腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

The FUTON 洗える敷き布団は腰痛の方でも利用しやすい?

   

日本では古来より敷き布団を利用している方たちが多かったのですが、現在ではベッドを愛用している方が増えています。

そのため腰痛でも利用しやすい寝具は、マットレスばかりのようなイメージを抱いているかもしれません。

所が『The FUTON 洗える敷き布団』は腰痛でも利用しやすくなっている上に、寝心地がよくなっています。

そこで腰痛でも利用しやすい敷き布団を探している方のために、The FUTON 洗える敷き布団について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

The FUTON 洗える敷き布団の特徴

The FUTON 洗える敷き布団には注目すべきポイントが3つあって、それがパラレーブ・寝心地・耐久性です。

そこでThe FUTON 洗える敷き布団を詳しく知らない方のために、この3つのポイントについて紹介するので、確認してみて下さい。

パラレーヴ

The FUTON 洗える敷き布団は『パラレーヴ』という中材を採用していて、このパラレーヴはチューブのような物が絡まっている状態を固定化したような形状になっています。

そのためフラットな形状にはなっていなくて、体圧を分散しやすくなっています。

実際に体圧を分散できなければ、重くなっている腰が沈み込んでしまって、腰に体圧が集中してしまうのです。

そのような事になれば、腰が痛く感じてしまうので腰痛が悪化するケースがあります。

そのため体圧を分散できるThe FUTON 洗える敷き布団であれば、腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛の方には、おすすめの敷き布団です。

ふかふかした寝心地

The FUTON 洗える敷き布団の側生地は、ふかふかとしているので、寝心地がよくなっています。

もしも寝心地が、よくない敷き布団を利用していたら、睡眠の質が低下する恐れがあります。

実際に硬すぎる敷き布団を利用したら、腰が痛く感じるケースもあるので、腰痛の方は注意しなければいけません。

そのため寝心地が悪くなりやすい敷き布団を利用している方は、The FUTON 洗える敷き布団を検討してみる価値があります。

優れた耐久性

体圧を分散できる敷き布団を利用しても、耐久性が優れていなければ、短期間で敷き布団がへたってしまいます。

敷き布団がへたってしまえば、体圧を分散する事が難しくなるので、腰が沈み込みやすくなってしまうのです。

そのような事になれば、腰が痛く感じてしまうので、寝返りを何回も打つ事になりかねません。

腰痛の方が、寝返りを多く打ってしまえば、腰痛が悪化する恐れがあります。

The FUTON 洗える敷き布団は、洗濯しても耐久性を維持しやすい『東洋紡コンフォロフト』を採用しているので、優れた耐久性を実現しています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛の方が抑えるべきポイント

The FUTON 洗える敷き布団は腰にかかる負担を軽減できるように作られていますが、腰痛の方はいくつか抑えておくべきポイントがあります。

そこで、どのようなポイントを抑えれば良いのか紹介するので、腰痛に悩んでいる方は確認してみて下さい。

睡眠時間

私たち人間は睡眠によって、身体の疲れを取っています。

そのため肩や首を酷使しやすいデスクワークの方が、睡眠時間を削ったら、身体の疲れが溜まってしまうので、肩コリや首コリに悩まされてしまうのです。

そのため腰痛の方がThe FUTON 洗える敷き布団を利用しても、睡眠時間を確保できなければ、腰痛が悪化する恐れがあります。

多くの方たちの理想的な睡眠時間は7時間前後と言われていますが、個人差があるので、自分の身体に合った睡眠時間を確保するようにして下さい。

就寝前の注意点

腰痛の方たちは眠るだけでも、腰が痛く感じてしまうので寝つきが悪くなってしまいます。

そのため就寝前に、食事したり、お酒を飲んだりして、強引に寝ようとする方はいるかもしれません。

確かに食事したり、お酒を飲んだりしたら、寝やすくなるので問題がないように思うかもしれません。

しかし食事をしてから、1時間も経たないうちに眠ってしまえば、眠っている間に食べた物を消化しようとして睡眠の質が低下してしまいます。

そしてお酒を飲んで酔っ払っている状態で寝たら、寝返りを打つ事が難しくなるので注意しなければいけません。

横向きになる時間

腰痛の方は、仰向けより横向きで寝たほうが、腰の痛みをあまり感じないケースがあります。

しかし長い間に渡って、横向きで寝ていたら、身体の半分は下のほうになっているので、姿勢が崩れやすくなるのです。

姿勢が崩れてしまえば、腰に負担をかけるようになってしまうので、腰痛が悪化してしまいます。

そのような事態を避けるためにも、体圧を分散しやすい敷き布団を利用して、適度に仰向けになったり、横向きになったりして眠ったほうが良いです。

商品情報の内容

The FUTON 洗える敷き布団の魅力や抑えておくべきポイントなどを分かってもらえた所で、次に商品情報も紹介するので、この敷き布団を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

水洗い可能

私たち人間は、一晩の間に寝汗をコップ一杯分もかいてしまいます。

さらに敷き布団を利用していたら、体温によって熱もこもりやすくなるので、敷き布団は湿気が溜まりやすいのです。

そのため敷き布団には、ダニが繁殖しやすくなっています。

所が、The FUTON 洗える敷き布団は側生地だけではなく、中材まで水洗いする事ができるのです。

そのためThe FUTON 洗える敷き布団で繁殖したダニを水で洗い流す事もできるので、ダニの対策を講じる事ができます。

コストパフォーマンス

The FUTON 洗える敷き布団は魅力的なポイントが多い敷き布団ですが、コストパフォーマンはそれほど高くないので注意する必要があります。

実際に、The FUTON 洗える敷き布団は、楽天市場では送料無料ですが、税込価格29,800円になっているのです(2017年11月28日時点)。

腰痛でも利用しやすい敷き布団の中には、50,000円以上になっている商品もありますが、安い物では10,000円前後で販売されている物もあります。

そのため値段が安い敷き布団を探している方は、注意して下さい。

利用者たちの満足度

The FUTON 洗える敷き布団は体圧を分散できる上に、水洗い可能になっている敷き布団ですが、利用者たちの中には不満を抱いている方もいます。

そのため、The FUTON 洗える敷き布団を購入した後にイメージしたものと違ってしまう可能性があるので、利用者たちの口コミを紹介します。

否定的な口コミ

The FUTON 洗える敷き布団を1ヶ月ほど利用していたら、厚みが足りなくなってしまう方がいました。

そのためThe FUTON 洗える敷き布団は、それほど耐久性が優れていない可能性があるので、注意する必要があります。

そしてThe FUTON 洗える敷き布団は、特別な中材を利用している事もあって、寝ていたら音が出てしまうケースもありました。

そのため寝返りを打ったら。

音が出てしまう可能性があるので、音に敏感な方も注意して下さい。

好意的な口コミ

The FUTON 洗える敷き布団を利用している方たちの中には、水洗い可能になっている所を気に入っている方たちが何名もいました。

実際に水洗いできない敷き布団を利用していたら、衛生面であまりよくないので、水洗い可能になっているのは、The FUTON 洗える敷き布団の大きな魅力です。

そしてThe FUTON 洗える敷き布団を利用してみたら、適度な硬さになっている所を満足している方もいました。

ただし個人差があるので注意して下さい。

まとめ

The FUTON 洗える敷き布団は、体圧を分散できるので腰痛の方には魅力的な敷き布団のように見えます。

しかし利用者たちの中には、短期間で敷き布団がへたってしまうケースもあったので、取り扱いには注意する必要があります。

実際に重くなっている腰を支える場所は、へたりやすいので、定期的に腰を支える場所を変えて使用したほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団