混ぜれば高級コスメに早変わり!?ホホバオイルを他のコスメと混ぜて使う方法

無印良品 ホホバオイル JOJOBA OIL 200ml

ホホバオイルはフェイスケア、ヘアケアなどに様々な働きをして、万能の美容オイルとして注目されています。

優れた保湿力を持ち、人間の皮脂に近い成分なので浸透力が高く、また未精製のオイルはビタミン、ミネラルなどの有効成分も多く含みます。

ホホバオイルを使用する際、単独で使うだけではなく他の様々な化粧品やヘアケア製品と混ぜて使うとさらに効果がアップします。

ホホバオイルを他のものに混ぜて、一層効果を上げる使い方をご紹介します。



私が絶対おすすめするホホバオイルランキングはこちら

スポンサーリンク

洗顔料に混ぜる

化粧品は油性の原料のものが多いので、ホホバオイルを使うとなじんで良く落ちます。

ホホバオイルをクレンジングオイルとして使っても良いのですが、油を直接肌につけるのが嫌いな人は、洗顔フォームに混ぜると良いでしょう。

洗顔フォームにホホバオイルを混ぜると化粧品の落ちが良くなって、オイルを直接肌につけるよりは肌にぬめりが残りません。

洗顔フォームとホホバを1:1の割合にするのが基本ですが、肌の状態や好み(しっとり好みか、さっぱり好みか)によって割合は加減してください。



私が絶対おすすめするホホバオイルランキングはこちら

スポンサーリンク

化粧水に混ぜる

洗顔後の肌に化粧水をつけるとき、ホホバオイルをプラスすると保湿力が加わって、肌がしっとりします。

洗顔後に化粧水を手に取って、ホホバオイルを1~2滴ほど加えます。

水と油なのでそのままでは分離しますが、指でよく混ぜてください。

そして肌に乗せて、全体に伸ばしたら肌に押し込むようにしてなじませましょう。

エアコンで肌が乾きやすいときなどにも効果的です。

このときのホホバオイルは未精製のゴールデンのものがおすすめです。

有効成分のビタミンA、ビタミンE やミネラルが肌にしみ込んで皮膚の細胞に栄養を与えます。

また抗酸化成分がエイジングケアにも効果を発揮します。

乳液、保湿クリームに混ぜる

乳液や保湿クリームにホホバオイルを混ぜると、一層保湿効果が上がります。

乳液や保湿クリームを手に取って、ホホバオイルを1~2滴加えてよく混ぜてから肌につけましょう。

ホホバオイルは肌への浸透性が高く保湿力も優れているので、乳液や保湿クリームの効果をアップさせます。

ゴールドのホホバオイルを使うと肌に有効成分が浸透して抗酸化作用もあり一層効果的です。

たとえチープな乳液やクリームでも、ホホバオイルを加えることで高品質のコスメに生まれ変わります。

元々高級なものを使用していたら、さらに素晴らしいものになるでしょう。

ファンデーション、BBクリームに混ぜる

リキッド(クリーム)ファンデーションやBBクリームにホホバオイルを混ぜると様々なメリットがあります。

肌の油分と水分が保たれるので、肌がしっとりして自然の艶が出ます。

特にBBクリームは固いテクスチャーで使いにくい場合は、ホホバオイルを混ぜると伸びが良くなって肌になじむようになります。

ファンデーションにビタミンやミネラルなどの有効成分を含むホホバオイルを混ぜると、BBクリームのような効果が生まれます。

一定のオイルが含まれているファンデーションやBBクリームもありますが、ホホバオイルを後から加える方が肌の状態や気候によって、オイルの量を調整することができて便利です。

例えば乾燥肌か脂性肌かで調節して、肌がかさつきがちな冬は多めにして汗をかいて崩れやすい夏は少なめにするなど加減ができます。

ファンデーションやBBクリームのパール粒一つ分くらいの量に対してホホバオイルを一滴混ぜるくらいが基本ですが、肌の油分は個人差があるので、使ってみてちょうどよい分量に加減しましょう。

こうしたやり方で、自分だけの肌に合ったファンデーションやBBクリームを作ることができます。

ニベアと混ぜる

ニベアクリーム 大缶 169g

ニベアは保湿クリーム、ボディークリーム、ハンドクリーム、かかとのケアなど、フェイスケアにもボディケアにも使える万能クリームです。

ニベアにホホバオイルを混ぜると、伸びが良くなって保湿性が上がり、有効成分が加えられてちょっとした高級化粧品(?)になります。

フェイスケアの場合、ニベアにホホバオイルを混ぜて普通に保湿クリームとして使っても良いのですが、おすすめは「ニベア+ホホバオイルパック」です。

角栓を溶かして除去する効果と、肌に潤いを与える効果があります。

ニベアにお好みの量のホホバオイルを混ぜて、手のひらでよく混ぜてから顔全体に塗ります。

肌の上が白くなるくらいに厚めに塗りましょう。

この状態で蒸しタオルを顔に巻くか、タオルで顔を巻いて入浴して、10分から15分放置したら余分なニベアをふき取ってから洗顔します。

ホホバオイルは皮脂に近い「ワックスエステル」という成分を多く含むので、毛穴に浸透して角栓や余分な皮脂や汚れを吸着します。

パックと洗顔が終わったら、またニベアとホホバオイルを混ぜたものを肌につけて保湿しましょう。

全身マッサージをするときもこのニベア+ホホバオイルを使うと伸びが良くておすすめです。

シャンプー、コンディショナーに混ぜる

シャンプーにホホバオイルを1~2滴混ぜて使うと、髪がしっとりして頭皮の乾燥対策にもなります。

薄毛に悩む人、髪質が低下してきた人には特におすすめです。

ただシャンプーにホホバオイルを多く入れすぎると泡立ちが悪くなるので気をつけましょう。

シャンプー後の頭皮にさらにホホバオイルを塗ると一層頭皮ケアの効果が上がります。

コンディショナーに混ぜると、髪の艶が増してくしの通りが良くなります。

シャンプーやコンディショナーは、種類によっては混ぜると使いにくくなることがありますが、そういう場合は洗髪の前か後にホホバオイルを使うようにしましょう。

アロマの精油と混ぜる

ホホバオイルはアロマオイルのベースとなるキャリアオイル(希釈用オイル)としておすすめです。

肌への浸透力が高いので、精油の効力を高めます。

ホホバオイルをキャリアオイルとしたブレンドオイルの作り方をいくつかご紹介します。

疲れを取りたいとき

ホホバオイル10ml、ラベンダーオイル2滴目の疲れや肩こり、頭痛に効果的です。

目が疲れたと感じたときには目のくぼみやまぶた、頭痛を感じるときにはこめかみ、肩こりの時には首の後ろや肩につけてマッサージしましょう。

集中して仕事をした後、パソコンを使いすぎた時などに特に効果的です。

ラベンダーは安眠効果もあるので、よく眠れるようになります。

気分を明るくしたいとき

ホホバオイル10ml、オレンジ2滴気分が落ち込んだ時、ストレスが溜まっている時におすすめです。

首や肩をマッサージすると、ポジティブで明るい気持ちになれます。

足のむくみに

ホホバオイル10ml、グレープフルーツ2滴、ローズマリー1滴足がむくんだ時、足がだるいときにはお風呂上りにフットマッサージをしましょう。

オイルをつけて足首、くるぶしの周り、ふくらはぎなどをリンパ腺に沿ってマッサージします。

リンパの流れが良くなって、疲れが取れてむくみが解消します。

傷や炎症の治療

ホホバオイル10ml、ティートゥリーオイル2滴~3滴傷ややけどや虫刺されの治療、日焼けの後の炎症を鎮めたり、ニキビの治療にも使えます。

水虫や痔にも効果があります。

痔の治療にはティートゥリーオイルを少し多めに(5滴くらい)にしましょう。

ティートゥリーオイルは抗菌、抗炎症作用がとても高いのですが、刺激が強いので肌に影響があったらさらに薄めるか、使用をやめましょう。

軽い傷や炎症ならホホバオイルだけでも効果があります。

まとめ

ホホバオイルは単独で使用しても効果を上げることができますが、他の化粧品やヘアケア製品や精油と混ぜて使うとさらに様々な効果を上げることができます。

オイルが肌になじみにくい人も、他のものと混ぜると抵抗なく使用することができるでしょう。

また安価なコスメがホホバオイルを混ぜることで高級化粧品に匹敵する効果を発揮するようになります。

ホホバオイルは工夫次第でまだいろいろな混ぜ方や使い方ができそうです。

ご興味がおありの方はご自分流のブレンド方法を開発してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク