腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

どうやって捨てる?要らなくなった入浴剤の正しい処分方法

      2017/09/08

入浴剤は、人からもらうことも少なくないものになります。

でも、そうして人からもらう入浴剤は、肌に合わなかったり、あるいは香りがあまり好きではなかったりして、いらないと思うこともあるでしょう。

そうして要らなくなった入浴剤は、どうやって捨てるのが正解なのでしょうか?

ここではそんな入浴剤の処分方法について見ていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

可燃ごみとして捨てる

入浴剤の処分方法は、基本的には燃えるごみとして出してしまって問題ありません。

なんとなく色々なガスの成分などが含まれていたりすることもあるので、燃えるごみなのかどうか迷う事もあるでしょうが、たかが入浴剤に含まれているガス成分くらいでどうにかなるということはありませんし、だいたいどこの自治体でも入浴剤は燃えるごみとして出してしまって問題ないと言われることでしょう。

だから、どうしても要らない入浴剤が出てきた場合は、それは燃えるごみとして処分するのが最も簡単で、かつ適切だと言えるでしょう。

瓶入りのものは瓶と同じ

では、瓶入りのものはどうなるでしょうか?

それは当たり前ですが、ビール瓶とおなじような処分方法になります。

中身はおそらく入っているでしょうから、中身だけ捨てて、あとは普通に一般的なビール瓶などと同じように処分していくと良いでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

お風呂に入れて湯を流す

では、そんな瓶入りの入浴剤の中見はどうやって処分するのが正解なのでしょうか?

瓶入りの入浴剤は、そのまま中身を入れたまま出すわけにはいきませんから、中身は捨てないとなりませんが、意外とその捨て方は分からないものです。

先述の通り、燃えるごみに混ぜてしまうというのもありですが、それではなんとなくゴミ袋が破れてしまった時などの不安が残ります。

粉上の物をゴミ袋に入れて、万が一にでもそのゴミ袋が破れてしまったら、そこからはもう地獄になるでしょう。

だから、出来ればそうならないようにして処分をしたいと思うはずです。

そんな時におすすめなのが、お風呂に入れて、そのお風呂のお湯を捨てるという処分方法です。

使った入浴剤とおなじことになる

そうしてお風呂のお湯に入浴剤を入れてその入浴剤入りのお湯を捨てるということは、使った入浴剤が入っているお湯を捨てるのと同じことになると言えます。

お風呂のお湯に入浴剤を入れて、そこに浸かった後、普通にそのまま排水溝から処分をしているはずです。

使っていない入浴剤をお湯に入れて流しても、原理としてはそれと同じことになるので、まったく問題なく入浴剤を処分することができるようになるのです。

数回に分けて処分するのがおすすめ

もちろん一回のお湯に全ての入浴剤を入れて処分するのでもおそらく問題はないでしょう。

しかしお湯の量に対して入浴剤が多すぎて、その入浴剤がきちんと解けずに、排水溝に詰まってしまったりすることもあるでしょう。

そうして排水溝に詰まってしまったら、やはり後ですごく面倒になります。

なので、そうならないように、数回小分けにして処分するようにすると良いでしょう。

数回に分けて処分するのは、確かに手間もかかればある程度の時間もかかります。

でも、お風呂のお湯を捨てる度にやや多めの入浴剤を入れて捨てるだけですし、そもそも入浴剤を処分する時にそこまで急いでいるということもないでしょう。

別に急いでいないのであれば、小分けにすることである程度時間がかかるようになってもあまり問題はないはずです。

だから、こうして小分けにして捨てていくのがおすすめです。

環境には問題ないのか

こうしてお風呂のお湯に必要量以上の入浴剤を入れることには、環境には問題ないのだろうか?

と不安になる人もいるでしょう。

でも、実際問題環境には特別問題ありません。

入浴剤をお湯に入れて流すと、時間とともにそれが分解されていきます。

そうして環境に対しても何も問題がなくなるのです。

ただそれも、すべての入浴剤を一回分のお風呂のお湯に入れてしまうとどうなるかわかりませんから、やはり数回化に分けて処分するのが適切だと言えます。

トイレに流すのもアリ

瓶入りの入浴剤などで、中身だけ先に捨てないとならない時、トイレに流すというのもアリでしょう。

トイレだって、水が溜まっていて、かつその水を捨てることが出来るものになります。

ということはそこに入浴剤を溶かして流すのもアリなのです。

ただトイレの場合には、お風呂に入れるよりもさらに少ない量しか入れることが出来ないでしょう。

あまり入れ過ぎると詰まる可能性も

トイレは、比較的に簡単に詰まってしまうようなものです。

だから、あまり入浴剤を入れ過ぎてしまうとそのせいでトイレが詰まってしまうこともあるでしょう。

トイレが詰まると、お風呂が詰まるよりもさらに焦るでしょう。

お風呂に比べると不衛生なイメージもあるでしょうし、すごく不快な気持ちになるはずです。

なので、そうならないように、お風呂に入浴剤を捨てる際には、少しずつ少しずつ捨てるようにしていきましょう。

トイレの臭いとりにもなるので一石二鳥

トイレに入浴剤を捨てた直後は、その入浴剤の香りがしてくることでしょう。

そうしてその入浴剤の香りがしてくるということは、トイレの臭いとりにもなります。

ただ捨てるだけではなく、そうして臭い取りとしても使うことが出来るというのは、まさに一石二鳥です。

トイレだけでは瓶の中の入浴剤を全て捨てきるのにすごく時間がかかるでしょうから、お風呂に入れて捨てるというのとあわせて捨てるようにするのがおすすめです。

それならばより素早く入浴剤を処分していくことが出来るでしょう。

誰かに配る

要らない入浴剤の処分方法としておすすめの処分方法がもう一つあります。

それが、誰かに配るという処分方法です。

入浴剤は人からもらうことも多いものです。

ということは当然、自分が人にあげても、特に変なものではないということです。

もし自分が買った入浴剤が、思っていたのとは違い、肌に合わなかった時、あるいは香りがなんとなく好きではなかった時には、それをひとにあげてみるのもありでしょう。

自分の肌には合わなくても人の肌には合う可能性はありますし、自分はあまり好みの香りではなくても、その誰かにとっては好きな香りであるということもありますから。

人からもらったものの場合は注意

ただ、もし要らなくなった入浴剤が、人からもらったものである場合には、注意が必要です。

というのも、いくら合わないものとは言えども、誰かにあげたものを、またさらに誰かにあげられるというのは、最初にそれをあげた人からしてみれば気持ちの良いものではないからです。

要らないなら要らないで捨ててくれた方がまだましだったと思われてしまう可能性も高いでしょう。

そうしていらぬトラブルを招いてしまう可能性もあります。

万が一にもそうなる可能性があるのですから、人からもらったものは、それをまた誰かにあげるのではなく、自分で処分をするようにしていきましょう。

出来ればもちろん何らかの形で使用するのが一番ですが。

まとめ

入浴剤の処分方法については、以上になります。

なんとなく難しそうに思えた入浴剤の処分方法ですが、この様に実はまったく難しいところはありません。

しいて言うならば瓶入りの物が気持ちやっかいだったりもしますが、それもそこまで面倒なものではありません。

だから、あまり処分方法には迷わず、スムーズに処分していけるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤