E-WIN ゲーミングチェアは腰痛対策が可能な椅子?

椅子

E-WINゲーミングチェア CP-BC5B(青)2018シリーズ 座面前傾機能 3D調整アームレスト 通気性向上ピンホールPUレザー 低座面設計 最大荷重150kg

腰痛になってから、椅子に座ろうとしたら、腰が痛く感じて、頭を悩ませていないでしょうか。

実は、私たち人間は立っている時よりも、座っている時のほうが腰に大きな負担をかけてしまうのです。

ところが、数多くある椅子の中には『E-WIN ゲーミングチェア』のように、腰痛対策を講じられる製品もあるのです。

そこで、腰痛に悩んでいる方のために、本製品について紹介するので、参考にしてみて下さい。

Amazonタイムセール祭り開催中!(ポイントアップキャンペーン)(5/7~9)

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら




E-WIN ゲーミングチェアで腰痛対策

E-WINゲーミングチェア CP-BC5B(青)2018シリーズ 座面前傾機能 3D調整アームレスト 通気性向上ピンホールPUレザー 低座面設計 最大荷重150kg

本製品を利用したら腰痛対策を講じる事ができるのは、姿勢をある程度までキープできる上に、腰にかかる負担を軽減できるからです。

全ての腰痛の症状に対応できる訳ではありませんが、多くの方たちにとって利用しやすくなっているので、詳しく解説します。

背筋を固定

本製品の背もたれの下部には、クッションが備えられているので、腰当てとして利用する事ができます。

このクッションを利用すれば、腰を前のほうに押し出してくれるので『S字カーブ』をキープしやすくなっているのです。

S字カーブとは、真横から背筋を見たら、S字のように見える姿勢を指します。

実際に、S字カーブになっていたら、腰が湾曲している事から、バネの役割を果たしてくれるのです。

腰がバネの役割を果たしてくれたら、腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛の方には、本製品はおすすめの椅子です。

腰にかかる負担を軽減

本製品は、肘掛が備えられているので、椅子から立ち上がる際には肘掛に手を乗せる事によって、腰にかかる負担を軽減できます。

実際に、肘掛がない椅子から立ち上がろうとしたら、近くに手を乗せられる場所がないので、腰に大きな負担をかけてしまうのです。

椅子から立ち上がる回数が多い方の場合には、本製品のように肘掛を備えている椅子を利用しているほうが、腰痛対策を講じる事ができます。

キャスターを活用

肘掛を備えている椅子でも、デスクの近くに椅子が設置されていたら、足や腰に力を入れて、椅子を後方にズラさなければ立ち上がる事が難しいです。

しかし、腰痛の方が腰に力を入れて椅子をズラそうとしたら、腰痛が悪化してしまうので、気を付ける必要があります。

ところが、本製品には『キャスター』が5つも搭載されているので、腰にあまり力を入れなくても、椅子を後方にズラす事ができます。

さらに5つもキャスターが搭載されている事から、安定感まで優れた椅子です。

Amazonタイムセール祭り開催中!(ポイントアップキャンペーン)(5/7~9)

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら




本製品の注意点

本製品は、腰痛対策を講じられる椅子ですが、いくつか注意すべきポイントがあります。

その注意点を知らないで本製品を利用していたら、腰痛が悪化する事もあり得るので、どのような所を注意すれば良いのか紹介しましょう。

座っている時間帯

私たち人間が座っていたら、腰に大きな負担をかけてしまうのは、上半身の体重の負担が腰に集中してしまうからです。

それに引き換え、立っている時は、上半身の体重の負担は両足によって分散されています。

そのため、本製品を利用する際には、最低でも1~2時間に1回は立ち上がるようにして下さい。

立っている時は、5~10分程度まで腰を休めておけば、腰痛が悪化しづらくなります(症状によって違いがあるので注意)。

クッションを併用

腰痛には様々な症状があるので、本製品を利用しているだけでは、腰痛が悪化する事もあるので、注意する必要があります。

特に、尾てい骨を怪我した場合には、お尻に近い尾てい骨が本製品の座面に当たってしまうので、痛く感じる可能性が高いです。

そのため、尾てい骨を怪我している場合には、中央部分が空洞になっている円座クッションを併用して下さい。

そうすれば、尾てい骨が座面に当たりづらくなるので、あまり痛みを感じないで座る事が可能です。

製品情報の詳細

本製品を詳しく紹介してきましたが、製品情報の詳細まで理解しておかなければ、この椅子の全てを理解したとは言えません。

そこで、本製品を詳しく知りたい方たちのために、製品情報の詳細まで紹介するので、参考にしてみて下さい。

座面のステッチ

暑い夏場の季節に、椅子に座っていたら腰がムレテしまう事があります。

腰付近が暑く感じてしまえば、姿勢をキープする事が難しくなってしまうので、腰を動かしたくなってしまうでしょう。

腰痛の方が腰を動かしたら、激痛が走ってしまうので、夏場の季節には注意する必要があります。

ところが、本製品の座面は『ステッチ』が施されているので、通気性が優れていて、熱がたまりづらくなっているのです。

通気性が優れている事から、本製品は暑い夏場の季節でも利用しやすくなっています。

ポケット付き

本製品の背もたれの裏側には『ポケット』が備えられているので、必要な物をある程度まで収納する事ができます。

このポケットに必要な物を収納しておけば、あまり椅子から立ち上がる必要がなくなるので、腰に負担をかけなくて済みます。

ただし、座っている状態でポケットに収納している物を取る際には、あまり無理な体勢で取らないようにして下さい。

なぜなら、無理な体勢でポケットに収納している物を取ろうとしたら、腰に負担をかけてしまうからです。

コストパフォーマンス

本製品は、腰痛でも利用しやすくなっている椅子なので、ある程度までコストをかけた製品になっています。

実際に、楽天市場では、本製品は送料無料ですが税込価格29,990円で販売されています(2018年11月25日時点)。

実は、日本国内で販売されている椅子の中には、5,000円前後になっている製品はいくつもあるのです。

それを考えたら、本製品は高額な椅子なので、値段が安くなっている椅子を探している方は、購入するべきか慎重に検討したほうが良いです。

腰痛の対策法

本製品を利用していても、椅子を利用していない時に腰痛対策を講じておかなければ、いつまでも腰痛に悩まされてしまいます。

そこで、どのような腰痛の対策法があるのか説明するので、確認してみて下さい。

軽めの運動

腰痛になってしまえば、腰が痛く感じやすいので、安静にしておく事が重要です。

ただし、いつまでも安静にしていたら、筋力が低下してしまうので、腰痛が緩和する事が難しい場合があります。

なぜなら、腰付近の筋肉は腰を支える働きがあるからです。

ウォーキングや水中ウォーキングのように、軽めの運動であれば、あまり腰に負担をかけないで、筋力をキープできるようになります。

そのため、腰痛の症状が少し軽くなってきたら、ウォーキングをして、筋力をキープできるようにして下さい。

ストレスを軽減

腰痛になった後に、ストレスをためてしまえば、腰の痛みが激しく感じる事があります。

なぜなら、ストレスをためてしまえば『ドーパミンシステム』が乱れてしまうからです。

このドーパミンシステムは痛みを和らげる働きがあるので、それが乱れてしまえば腰の痛みが激しく感じやすいのです。

現代社会は至る所で、ストレスを感じる事があるので、ストレスを発散する事が重要になります。

そのため、休日の時でも良いので、自分の好きな事をして、ストレスをためないようにして下さい。

まとめ

本製品は、S字カーブをキープしやすくなっているので、あまり腰に負担をかけないで済む姿勢を目指す事ができます。

ただし、本製品の効果を過信していたら、姿勢を崩してしまって、腰痛が悪化する事もあるので注意しなければいけません。

そのような注意点もありますが、本製品は腰痛対策を講じやすい椅子なので、腰痛に悩んでいる方は検討してみる価値があります。






椅子