初心者だからこそ目的にあったランニングタイツを

マラソン

ランニング初心者の方の中には、ランニングを始めて挫折を味わった人が多いのではないでしょうか。

ランニングをはじめようと思ったときの目的は何でしょうか。

”健康維持”のため、”体力作り”のため。

それぞれランニングの動機に多いものですが、目的は異なっていて必要なペースと距離、時間の長さも異なります。

ランニングの目的にマッチした運動量とランニングタイツを選びましょう。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら




健康促進に効果のあるランニングタイツ

イギリス・ロンドンのキングカレッジの研究では、週3時間以上の運動習慣を続けている人は、週15分以下の運動量の人と比べて平均して寿命が9年長くなりました。

一方でブリティッシュメディカルジャーナルとウォールストリートジャーナルの報告の中に、週に30~40km以上を時速12km以上で走る人は平均的に健康を害すリスクを高めました。

この運動量の間に、健康促進のペースがあります。

週3日、一日30分から長くて1時間までというペースを健康促進ペースとします。

健康促進ペースに適したランニングタイツは、圧着効果で血行を促進し、肌にぴったり張り付く物があっています。

ふくらはぎをカバーするロングタイツを買いましょう、ふくらはぎだけにつける事が出来るタイツも履く手間がなくずれないので、血行促進とリンパの流れの確保が狙えます。

ペースはどれだけゆっくりでも片足は地面から離し、会話が出来るくらいのペースを守りましょう。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)

私が絶対おすすめするランニングタイツランキング(メンズ・レディース)はこちら




ペースを上げたくなったときは初心を思い出す

ランニングはハードワークです、自らの健康がどのくらいの力を持っているのか勝負してしまうところがあります。

しかし意識せずにオーバーワークにいたってしまうことはとても危険です、怪我をせず帰ってくることがとても大切です。

ランニングタイツはランニング中の怪我防止のために負担軽減を目指しています、フルマラソン完走の裏には怪我のリスクが常にあります。

限界まで自分を追い込んでしまうことはないでしょうか。

頑張りすぎる人はとても怪我をしやすく調子のいい時間を短くしか保てません。

スポーツメーカーから発売されている上位モデルが存在するシリーズタイツがあります。

最上位がパフォーマンス向上の技術が入ることが多く、シリーズの下位のロングタイツが初心者にはおすすめです。

基礎に怪我防止とふくらはぎのポンプ機能向上が含まれていることが多いので、シリーズ上位を狙わず下位を狙って購入しましょう。

目標が体力向上に変わったのか常に考えましょう。

健康維持が健康増進や向上に変わっているとき、そこには落とし穴が待っています。

常に初心者でいるために

走りすぎていないかチェックするには、常にストレッチをして筋肉がランニング前より硬くなっていないか意識することが簡単です。

硬くなった筋肉は元の半分の力しか負荷に耐えられず、循環も弱るので気にせず走ると消えない痛みがたまっていきます。

それでもランニングを休みたくない方はランニングタイツを履いて、筋肉が柔らかくなるまでトップペースの半分を走るようにしましょう。

筋肉の伸びる力は収縮する力と同じなので、伸びなくなってしまった筋肉は縮むことが出来なくなった筋肉ともいえます。

常によく伸びる筋肉をキープすることが、初心を忘れないためにとても大切なことです。

ランニングとストレッチのやりすぎに注意

ランニングタイツが必要に感じる人は、余暇に行うトレーニング量が多すぎる傾向があります。

距離をクリアするために長く走ったり、心拍数をクリアするためにペースを上げようとがんばることはありませんか?ストレッチにも30分以上は注意が必要です、伸ばそうとすることも筋肉に負荷がかかっていて、筋トレと変わらない負担があるからです。

こなしている運動量が、調子がよくない日にはオーバーワークにいつでもなってしまうのがランニングです。

怪我のサインにしっかりと気付き、健康維持にも体力作りにも体が喜ぶ量の運動効果を得るには、ランニングタイツを履いて会話が出来るうちに運動を終わりましょう。

まとめ

ランニングタイツは何よりも、負担軽減のためにあるということを忘れないようにしましょう。

記録を伸ばすためでなく、明日に疲れを残さないために身につけます。

物足りなくなってきたときには最初の目的を思い出し、目標を設定しなおしましょう。

目的が体力アップや自分の可能性に挑むことに変わっていたら初心者を卒業する意識をして、しっかり体と相談しながら目標を達成しましょう。