腰痛を克服したいあなたへ、お勧め高反発マットレス3つ。

マットレス・敷き布団, 全件

マニフレックス マットレス メッシュ・ウィング ミッドブルー シングル

朝起きて腰が痛い。

週末いつもよりたくさん寝た時に、腰が痛い。

そんな寝起きから始まる腰痛を改善したいあなたへ。

布団や、マットレスが原因かもしれません。

腰痛対策に高反発マットレスがおすすめです。

なぜ、腰痛になるのか?腰に負担のかからない理想の寝姿勢とは?
高反発マットレスが、なぜ腰痛に良いのか
詳しく見ていきましょう。

Amazonタイムセール祭り開催中!(ポイントアップキャンペーン)(5/7~9)

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら




腰痛の改善。体圧の分散が大事です。

ベストな寝姿勢は、人が直立した状態、そのままを横にしたイメージがベストな寝姿勢です。

この寝姿勢を維持するうえで、問題になってくるのが体圧の分散です。

低反発マットレスや、薄い敷布団、硬い敷布団ですと、反発力が少ないため
腰に集中した体圧を分散することができません。

ちょうど腰部を中心に丸まった体勢で寝ることになります。

柔らかいところに寝ると、どうしても体の一部分が不自然に沈み込んでしまい、それが原因で、
身体の他の部分のどこかに、必ず力が入ってしまいます。

これでは腰に負担がかかるだけなく、血流が悪くなり腰痛を悪化させます。

また低反発のマットレスは柔らかいため、寝返りもしにくくなります。

Amazonタイムセール祭り開催中!(ポイントアップキャンペーン)(5/7~9)

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら




高反発マットレスが選ばれる理由。

一方高反発マットレスは、反発力が強いために、腰部に集中した体圧を効率よく分散します。

理想的な寝姿勢に近づけるということですね。

高い反発力が寝返りもサポートしてくれます。

筋力の落ちたお年寄りの方も、楽に寝返りが打てます。

体は寝返りによって、一日の体の歪みを直しているのです。

無料で整体をしているようなものですね。

長年整体や整形外科に通っても腰痛の治らない方、もう一度寝具を見直してみてはいかがですか?

おすすめマットレス①モットン

モットンは最近かなり知名度を上げてきている高反発マットレスです。

欧米発の高反発マットレスを、日本人の体型に合わせて設計されたマットレスです。

日本人の体型にぴったりな柔らかさと反発力で、老若男女を問わず、
一般的な体重のかた(120k以下)であればおすすめです。

さらに、日本の四季を意識して設計されているからか、通気性も良くて、
夏場の寝苦しさもありませんでした。

体圧分散、耐久性、通気性が高くて底付き感もありません。

モットンは腰痛対策のマットレスの条件を満たしているということと、
90日間の返金保証制度があるところが、万が一あなたの体に合わなかった場合でも安心ですね。

おすすめマットレス② 雲のやすらぎ

腰痛や肩こりに悩んでいる方を想定して作られた敷布団「雲のやすらぎ」
厳密に言うとマットレスではないのですが、畳やフローリングに直接敷けて、
その際はマットレスは全く不要ですので、実質はマットレスと同じ役割を果たしてくれます。

雑誌やテレビでも取り上げられ、30代以上の方に絶大な人気があります。

17cmという敷布団にしてはかなりの厚みではありますが、
これが睡眠中の腰痛の原因である体圧を上手く逃がしてくれるポイントになっています。

防ダニ対策、通気性もバッチリでこれで寝たらほかの寝具には乗り換えられません。

おすすめマットレス③マニフレックス

マニフレックス・マットレスは高反発マットレスの中でも硬めのマットレスです。

海外製品だけあって身体の大きい人に合わせた作りになっているのだと思います。

世界中で長く愛されているだけあって、バランスの取れた品質の高いマットレスです。

人によって好みが分かれるマットレスですが、
スポーツ選手に人気が高く、身体の大きい人にはぴったりのマットレスです。

まとめ

腰痛になる理由と、その対策。

さらにおすすめのマットレスについて
ご理解頂けましたか?
おすすめのマットレスは、高めの金額の商品が多いです。

しかし腰痛を克服できるなら、
安い買い物かもかもしれません。

それぞれのマットレス会社の、保証をうまく利用したり、ネットでの評判など調べたり、
できれば実際に触れてみて、寝てみて買い替えを検討してみてください。