敷き布団 健康マットレス 三つ折りは腰痛でも利用しやすい製品?

マットレス・敷き布団

マットレス 敷布団 低反発 体圧分散 快適睡眠 通気性 シングル 敷き布団 健康マットレス 三つ折り 肩こり対策 腰痛 健康 コンパクト収納 持ち運びやすい 防ダニ 抗菌 おりたたみ ごろ寝 昼寝 車中泊 災害時 カバー付き 洗える 100x200x3cm

敷き布団はマットレスに比べたら、ボリュームが足りない製品が多いので、腰痛の方には利用しづらいケースがあります。

ところが『敷き布団 健康マットレス 三つ折り』の場合は、敷き布団でありながら、マットレスでもあるので、腰痛の方でも利用しやすい製品になっているのです。

ただし、この製品は腰痛の方にとって、魅力的なポイントもあれば注意すべきポイントもあるので、詳しく紹介しましょう。

Amazonプライムデー開催中!(最大10000ポイント還元)(6/21~22)

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら




敷き布団 健康マットレス 三つ折りの魅力

マットレス 敷布団 低反発 体圧分散 快適睡眠 通気性 シングル 敷き布団 健康マットレス 三つ折り 肩こり対策 腰痛 健康 コンパクト収納 持ち運びやすい 防ダニ 抗菌 おりたたみ ごろ寝 昼寝 車中泊 災害時 カバー付き 洗える 100x200x3cm

本製品には、腰痛の方にとって魅力的なポイントが3つあって、それが、低反発タイプ・通気性・利便性などです。

そこで、腰痛の方でも利用しやすい敷き布団を探している方のために、3つのポイントについて紹介するので、見ていきましょう。

低反発タイプ

本製品は『低反発タイプ』になっているので、反発力が低くなっている事から、柔らかめの敷き布団になっています。

実際に敷き布団が硬くなっていたら、腰が痛く感じやすいので、睡眠の質が低下してしまいます。

もしも睡眠の質が低下したら、睡眠時間を確保しても、睡眠不足に陥ってしまうので注意しなければいけません。

実際に必要な睡眠時間は決まっていなくて、その方によって必要な睡眠時間は異なっています。

それでも睡眠時間を増やしても眠くなってしまう場合には、睡眠の質が低下している可能性が高いので、そのような場合には、寝心地がよくなっている本製品はおすすめです。

通気性

暑い夏場の季節に『通気性』が優れていない敷き布団を利用していたら、寝苦しく感じてしまうので、必要以上に寝返りを打ってしまいます。

実際に寝返りを打たなければ、同じ体の部分が下のほうになってしまうので、圧迫されていまうのです。

そのため、仰向けになっている時間が長引いたら、腰が圧迫されてしまうので、寝返りを打つ事は重要です。

しかし、寝返りを打つ回数が多すぎたら、腰に大きな負担をかけるようになるので、腰痛が悪化する可能性があるので注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、通気性が優れているのは本製品の大きな魅力です。

利便性

多くの方たちは、敷き布団は畳の上に敷いて利用する物と思っているでしょう。

ところが、本製品はマットレスの上に敷いて利用したり、敷き布団の下に敷いて利用したりできます。

そのため、今まで利用している寝具がへたってしまった場合には、本製品を併用する事によって、へたり対策を講じる事が可能です。

実際にマットレスや敷き布団がへたった場合には、体が沈み込みやすくなるので、重くなっている腰に体圧が集中しやすくなって、腰痛が悪化してしまうのです。

そのため、本来であれば、へたった寝具は捨てなくてはいけないのですが、本製品を併用する事によって寝具を捨てる必要がありません。

Amazonプライムデー開催中!(最大10000ポイント還元)(6/21~22)

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら




本製品の注意点

本製品は、寝心地の良い敷き布団ですが、腰痛が悪化するポイントもあるので注意しなければいけません。

そこで、本製品を購入しから腰痛が悪化しないように、どのような所を注意したら良いのか紹介するので、確認してみて下さい。

体の沈み込み

低反発タイプは、体重の軽い方が利用する場合であれば、体が適度に敷き布団へフィットするので、あまり疲労がたまらないで済みます。

しかし、体重が重くなっている方が低反発タイプの敷き布団を利用したら、腰が沈み込みすぎるので、腰が痛く感じてしまうのです。

そのような事になれば、腰痛が悪化してしまうので注意する必要があります。

そのため、体重が軽い方にはおすすめの敷き布団ですが、体重が重くなっている方は、本製品を購入するべきか慎重に検討したほうが良いです。

腰の冷え

通気性が優れている敷き布団の場合は、夏場の季節には利用しやすくなっていますが、寒い冬場の季節に利用したら、腰が冷えてしまう可能性があります。

実際に腰が冷えてしまえば、腰付近の血管が収縮してしまうので、腰に疲労物質がたまりやすくなってしまうので注意しなければいけません。

そのため、寒い冬場の季節に、しっかりと暖かい布団をかぶっておかなければ、腰を冷やしてしまうので気を付けて下さい。

ボリューム

本製品は、様々な寝具と併用する事ができますが、ボリュームが足りなくなっているので、腰痛が悪化する可能性があります。

実際に、本製品は敷き布団の厚みが3cmしかありません。

そのため、本製品は畳の上に敷いて利用する事ができますが、この敷き布団だけでは底つき感が出やすいので注意する必要があります。

そのような事を考えたら、本製品を利用して底つき感が出てしまう場合には、他の寝具と併用してボリュームアップしたほうが良いです。

製品情報の内容

本製品の魅力や注意点を理解してもらえたところで、次に製品情報の内容も紹介するので、この敷き布団を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

ダニ対策

布団をかぶって寝ていたら、体温が上昇していくので、一晩の間に寝汗をコップ一杯分までかいてしまう事になります。

そのため、敷き布団には多くの寝汗が染み込んでしまうので、湿気がたまりやすくなってしまう事から、ダニが繁殖しやすくなってしまうので注意しなければいけません。

実際にダニが繁殖してしまえば、ダニアレルギーを発症してしまう事もあれば、肌を刺されてしまう事もあるのです。

そのため、本製品を利用する際には、定期的に押入れへ上げたり、敷き布団のカバーを洗濯したりしたほうが良いです。

低価格な敷き布団

本製品は、注意すべきポイントがあるとは言え、腰痛でも利用しやすいポイントがある事から、多くの方たちは「値段が高くなっている敷き布団ではないか」と思ってしまったかもしれません。

ところが、本製品は意外にも低価格な敷き布団になっていて、Amazonでは送料無料で税込価格7,560円にしかなりません(2018年6月9日時点)。

実は、日本で販売されている敷き布団の中には、10,000円を超えてしまう製品はいくつもあります。

それを考えたら、値段が安くなっている敷き布団を探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの口コミ

本製品は魅力的なポイントだけではなく、注意すべきポイントもあるので、購入するべきか悩んでしまった方は多いかもしれません。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、購入するほど価値のある敷き布団なのか参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を利用してみたら、低反発タイプになっている事から、ある程度の反発力があって満足している方がいました。

そのため、よほど硬めの敷き布団を探している方でなければ、本製品に満足できる可能性が高いです。

実際に、本製品を利用している方たちの中には、適度な硬さになっている所を気に入っている方がいました。

ただし、敷き布団の硬さに関しては、個人差があるので注意する必要はあります。

そして、本製品は値段が安くなっている割には寝心地がよくなっている所を気に入っている方もいました。

悪い口コミ

本製品を6時間ほど利用していたら、腰が痛く感じてしまうケースがありました。

この辺りはボリュームが足りない事が関係している可能性が高いので、しっかりと他の寝具と併用する事が重要です。

実際に、本製品の厚みが足りていない所を不満に抱いている方がいたので、ボリュームのある敷き布団を探している方は注意したほうが良いです。

まとめ

本製品は、低反発タイプになっているので、柔らかい敷き布団なので、あまり腰に刺激を与える事がないのです。

そのため、硬い敷き布団が苦手な方には、本製品は利用しやすい製品です。

ただし、他の寝具と併用しなければ、底つき感が出やすいので、ボリュームのある敷き布団を購入したくなった方が多いかもしれません。

実は、ボリュームのある敷き布団は重くなっているので、押入れへ上げようとしたら、腰に負担をかけてしまいます。

そのような事を考えたら、寝具の重さを二分できるのは、本製品の大きな魅力です。