腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

お風呂を使って痩せよう! ダイエットに効果的な入浴剤とその使い方

   

マックス 汗かきエステ気分 リラックスナイト 500g

入浴剤は、健康のためや美肌のために使用している人が多いです。

でも、それだけのためではなく、実はダイエットの為にも使用することが出来るというのはご存知でしょうか?

お風呂で痩せることが出来たらそんなに楽なことはないでしょう。

そこでここではそんな、ダイエットに効果的な入浴剤とその使い方について紹介していきます。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

バスソルト系の入浴剤は効果的

ダイエットに効果的な入浴剤としてまず挙げられるのは、バスソルト系の入浴剤だと言えるでしょう。

バスソルト系の入浴剤には、汗をたくさんかかせるという効果が有ります。

汗をたくさんかいていけば、その分体の中の老廃物なども排出していけると言えるでしょう。

そうして体の中の老廃物を排出していけば、それによって代謝が良くなっていきます。

代謝が良くなるということは当然ながらそれ以上脂肪がつきにくくなるということになりますし、脂肪が燃えやすくもなるということになります。

なので、ダイエットしようと思ったら、バスソルト系の入浴剤を使うと良いでしょう。

痩せてもいきますし、太りづらくもなるのですから、ダイエットにはすごく効果が期待できるでしょう。

見た目もすっきりしやすい

また、老廃物が汗と一緒にしっかりと排出されていくということは、その分だけ見た目的にもすっきりしやすくなるということになります。

顔や身体がふっくらと見える原因の一つに、老廃物がたまっているからと言う事があります。

それは確かにそうでしょう。

老廃物が溜まっていたら、当然そこはふっくら見えてしまうものです。

でも、なかなか日常の中で老廃物を流すための努力はしないものですから、なかなかソレは改善しないのです。

入浴剤ならいつものようにお風呂に入るだけですから、ズボラな人でも忙しいひとでもなんとかなるでしょう。

だから、入浴剤を使うことはおすすめです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

炭酸系の入浴剤もダイエットには向いてる

バスソルト系の入浴剤と同じように汗をかきやすくしてくれる入浴剤として炭酸系の入浴剤があります。

ただ、バスソルト系の入浴剤と、炭酸系の入浴剤では、ややその汗を出す仕組みは違います。

炭酸系の入浴剤は、体を温めて汗を出そうとするものですが、バスソルト系の入浴剤は、塩分濃度の違いで汗を出させようとするものになります。

結果は同じでも、そこに至るまでの過程は違うのです。

当然与える効果も変わってくる

ということは当然それがダイエットに与える効果も変わってくると言えるでしょう。

バスソルト系は代謝を良くしてダイエットに向いている身体を作ろうとする入浴剤でしたが、炭酸系の入浴剤は、体を温めて、より血液の循環を良くすることでダイエットを促すというものになります。

血液の循環が滞っていると、臓器の類の働きも弱くなっていきます。

でもそうして臓器の類の働きが弱くなっていくと、当然栄養もきちんと運ばれませんし、無駄になりやすくなるでしょう。

そうして老廃物が増えたり、無駄な脂肪が増えたりするのです。

しかしそれは逆に言えば、臓器をしっかりと動かすことが出来ればそうなることはなくなり、むしろきちんと栄養を届けたり、老廃物の排出ができたりして行くということになります。

当然無駄な脂肪が増えることもなくなるでしょう。

というよりもしっかりと今ある無駄な脂肪が燃えるようになるはずです。

だから、体を温めてくれる炭酸系の入浴剤も、ダイエットにはすごく効果的だと言えるのです。

温めのお湯に使うのがポイント

ダイエットの為にこうした入浴剤を使うのであれば、温めのお湯に使うのがポイントになります。

ダイエットの為にはたくさん汗をかく必要がありますし、しっかり体を温める必要があります。

なので、熱いお湯に入った方が良いのではないかと思う方もいるかもしれません。

しかしそれは間違いなのです。

熱いお湯の場合は、そこに入ってからすぐにそこから出ないとならなくなるでしょう。

人はそうそう熱いお湯には長く入ってはいられませんから。

でもそれでは、一見たくさん汗をかいていても、全然身体は温まっていません。

なので、あまりその入浴剤によるダイエット効果は感じられないでしょう。

それでは残念なので、ダイエットに効果のある入浴剤を使うのであれば、温めのお湯に使うようにして下さい。

温すぎるのはダメ

体をじっくり温めるのが効果的なので、当然ながら温すぎるのはだめです。

温すぎるというのはつまり、ちょっとした温水プール位の温度だということです。

それでは、どうしても身体が温まりづらいです。

いくら入浴剤の力があったとしても、なかなか上手く身体を温めることは出来ないでしょう。

なので、ある程度は暖かいお湯にしてください。

だいたい20分から30分くらいは入っていたいところなので、それに耐えられるくらいの温度で、かつ寒いと感じない程度の温度設定にしてください。

小分けにして入るとなお効果的

だいたい20分から30分くらいは入るのが効果的と言ってきましたが、それは、一気に20分から30分入るのが効果的だというわけではありません。

そうではなく、10分×2とか7分×4とか、そんな風にして小分けにして入るのがおすすめになります。

そういう風にして小分けにして入ると、一旦身体を温めて、冷まして、そしてそこからまた温めてと言うことを繰り返すことになります。

そうすることによって、よりしっかりと身体を温めることが出来るようになり、より老廃物を排出することが出来るようになるのです。

詰まっていたものも、何度かそうして押し出されることによって無事に流すことが出来るでしょう。

だから小分けにして入るのがおすすめなのです。

小分け過ぎるのは良くない

ただ当然ながら小分け過ぎるのは良くありません。

たとえば合計で30分入ろうと思って、3分×10にするとか、そういうのは良くないのです。

なぜなら、3分くらいではしっかりと身体を温めることが出来ないからです。

3分くらいで出てしまうというのは、お湯がすごく熱い時の入り方です。

お湯がすごく熱い時であれば、3分くらいで出てしまっても汗をかくでしょう。

でも、ここで推奨しているお風呂の入り方は、温めのお湯に入ることになります。

なのでそういうお風呂の入り方では、全然身体を温めることが出来ないのです。

ずっとなんとなく肌寒さを感じているだけになる可能性もあるでしょう。

それではもはやダイエットというか風邪をひいてしまう可能性も出てきます。

ダイエット中であまりものを食べないようにしていたとしたら、栄養もあまり足りていない事もあるでしょうし、その位で風邪をひいてしまうこともあるでしょう。

そうなったら当然ダイエットどころではなくなってしまいます。

そうしてこれまでの頑張りが無駄になってしまうかもしれません。

それはやはり避けたいところです。

なので、そうならないように、小分けにしてお風呂に入る際にも、小分けにしすぎないように気を付けて入るようにしてください。

最低でも1回5分以上は入りたいところです。

まとめ

ダイエットに効果的な入浴剤と、その入浴剤の使い方はお分かりいただけましたでしょうか?

ただお風呂に入るだけでダイエットに良い効果を出すことが出来るかもしれないわけですから、やってみた方が良いでしょう。

やってみてそのせいで太るということはまずない方法でもありますし、試してみるだけの価値は間違いなくあります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤