腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

やっぱり低反発マットレスで眠りたい!そんな人のための寝具、東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーについて

   

腰痛 マットレス 低反発

高反発マットレスは寝返りが打ちやすく、腰痛や肩こりなどの身体の不調が改善されるということで人気が高い寝具です。

ところがその半面、高反発なゆえに背中が痛くなったり寝返り回数が増えすぎたりして、かえって熟睡できなかったというケースもあるようです。

そのような人の場合は、一度低反発マットレスを試してみるのも良いのではないでしょうか?

とは言っても、一度購入してしまった高反発マットレスをどうすればよいのか悩んでしまいますよね。

ところがそのような心配を払拭してくれるマットレストッパーがあります。

今回は今使っているマットレスや敷布団の上に敷いて快適な睡眠が得られるという、東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝返りの打ちやすさでは高反発の方が良いのですが…

今、高反発タイプのマットレスやマットレストッパーに人気が高まっていますが、その理由のひとつに寝返りが打ちやすいということが挙げられます。

低反発タイプのものだと身体が沈み込んでしまい寝返りが打ちにくくなるために、朝起きると腰痛や肩こりが発症しやすいというのは確かにあります。

ところが人によっては高反発タイプでは仰向けに眠ると背中が痛くなるとか、寝返りの度に目が覚めてしまうという人もいるので、一概に低反発タイプが良くないとは言えないのです。

特に体重が軽い人の場合、高反発タイプの寝具で眠ると背中の部分が浮いて痛くなったり、過剰に寝返りを打つ回数が増えたりして熟睡が妨げられることもあるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

高反発タイプは寝返りを打った時に衝撃を受けやすい

また高反発マットレスやマットレストッパーで眠っていて寝返りを打った時、復元力が早くマットレスが硬いために身体に多少なりとも衝撃を受けやすくなります。

それが寝返りを打った時に目が覚めるということにつながるため、快眠を期待して購入したはずの高反発寝具が逆効果になってしまうのです。

その点、低反発マットレスやマットレストッパーならばゆっくりした復元力で、衝撃を吸収してくれるのでそのような心配もありません。

確かに寝返りが打ちにくいといったデメリットもありますが、クオリティーの高い低反発タイプのマットレスやマットレストッパーは同じ寝姿で長時間眠っていても体圧分散がうまくできるシステムになっているため、朝目覚めた時に腰痛や肩こりに悩まされるといったリスクもかなり低減されています。

一年中快適な寝心地を実現した国内メーカーの素材

そんな低反発タイプの寝具の中でも、クオリティーの高いマットレストッパーとしておすすめなのが、東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーです。

東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーは文字通り、大手国内メーカーの東洋ゴムが研究開発した素材で作られたもので、従来の低反発素材のデメリットをクリアすることで一年中快適な寝心地を実現した高機能のマットレストッパーです。

従来の低反発素材といえば折り曲げや引っ張りなどに対する強度が弱く、通気性がほとんどないので蒸れやすく劣化が早いというデメリットがありました。

また温度変化によっても素材の状態が変わりやすく、夏は湿気でカビやダニの温床になったり、冬はガチガチに硬くなったりするので寝心地が季節によって変わるのも大きな欠点でした。

これらのデメリットを改良することで、快眠とさわやかな目覚めが実現したマットレストッパーが東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーなのです。

東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーの5つの機能

このマットレストッパーには従来の低反発タイプでは実現できなかった、5つの優れた機能が秘められています。

では今までの低反発や高反発では得られなかった、快眠効果を発揮する5つ優れた機能とはどのようなものなのか、説明していきたいと思います。

従来の低反発タイプに比べて復元力が早い!

東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーに採用されているフォームは、高反発タイプよりは反発力は弱いですが、従来の低反発タイプに比べると復元力が早いというメリットがあります。

そのため寝返りも従来のものより打ちやすいうえに、寝姿が長時間変わらなくても身体への負荷が一点に集中せず、うまく体圧分散されて負担が掛かりにくくなっているのです。

この低反発マットレストッパーで眠ると、寝起きに腰痛や肩こりが起きにくいという口コミがあるのも、体圧分散がうまく機能しているからなのです。

寝返りが多すぎて十分に眠れない人や、ケガや病気などで寝返りが打てないという人には、この東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーがぜひおすすめです。

折りたたんでもクッションの骨格が破れない!

マットレストッパーはベッドだけでなく、フローリングに直に敷くマットレスの上に敷く場合や敷布団に敷く場合もあります。

ベッドならば万年床ということになりますが、直にマットレスや敷布団を敷く場合は省スペースのために折りたたんでおく必要があります。

しかし従来の低反発マットレストッパーは折りたたむとクッションの骨格が破れ、それがマットレストッパーの寿命を縮めてしまう原因にもなっていました。

ところが東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーは折り曲げや引っ張りでも劣化しにくいよう、クッションの骨格を太く強くすることでクッション感が長期間保てるように強度をアップしました。

ベッドを置くスペースがなくフローリングに直に寝具を敷く場合や、和室で布団を敷いて寝る場合は折りたたみにも強いこの低反発マットレストッパーがぜひおすすめです。

寒いシーズンでもカチカチにならない!

低反発マットレスやマットレストッパーの場合、暖かいシーズンならばソフトなタッチを維持することができますが、寒いシーズンは気温や体温によって硬さが変化する特性から、カチカチになって横たえる時には硬さを感じますので寝心地がイマイチといった感があります。

最初の寝心地が悪いと多少なりとも睡眠の質に悪影響を及ぼしますので、やはり最初からソフトなタッチを維持してほしいものです。

その点、東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーならば、東洋ゴムの新技術で温度に影響を受けない素材を使用していますので、室温が低くてもマットレストッパーがカチカチにならず、すんなりと質の良い眠りに入っていくことができます。

通気性が良く暑い季節や梅雨期でも快適・快眠!

低反発素材の最大のデメリットと言われているのが、通気性の悪さによる蒸れや寝苦しさです。

ところが東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーは通気性の良いウレタンフォームを採用することで、通気性の悪さによる蒸れや寝苦しさを大幅に低減しました。

東洋ゴム製のウレタンフォームは通常のウレタンフォームとは違い、気泡の一つ一つの膜をなくして通気性を良くすることで水分を蒸発しやすくし、蒸れにくく蒸し暑さで寝苦しいといったデメリットがかなり改良されています。

暑い季節や梅雨期でも快適・快眠ができる、スグレモノの低反発マットレストッパーなのです。

側生地はソフトで肌触りの良いパイル生地

東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーの側生地は、ソフトで肌触りの良いパイル生地がキルティング加工されています。

また側生地で低反発の東洋ゴム素材がサンドされ丁寧にヘム縫合されているので、中材のズレや遊びがほとんどなく、寝心地にも悪影響を及ぼさない仕様になっています。

パイル生地は綿80%とポリエステル20%でできているので、吸水性と速乾性に優れていてカビやダニが発生しにくく衛生的に使用することができます。

ただしこの側生地は外して洗濯することができませんので、汚れを防ぐためにボックスシーツなどを使用することをおすすめします。

まとめ

低反発タイプのマットレスやマットレストッパーは、寝返りが打ちにくいということと腰痛の人には不向きということで高反発タイプに押されがちですが、それでも低反発タイプの方が快眠できるという人も結構存在します。

また最近では東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーのような、機能性が高く低反発のデメリットを解消してより快眠できて朝の目覚めが良いという商品も登場してきています。

もし今の高反発タイプや硬い敷布団に不満があるのであれば、一度東洋ゴム素材の低反発マットレストッパーを試してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団