気軽に使ってみよう腰痛用コルセットで毎日快適生活をしよう

コルセット・ベルト・サポーター

コルセットと聞くと何か特別な感じがします。

医療用や年配者向け、あるいは重度の腰痛の人向けだったりというイメージがあります。

コルセットは、今や薬局でも買える気軽な商品になっています。

腰痛になる人は老若男女問わず増加傾向にあるそうなので、腰痛になったら、まずは病院へ行き先生と相談の上、正しいコルセットを選んで見て下さい。

Amazonプライムデー開催中!(最大10000ポイント還元)(6/21~22)

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら


種類

コルセットは腰周りの筋肉の動きを強制的に制限するものだそうです。

この装備によって腰への痛みや動きが減り腰痛改善に繋がります。

コルセットには色々な種類があるので自分の症状に合ったものを選んで下さい。

ダーメンコルセット

オーダーメイドのコルセットです。

どんな種類の腰痛にも使用出来るものです。

腹腔内圧を増大させ脊柱の周りの筋肉に制限をかけて負担を軽減し痛みを和らげます。

症状が重い人は安静が前提条件ですので先生と相談して何を使うか決めて下さい。

フレームタイプ

金属を使用していて固定力があります。

見た目もスッキリしているのでダーメンよりは気分的に楽に思えます。

金属部分には皮革やフェルトを使用しているので着心地も気になりません。

主に手術後に使用されるものみたいですので参考程度にしておいて下さい。

プラスチック

プラスチック製のコルセットです。

こちらもオーダーメイドで購入できます。

体幹を保持し運動制限をするので固定力があります。

他のコルセットとの違いを先生に確認し自分に合ったものを選んで下さい。

骨盤ベルト

腰痛が辛いが動かなくていけない人におすすめです。

ベルトなので着脱が楽に出来ます。

持ち運びにも便利なので外出先でも使用する事が出来ます。

また、骨盤が開いて腰痛になった人もベルトタイプが良いそうです。

何が原因かは病院に行かないと分かりませんので必ず確認してから何を使用するか決めて下さい。

Amazonプライムデー開催中!(最大10000ポイント還元)(6/21~22)

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら


巻き方

病院で作ってもらったコルセットなどは自分の体型に合っていて、看護師さんにも付け方を教えて貰えるので安心ですが、薬局など自分で買ってきた場合は注意が必要です。

サイズや正しい巻き方をしないと効果が得られないどころか逆効果になってしまいます。

腰痛を悪化させ歩けなくなっては大変ですので勉強してから装着するようにして下さい。

コルセットを当てる

仰向けに寝て、腰の後ろ側にコルセットを当てます。

立ったままだとずり落ち上手く当てられない事があります。

コルセットを中央にくるようにし背骨に当たっているか確認します。

骨盤も意識しながら正しい位置を確認して下さい。

製品によっては説明書が付いていると思いますので必ず読んで下さい。

テープで止める

コルセットを巻くとお腹側でファスナーやマジックテープなどでとめます。

テープはおへそを基準にとめるようにして下さい。

骨盤の所にコルセットが当たっていることを確認して、しっかりと止めます。

強弱の調整

補助ベルトが付いていると思いますので、最終的にベルトの強弱を調整して下さい。

着け心地に違和感があったり、お腹が圧迫されていると正しい効果が得られませんので再度やり直してみましょう。

コルセットはなるべく装着していた方が良いですが、逆に辛くなったら外しても構いません。

夏の暑い時は汗で湿疹が出来ても困りますので、その時の状態で臨機応変に使用して下さい。

夜は血行不良を起こしやすいのでコルセットは外した方が良い場合もあります。

その時はタオルを代用したり、ちょっと動かして見たりすると良いそうですが、必ず担当医に確認してから判断してください。

効果

コルセットは筋肉の動きを制限して痛みや負担を軽減するものです。

人によっては効果を実感し過ぎて、していないと不安になってしまう人もいるようです。

ですがコルセットは筋肉を衰えさせる原因でもあります。

効果は色々ありますが、症状に合わせて使用頻度も考えた方が良いでしょう。

生活や症状別に自分に合ったものを選んで下さい。

姿勢

腰を固定し体幹を保持するので良い姿勢が保たれます。

腰痛持ちで無くても、普段から正しい姿勢を意識する事が大切です。

長時間同じ姿勢でいたり、筋肉の衰えだったり自分で防ぐ事が出来る場合もあるのでストレッチなどで改善して見て下さい。

血流

コルセットをすると腰が締め付けられて血流が悪くなります。

しかし、外した時に血流が良くなるので筋肉をほぐすことが出来て痛みを軽減します。

なので、この場合でのコルセットの常時装着はおすすめしません。

症状にも寄りますが血流や筋肉に不安のある人は時々外して見ることをおすすめします。

立ち仕事

コルセットは巻いたまま動く事が出来るので体を動かす仕事をしている人には重宝します。

慣れるまでは違和感があるかも知れませんが、腰の負担が軽減されているので楽な事に気付きます。

服の下に装着しているため目立ちにくく、締め付けているので細く見える効果もあります。

また、湿布のように匂いも無いので付けている事が気になりません。

保温効果

腹巻のような効果で保温性があります。

冬場や冷房の厳しい所では腰痛の人には痛みを誘発させて辛いと思います。

そんな冷え対策にもピッタリです。

夏は暑いので注意が必要ですが、メッシュ素材などの薄手の物をおすすめします。

女性用

女性特有の原因による腰痛で苦しめられる事もあります。

真っ先に思いつくのは生理痛や産後の腰痛です。

特に生理痛は毎月の事なので生活や仕事にも支障が出てきます。

和らげる効果が期待出来ますので一度試して見て下さい。

生理痛

生理痛はホルモンバランスの乱れと血流が悪化するのが原因です。

生姜やココアなどを飲んだり、入浴方法を変えてみたりと体を温める方法をとりましょう。

また、正しい姿勢を心掛けましょう。

そうする事で軽減する事が出来ます。

筋力不足

筋肉を鍛えるとテストステロンというホルモンが分泌されます。

このホルモンは気分を高揚させ、整理時の嫌な気分を払拭させたり、自律神経の乱れを整えてくれる効果が現れます。

特に骨盤を支える筋肉を鍛える事が大事です。

軽い運動からで良いので体を動かす習慣を身につけましょう。

産後の体幹崩れ

出産時に開いた骨盤が元に戻っていないのが原因と考えられています。

これにより自律神経の乱れやストレスなどで腰痛を悪化させてしまします。

そうなる前にキチンと病院や整体などで診てもらうことをおすすめします。

内蔵疾患

内蔵疾患からくる腰痛もあしますし、加齢による骨密度低下による腰痛もあります。

腰痛と一言で言っても原因は様々ですので病院へ行って症状に合ったコルセットを紹介してもらって下さい。

今後の予防などにも効果が有りますのでコルセットの活用に躊躇しないで下さいね。

おすすめ

今は100円均一でも買えるようになり、容易に手に入れる事が出来ますがキチンと用途を確認して自分に合った物を使用して下さい。

コルセットなんてと躊躇してしまう人には大手メーカーや知っているブランドなどで試しても良いと思います。

バンテリンサポーター 腰用 しっかり加圧タイプ

CMなどでも聞いた事があるブランドですね。

しっかり加圧して腰椎や骨盤を支えます。

装着も簡単でメッシュタイプなので夏にピッタリです。

腰痛ベルト プロスリム・メッシュ

病院にも収めているというメッシュ素材の夏らしいタイプです。

プラスッチック製の2本の棒が腰を支え痛みを軽減します。

このプラスチックは取り外しも出来るので気になる人は外しても構いません。

FINALIST オール メッシュ ハードフィットベルト

ストライプ柄に見えるコルセットです。

サポート機能は勿論のこと、とことん暑さ対策を施したモノになります。

薄い、軽い、ムレないが特徴のオールメッシュ素材です。

ディノス

整形外科医が監修したコルセットです。

3本のベルトと4本の特殊な固定物が腰椎と骨盤をサポートします。

伸縮性と耐久性もありメッシュ素材で夏にピッタリです。

まとめ

コルセットと聞くと大げさなような気もしますが、痛みには勝てません。

無理せず使用出来る物は使いましょう。

腰痛の原因は色々有りますので必ず病院へ行き、自分に合ったコルセットを紹介してもらって下さい。

市販で購入する場合も説明書をよく読み正しく使用しましょう。

痛くて辛い腰痛ですが、軽減出来る事を知って楽しい生活を送りたいですね。

スタイルがよく見えたり、血流が良くなったりと嬉しい効果もあるので前向きに付き合って行きましょう。