四つ折り 高反発マットレス 高密度24Dは持ち運びしやすい寝具?

マットレス・敷き布団

日本製 高反発マットレス 四つ折りタイプ 厚さ5cm シングル [密度24D / 硬さ150N] コンパクト収納 持ち運び 来客用

マットレスは、大型サイズになっているので、簡単に外まで持ち運べないようになっています。

そのため、多くの方たちが外泊をする時は、自宅で利用していない寝具で眠る事になるので、寝付きが悪くなってしまう場合があります。

ところが『四つ折り 高反発マットレス 高密度24D』であれば、コンパクトなサイズにする事ができるので、簡単に持ち運べるようになっているので、その魅力に迫ってみましょう。

Amazonタイムセール祭り開催中!(ポイントアップキャンペーン)(5/7~9)

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら




四つ折り 高反発マットレス 高密度24Dの特徴

本製品は、コンパクトなサイズにできるだけではなく、寝心地もよくなっています(個人差があるので注意)。

そのため、多くの方たちが満足できる寝具になっているので、どのような特徴があるのか紹介しましょう。

四つ折りタイプ

コンパクトなサイズにできるのは『四つ折りタイプ』になっているからです。

実際に、日本国内で販売されている折りたたみタイプのマットレスは、多くの製品が『三つ折りタイプ』になっています。

三つ折りタイプよりは、四つ折りタイプのほうがコンパクトなサイズにする事ができるので、力があまりない方でも持ち運びやしやすくなっています。

そのため、二段ベッドに設置する事も簡単ですし、二階まで持ち運ぶ事も容易です。

エレベーターがないアパートに住んでいる方でも、運びやすい寝具になっているので、気軽に購入できる製品です。

高反発タイプ

本製品は『高反発タイプ』にもなっていて『150N』もあります。

Nはニュートンと呼ばれていて、この数値が高くなっている寝具のほうが、硬めになっています。

実際に、100N前後になっているマットレスは多くあるので、それを考えたら、本製品の硬さがよく分かるでしょう。

寝具が硬くなっていたら、体重が重くなっている方でも、体が沈み込みづらくなるので寝返りを打ちやすくなっているのです。

そのため、寝返りを打ちづらい寝具を利用していて、寝苦しく感じてしまう場合には、本製品に買い替えてみる事をおすすめします。

高密度な寝具

体が沈み込みづらいマットレスでも『耐久性』が悪かったら、へたりやすいので注意しなければいけません。

へたってしまった寝具を利用していたら、重くなっている腰に体圧が集中してしまうので、痛く感じてしまって睡眠の質が低下する恐れがあります。

睡眠の質が低下したら、睡眠時間を確保しても睡眠不足に陥ってしまうので、気を付けなければいけません。

本製品は密度が『24D』もあるので、へたりづらくなっている事から、耐久性が優れています。

そのため、長い間に渡って愛用する事が可能です。

Amazonタイムセール祭り開催中!(ポイントアップキャンペーン)(5/7~9)

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら




本製品の注意点

本製品は、利便性と寝心地を両立しているマットレスですが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

注意点を知らないで利用したら、後悔する事になってしまうので詳しく紹介しましょう。

ボリューム

反発力が高くなっていても『ボリューム』が足りなかったら、寝心地が悪くなってしまいます。

なぜなら、体が少しでも沈み込むだけで『底つき感』が出てしまうからです。

本製品の厚みはわずか『5cm』しかないので、利用する方によっては腰や背中が痛く感じてしまう可能性が高いです。

そのような事になれば、仰向けで眠る事が難しくなってしまうので、長い間に渡って横向きで眠るようになって、姿勢が崩れる事もあり得るので気を付けて下さい。

腰にかかる負担

本製品は、硬めのマットレスになっているのは魅力的なポイントですが、実は硬めになっていたら体に刺激を与えてしまう事があります。

硬めの寝具が体に合う方であれば問題はないかもしれませんが、柔らかい寝具のほうが体に合う場合には、本製品を購入するべきか慎重に検討したほうが良いです。

心配な場合には、寝具店まで足を運んでみて、150N前後になっている寝具が展示されていたら、横になって寝心地が良いのか試してみて下さい(利用できない寝具店もあるので注意)。

体重が軽い方

体重が重くなっている方は、硬めの寝具は適度にフィットするようになっていますが、体重が軽い方は体に合わない可能性が高いです。

なぜなら、体重が軽くなっている方が高反発タイプを利用したら、湾曲している腰が寝具から浮いてしまうからです。

腰が浮いたら筋肉が緊張状態に陥ってしまうので、睡眠の質が低下してしまいます。

そのため、体重が軽くなっている方も、可能であれば寝具店で150N前後の寝具を確かめたほうが良いでしょう。

本製品を利用するメリット

本製品は、持ち運びしやすいマットレスになっているので、様々な利用法が可能になっています。

そのため、いくつかメリットを得る事ができるので、詳しく解説します。

車中泊

旅行が好きな方たちの中には、車を運転して移動する方もいるかと思いますが、長距離運転していたら集中力が低下して交通事故を起こす可能性が高くなってしまいます。

適度に休憩をする事は必要ですが、ホテルや民宿に宿泊しようとしたら、お金をかけてしまうので気軽に旅行できない方もいるでしょう。

ところが、本製品のようにコンパクトなサイズにできるマットレスであれば、車の中まで簡単に持ち運べます。

車の中で本製品を広げたら、車中泊する事もできるので、宿泊費を節約する事が可能です(小さな車では本製品を広げられないので注意)。

他の寝具と併用

本製品は、ボリュームがあまりない製品なので、他の寝具の上に重ねて利用する事ができます。

2枚の寝具を重ねたら、ボリュームアップする事ができるので、底つき感を緩和する事が可能です。

さらに、2枚の寝具に分けていたら、1枚ずつ運んで行く事もできます。

本製品とサイズの合わない寝具と併用していたら、バランスが悪くなって、睡眠の質が低下する恐れがあるので、注意して下さい。

製品情報の内容

本製品の注意点やメリットなどを紹介してきましたが、それだけでは、このマットレスの全てを把握した事にはなりません。

そこで、製品情報の内容も紹介するので、参考にしてみて下さい。

湿気対策

私たち人間は、眠っている際に多くの寝汗をかいてしまいます。

一晩の間に、寝汗をかく量はコップ一杯分以上にもなるので、寝具は体温の熱だけではなく、寝汗までたまってしまうのです。

そのため、マットレスは定期的に立てかけておかなければ、湿気がたまってしまいます。

湿気がたまったら、カビが生えるだけではなく、ダニまで繁殖していくので注意しなければいけません。

ダニが繁殖したら健康面で、悪い影響が出てしまうので、本製品を利用する際には湿気対策を講じる事を忘れないようにして下さい。

リーズナブルな価格

本製品は、運びやすいマットレスになっているので、高額なイメージを抱いた方は多いかもしれません。

ところが、意外にも低価格な製品になっていて、楽天市場では送料無料で税込価格4,536円で販売されているのです(2019年1月18日時点)。

実は、日本国内で販売されているマットレスの中には、10,000円以上になっている製品はいくつもあります。

それを考えたら、本製品は半額以下の値段になっているので、いかにコストパフォーマンスが優れているのか分かるでしょう。

まとめ

本製品は、四つ折りマットレスになっているので、簡単に持ち運べるようになっています。

三つ折りに比べたら、コンパクトなサイズにする事ができるので、利便性は優れています。

しかし、四つ折りタイプは、折り目が腰に当たりやすい位置なので、気を付けなければいけません。

折り目が腰に当たって痛く感じる場合には、柔らかめのマットレストッパーを併用したほうが良いです。