腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

これからの季節における入浴剤を用いた腰痛の改善方法について

   

【大容量】 バブ  6つの香りお楽しみBOX うるおいプラス 48錠 炭酸 入浴剤

入浴剤を用いた腰痛改善は効果的であるとされています。

例えば、冬場の季節においては入浴剤を利用して体を温めることが重要になってきますが、夏場の暑い季節においても腰痛改善としては入浴とともに、入浴剤を利用して体を温めることにより、改善効果が期待されます。

今回は入浴剤を用いた腰痛改善について、夏場の季節の内容も含め、紹介していきます。

腰痛を改善していくために必要なことは2つあるとされています。

その2つについて紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

体を温めること

1つ目は体を温めることです。

体を温めるために最も効果的なものとしてあげられるのが入浴です。

入浴をする際には、シャワーで終わらせるのではなく、お風呂の湯船にお湯をためて、ゆっくりとつかることが重要になってきます。

もちろん、湯船に浸かるだけでも体を温める効果はあるのですが、さらに効果を上げるためには入浴剤を用いることにより、体の芯から温めることができます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

入浴剤選びについて

入浴剤はスーパーやドラッグストアでたくさんの種類が販売されています。

その中で、腰痛に効くとされている入浴剤としては、入浴剤の成分に炭酸ガスが含まれるものをおすすめしたいと思います。

なぜ炭酸ガスが含まれているものがおすすめなのか

もちろん、炭酸ガスが含まれていない入浴剤も腰痛の効果があるとされていますが、炭酸ガスが含まれているとさらに効果が増します。

理由は、炭酸ガスの成分には体の中の血管を広げやすくする効果があります。

体の中には多数の毛細血管が張り巡らされています。

この毛細血管は体の先端まで行き渡っていますが、炭酸ガスの成分によってこれらの毛細血管が広がり、血流が改善されていくのです。

この血流改善の効果によって、体内の新陳代謝も活発化し、体が温まることになるのです。

これらの効果によって、腰や腰の筋肉に関係する背中やお尻の血流が良くなり、さらに老廃物も体内から出やすくなるなることにより、痛みが和らぐことになります。

従いまして、もし入浴剤をご購入する場合には、この炭酸ガスが多く含まれている入浴剤を選んでいただくのをおすすめしたいと思います。

炭酸ガスが含まれる入浴剤の副産物の効果について

入浴剤の効果としては、血行を促進し体を温める以外にも、副産物的な効果があります。

先ほどの血行促進効果により、体の隅々まで行き渡る毛細血管が広がり血流が良くなるのですが、新陳代謝も活発化することにより、脂肪を燃焼させることもできます。

つまりダイエットに効果があるのです。

脂肪が燃焼している感覚としては、一例を挙げてみます。

お風呂の湯船にゆっくりと浸かっていると、次第に頭や額の方から汗が出てくる感覚がありますが、この状態が新陳代謝が活発化し、脂肪を燃焼させている状態です。

ただダイエット効果を求めるには、湯船の温度には気をつける必要があります。

例えば、半身浴をすることで老廃物を出し、ダイエットをする場合には、湯船の温度は38度程度の低温にしておく必要があります。

新陳代謝を活発化させるために湯船の温度を上げ、長い時間浸かっているとのぼせてしまい、危険な状態となります。

特に暑い温度で入浴剤を入れてしまうと、ダイエットとしては逆効果になります。

したがいまして、入浴剤を入れて長い時間浸かるには、湯船の温度は38度程度の低温で30分前後浸かるようにします。

おすすめの入浴剤の商品について

【大容量】 バブ  6つの香りお楽しみBOX うるおいプラス 48錠 炭酸 入浴剤

入浴剤で炭酸ガスがふくまれているものでおすすめなのがバブです。

バブは花王から発売されており、スーパーやドラッグストアでも良く見かける商品です。

バブの歴史としては長く、1985年から発売されています。

発売当初、バスクリンという入浴剤に対抗する形で店頭に商品が並びました。

湯船に入れるとバブのタブレットが溶け、炭酸ガスがどんどん出てくるシーンは衝撃的でしたが、その頃から現在でも根強い人気の商品です。

バブのパブレットが溶け切ったのちに湯船に浸かると、体に炭酸ガスがまとわりつくような感覚で、体を包み込みます。

およそ30秒くらい湯船に浸かっていると、体がポカポカしてきて、体の芯まで温まっている感覚を持つようになります。

湯船に浸かった後にお風呂からでても、体が温かい状態が続きます。

このように、バブを1回でも使うと、バブの虜になってしまうこともあります。

それだけ効果を実感することがあるのです。

バブの種類について

バブはタブレット型の入浴剤で、入浴する場合には湯船にタブレットを1つ投入します。

バブのタブレット型はバブの種類としては1つなのですが、たくさんの香りがついた商品が販売されています。

例えば、ゆずといった香りやヒノキなどの森の香りはバブの定番の香りです。

最近では、アロマ効果が期待されるラベンダーの香りや、ベルガモットジンジャーの香りなど、いろいろな香りを楽しみながらリラックスした気分で湯船につかることもできます。

さらにバブはスーパーやドラッグストアで入浴剤の定番の商品として販売されています。

入浴剤の中には特定のお店でしか販売されていないレアの商品もありますが、普段使うスーパーやドラッグストアに定番で、かつ効果のあるバブが発売されていることもあり、使いやすさや購入のしやすさも申し分ないと言えます。

夏場にも入浴剤をつかう

腰痛改善のポイントとしての2つ目は、夏場においても入浴剤を使って改善することです。

夏場にはなかなか入浴剤を使うことが少ないかもしれません。

例えば、夏場といえば暑い季節で、体も暑く、お風呂で温まる必要がないと思われているかたも少なくありません。

しかしながら、夏場だからこそ、入浴剤を用いて体を温めるようにする必要があるのです。

理由としては、体を冷やす要素が夏場には増えてくるからです。

なぜ夏場にも入浴剤を使うと良いのか

夏場だからこそ、体が冷える要素が多いとされていますが、これらは外的要素が関係してきます。

例えば、暑いのでクーラーの効いた部屋で過ごすことが多くなります。

特に、熱中症などの予防策としてクーラーと、水分補給をするということが必要になってきます。

熱中症の予防などは生命の維持においては大変重要なのですが、一方で、体を冷やしすぎてしまうこともあります。

電車やオフィス、公共施設、全てにおいてクーラーが効いています。

クーラーの効いた場所は心地よい空間ではあるのですが、長時間の滞在により体が冷えきってしまうことがあります。

さらに暑い場合には、氷の入った飲み物を購入する場合も増えてきますが、冷たい飲み物は体を一気に冷やしてしまうのです。

このように、夏の暑い季節においても体が冷えてしまい、腰痛を悪化させてしまうこともあるのです。

バブにも夏用の商品が販売されています

バブ クール 涼やかミントの香り 12錠入

おすすめの入浴剤であるバブには夏用の商品が販売されています。

クールタイプとして、ミントの香りとマリンフラワーの香りの2種類です。

このクールタイプは、夏の暑い日にはさっぱりで体がべたつかないもので、湯上り後の火照りを和らげる効果があるのです。

その一方で、バブの本来の成分である入浴効果である血行の促進により、腰痛はもちろん、疲れや肩こり、夏の冷え性にも効果があります。

夏にも、体が冷える要素は多くありますので、入浴剤を利用して体を温めるようにします。

まとめ

入浴剤は季節を問わず、体を温めるには効果的なものです。

腰痛を持っている方には冬場の寒い季節が終わり、暖かい時期に入って腰回りも楽になった方もいらっしゃるかと思います。

ただ今後、夏場においては体を自ら冷やしてしまうことがあり、腰痛が辛くなる可能性もあります。

このような時には、夏用の入浴剤などを利用し、体を温めるように工夫をしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤