからも足と考えると、そこをしっかりホールドできないのは問題です。

だから、ランニングタイツを選ぶ際には、ウエストでサイズを合わせるのがおすすめなのです。

縦の長さは問題ないのか

ウエストで合わせていくと、縦の長さが問題になるものです。

でも縦の長さはある程度目をつぶっても問題ないです。

もちろん理想を言えば、縦の長さもしっかりと合っていることが良いに決まっています。

ですが、縦の長さがあっていないからといって、フィット感が大きく損なわれるということはないでしょう。

横の大きさが足りないと、ランニングタイツの意味はなくなりますが、縦の長さが合わないくらいではそうなることはあまりないのです。

すごく長さが足りないとか、20センチ30センチ余ってしまうとか、それくらいに縦のサイズ感が合わないのであれば問題になることもあるかもしれませんが、ウエストを合わせた上で、縦の長さがそれだけ合わないということはまずないでしょう。

だから、ウエストで合わせていくのが正解になります。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら

スポンサーリンク

小さ目のサイズ感に合わせる

ウエストにランニングタイツのサイズ感を合わせるといっても、そこでどのくらいのサイズ感にするべきか分からないという方もいるでしょう。

ウエストで合わせる際には、ちょっとキツいくらいの、小さ目のサイズ感で合わせるようにしていってください。

ジャストフィットくらいにしてしまうと、洗濯をしているうちに伸びてしまったりしますし、せっかくのフィット感もあまり活かせなくなります。

ランニングタイツは、決して安いものではありません。

もちろん、とんでもなく高い買い物だから絶対に失敗できないというわけではありませんし、失敗したら買い直すことだって出来るでしょう。

ですが、安くはないので、失敗しないに越したことはありません。

もし、買ってすぐにゆるゆるになってしまったらそれは間違いなく失敗です。

買ったのにあまり効果を感じる事ができないというのであれば、それも同じく失敗だと言えるでしょう。

だからそうならないように、小さ目のサイズ感のランニングタイツを買うのです。

小さ目のサイズ感であれば、多少伸びてきてフィットがゆるくなってきても、それでもまだしっかりと足をホールドしてくれるでしょう。

また、もともとしっかりとフィット感もあるので、そのランニングタイツの効果も感じやすいと言えます。

それを選ぶのに越したことはないのです。

ただしきつすぎるのはダメ

ただ一つ言えるのは、きつすぎるのはだめだという事です。

ランニングタイツは小さ目の選ぶべきとはいっても、明らかにしめつけすぎのようなサイズ感の物では、走っている途中で足が痛くなってしまう可能性が高くなります。

足が痛くなったら、そもそも走ることすらも嫌になってしまうでしょう。

走ることを楽にして、もっと沢山走れるようにするためにかったランニングタイツで、走ることが嫌になってしまったら本末転倒です。

ランニングタイツを買った意味もなくなってしまうと言えるでしょう。

だからそうならないように、きつすぎるのは避けていってください。

試着して買うようにする

では、どうしたらきつすぎるサイズ感のランニングタイツを避けることが出来るようになるでしょうか?

それには、試着して買うよりほかありません。

もちろんウエストでサイズ感をはかるためにも、試着してから買うようにするということは大切なことです。

服は、試着をしてみないとサイズ感が分からないものです。

たとえば、あるブランドではMサイズでウエストサイズがぴったりだったパンツが、あるブランドではMだとゆる過ぎるなんていうのは、すごくよくある話です。

そしてそれは、ランニングタイツにおいてもおなじことなのです。

だから、たとえランニングタイツを買うのであっても、必ず試着してから買うようにしてください。

試着は可能なのか?

ランニングタイツを試着してから買うようにしようといっても、そもそもランニングタイツを試着することは可能なのでしょうか?

結論から言うと、だいたいのところでは可能でしょう。

もちろん中には試着できないところもあるかもしれません。

でも多くのところで、試着用のランニングタイツを用意しているものですから、一度店員さんにお願いしてみると良いでしょう。

誰かが一度履いたタイツを試着するというのは、なかなか抵抗がある方もいるかもしれませんが、別にそれで走ったわけでもないので、しっかりと履いてみると良いでしょう。

なぜ試着可能なのか?

でも、ランニングタイツはなぜ試着可能なのでしょうか?

ランニングタイツとはいえども、タイツはタイツなわけですから、いうなれば肌着です。

肌着の試着というのは、基本的には日本では滅多に出来ないでしょう。

たとえば、タンクトップの試着をさせてくれといっても、嫌がられることは多いです。

やはり直接肌に触れるものですから、衛生面などの問題もあり、いやがられるのです。

でも、ランニングタイツの場合はそうではありません。

それは、ランニングタイツにはフィット感が重要だからということが関係しています。

極端な話、洋服というのは機能性を売りにしているものはあまりありません。

もちろん中には機能性を重視しているものはありますが、それはあくまでも、「洋服の割には」という注釈付きになります。

でもランニングタイツの場合は、機能性が全てといっても過言ではありません。

だから、しっかりとフィットさせて、機能性を感じさせないと、それの価値がなくなってしまうのです。

それでは当然、そのランニングタイツのリピーターになるということもなくなります。

買う方はサイズが合わなくて損をする可能性があり、売る方は機能性を感じさせられなくて損をする可能性がある。

つまり、試着させないということがお互いに損をする結果になるのです。

それだったら試着させた方が良いに決まっています。

そうして、試着できるようになっていったというわけです。

女性の場合はお尻のサイズも重要

男性の場合はあまり気にはならないかもしれませんが、女性の場合はお尻のサイズ感というのもすごく重要です。

男性は、基本的にお尻に肉が付きづらく、お尻が小さい人が多いです。

でも、女性の場合はそんなことはありません。

女性はお尻にも肉が付きやすく、ふっくらとしたお尻になりやすいです。

だから、ウエストのサイズや足への締め付けはちょっとキツいくらいでも、お尻がきつすぎてしまうことがあるのが女性なのです。

なので、お尻を締め付けすぎないサイズ感を色々と試着して探していくことが大切になります。

色々なブランドを履いてみること

大切なのは、色々なブランドのランニングタイツを履いてみるという事です。

ランニングタイツは色々なブランドから出てきます。

そして、先にも軽く触れてきましたが、細かいサイズ感などは、ブランドによって違う物なのです。

だから、色々と試着していけば、ウエストやお尻がぴったりで、かつ足への締め付け具合も完ぺきという、すごくバランスの良いランニングタイツを見つけることが出来るでしょう。

先入観を捨てて試着するべき

色々と試着するに当たっては、先入観を捨てるという事も大切です。

たとえば、先に「このブランドはこういうブランド」とか、「このブランドは人気のあるモデル」とか、そうした先入観を入れてしまうと、身体で正確にサイズ感を見れなくなってしまうのです。

それはいわゆるプラシーボ効果のようなものです。

これは良いブランドと考えながら試着したら、ちょっと締め付けがきつすぎたりしても、それがベストなサイズ感だと思ってしまうものなのです。

そうした残念な勘違いを無くしていくためには、先入観を捨てて試着をするというよりほかありません。

だから、余計な情報は仕入れずに試着をすることがおすすめなのです。

サイズを測ってくれることもある

サイズの選び方に困ったら、ベストなサイズを測ってくれることもあります。

小さ目のサイズを選ぶということはわかっていても、実際に試着してみたら、これであっているのか?

と不安になることもあるでしょう。

それを履いて走ることが出来るわけでもないので、走ってる時の状態などはわかりませんし、初めてランニングタイツを買うのですから、分からないのも当然かもしれません。

でもそうして迷ったら、店員さんに聞いてみると良いでしょう。

店員さんに聞いてみると、自分のサイズを測ってくれて、最適なものを案内してくれることがあります。

店員さんであれば、知識は間違いありませんから、このサイズ感の人にはこれが良いという事は分かるでしょう。

もちろんそれは人によります。

入りたての人に聞いても困らせるだけの可能性はありますから、聞く人は多少選ばないとならないかもしれませんが、聞いて損をするということはまずないでしょう。

もちろん大切なのは自分の実感

ただ、もちろん大切なのは自分の実感になります。

店員さんにこれが良いと言われても、それがあまりフィット感が無かったりしたら、それは店員さんの間違いの可能性もあります。

店員さんだって間違えることはあるでしょう。

だから、最終的に何を買うべきかは、自分の実感が大切になるのです。

もちろんそれを含めて相談するのも正解です。

勧められたのを履いてみて、「ちょっとこれだとゆる過ぎるような気がする」とか、履いてみた実感を伝えていくのです。

そうすればより最適なものを用意してくれるでしょうから。

そうこうしているうちに自分の感覚も育ってきて、これなら走りやすそうだと感じられるものが分かるようにもなるでしょう。

サイズが決まっても安心しないこと

こうして晴れて自分にあったサイズ感のものがわかっても、それで安心してはなりません。

安心するなというのは、次にまたランニングタイツを買う時に安心するなという事です。

ランニングタイツは、走ることを続けている限り買いつづける人が多いでしょうし、それに季節ごとに用途が違うので、季節によっても買い替えないとなりません。

特にその季節によって買い替える時に、今までと同じサイズの物を選んでいたら、失敗する可能性があるのです。

季節ごとにサイズ感が違う

それは、ランニングタイツは季節ごとにサイズ感が違うからです。

というのも、冬用のものは厚手の生地が使われていますし、夏用のものは薄手の物が使われているからです。

生地の厚みが違うのですから、同じサイズの表記であっても、当然ながらサイズ感は変わってきます。

だから、毎回買う前には試着するべきだと言えます。

足のサイズ感も変わってくる

さらにいえば、ランニングをしていれば当然足のサイズ感も変わってくるでしょう。

足が引き締まり痩せてくるはずですから。

なので、何も考えずに昔と同じサイズの物を選んでいたら、それがゆるくなってしまう可能性があるのです。

だから、油断はできません。

まとめ

ランニングタイツを選ぶのは、簡単そうに思えて意外と難しいと言えるかもしれません。

裏を返せば、サイズさえしっかりとあわせることができたらそれだけ機能的に使える可能性が高いということになります。

なので、これらのことを参考にしっかりとサイズ感を合わせて、ランニングタイツの力を余すところなく発揮できるようにしてあげましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ランニングタイツ