腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

スギウラクラフト ドライブ専用 クッションで腰痛対策!

   

腰痛になってしまった方は、パソコンチェアーに座るだけで腰が痛く感じてしまいます。

そのため、振動してしまう車に乗ったら、さらに腰が痛く感じてしまうので、腰痛の方は車の運転をする事が辛く感じています。

そこで、おすすめしたいのが『スギウラクラフト ドライブ専用 クッション』です。

このクッションは、車に乗っている時でも、腰にかかる負担を軽減できるので詳しく紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

スギウラクラフト ドライブ専用 クッションの構造

本製品は車に乗っている時に、腰にかかる負担を軽減できるように作られています。

そのため、腰痛の方でも本製品を利用したら、以前よりも車に乗りやすくなる可能性が高くなるので、詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

お尻を左右からホールド

腰痛の方は、少しでも腰を動かしたら、腰が痛く感じやすいです。

そのため、車の振動によって、腰が左右に揺れてしまったら、腰が痛く感じやすいので注意しなければいけません。

そこで本製品は、左右の部分に『アウターフレーム』が備えられていて、中央部分だけが凹んでいる状態になっているのです。

このような形状になっているクッションなので、お尻を左右からホールドしてくれます。

そのため、ある程度まで車が振動しても、腰が動きづらくなっているので、腰痛の方にはおすすめのクッションです。

立体的な背もたれ

車のシートは典型的なL字形状になっている上に、背もたれの下側部分は凹んでいるので、椅子のシートと腰の間に隙間が生じやすくなります。

そのため、車のシートから腰が離れやすくなっていますが、シートベルトで身体を固定しているので、腰に負担をかけやすくなっているのです。

もしも腰痛になっている時に急ブレーキをかけるような事があれば、その時の衝撃は腰に大きな負担をかける事になってしまいます。

所が、本製品の背もたれは立体的な構造になっているので、腰と本製品の背もたれがしっかりと密着するので、腰にかかる負担を軽減できています。

安定したクッション

腰痛が辛く感じて、車のシートにクッションを敷いても、クッションがズレてしまって、腰が痛く感じてしまう事もあるでしょう。

所が、本製品は座面と背もたれが一体型になっているクッションになっている上に、車のシートのヘッドレストとシート本体の隙間の支柱に本製品のヒモのような物をつなぐ事ができるのです。

そのため、車が振動しても、本製品はズレづらくなっているので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

本製品のデザイン性

車が好きな方は、腰痛でも利用しやすくなっているクッションでも、車の雰囲気になじまないようなデザインをしていれば、利用したくないでしょう。

所が、本製品は腰にかかる負担を軽減するだけではなく、車の雰囲気になじみやすいデザインをしているので、その魅力に迫ってみます。

スピード感のあるデザイン

日本ではスポーツカーに設置するシートが専門店では販売されていますが、本製品はそのようなシートに似ているデザインをしています。

実際に背もたれや座面が一体化されている上に、縦方向にツートンカラーになっている事によって、統一感のあるデザインになっています。

さらに本製品の中央部分には、上から下方向に向かって、鳥のクチバシのようなマークが5つ描かれているようなデザインになっているのです。

そのため、少しスピード感のあるデザインになっているので、車の雰囲気に合いやすいデザインになっています。

豊富なカラーバリエーション

本製品の両サイドは、ブラックに近いカラーをしていて、真ん中の部分には鮮やかなカラーが付けられています。

その中央部分のカラーのバリエーションは3種類まで用意されていて、メタルブルー・ミラノレッド・カモフラージュ(グレー系の迷彩柄)になっているのです。

このように、数多くのカラーバリエーションを用意しているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性は高いです。

腰痛の方が抑えるべきポイント

本製品は腰痛でも利用しやすいクッションですが、それでも腰痛の方はいくつか抑えておかなければいけないポイントがあります。

そのポイントを知らなければ腰痛が悪化してしまう可能性があるので、詳しく紹介します。

適度な休憩

腰にかかる負担を軽減できるクッションでも、車が振動する事を考えたら、パソコンチェアーに座っている時よりも腰にかかる負担は大きくなりやすいです。

そのため、腰痛の方は車に乗る場合には、適度に休憩を取ったほうが良いです。

車の移動時間が1時間前後の場合であれば、それほど問題はありませんが、長距離ドライブする場合には注意しなければいけません。

特に高速道路では、PAやSAは限られた場所にしかないので、早めに休憩を取ったほうが良いです。

お尻の位置

本製品の背もたれは立体的な構造になっていますが、お尻が前のほうへずれやすい方は注意しなければいけません。

なぜなら、お尻が前のほうへズレてしまえば、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまうからです。

このような姿勢は、腰に上半身の体重が、かかりやすいのいで注意しなければいけません。

特に猫背の方は、背中が後ろのほうへ曲がっているので、背もたれと背中が接したら、お尻が前のほうへズレやすいので気を付けて下さい。

肘掛けに注意

日本で販売されている車の中には、助手席と運転席の間に肘掛けになる物を備えている車種が多くなってきました。

そのため、運転席または助手席に座る方は、肘掛けに肘を乗せたくなるでしょう。

所が、肘掛けに肘を乗せている時間が長くなってしまえば、姿勢が崩れやすくなるので注意しなければいけません。

そのような姿勢を続けていたら、腰に悪い影響を与えてしまうので、腰痛が悪化する可能性が高くなります。

そのため、肘掛けになる物が備えられていても、腰痛の方は肘掛けに、肘を乗せないようにして下さい。

利用者たちの使用感

本製品の魅力を紹介してきましたが、実際に利用している方たちは、このクッションについて、本当に満足しているのか知りたい方は多いでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、このクッションを購入するべきか、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、好みの合うカラーがある所を気に入っている方がいました。

この辺りはカラーバリエーションが3種類も用意されているのが、大きく関係しています。

さらに本製品が、適度な硬さになっている所を満足している方もいたのです。

ただしクッションの硬さに関しては個人差があるので、全ての方が適度な硬さに感じる訳ではないので、注意する必要はあります。

さらに、身体にかかる負担を軽減できているように感じて、満足している方もいました。

否定的な口コミ

本製品は立体的な背もたれをしている事もあって、少し違和感を抱く方がいました。

この方は利用していくうちに、少しずつ慣れてきました。

そのため本製品に慣れるまで、時間をかける可能性があるので注意して下さい。

さらに本製品に座ったら、座高が少し高くなってしまうので、視線が高くなる所を残念に思っている方もいました。

ただし座面の厚みが薄かったら、底つき感があるので、この辺りは仕方のない部分です。

まとめ

本製品は立体的な背もたれを備えている事によって、車のシートから腰が離れづらくなっています。

さらに車のシートに本製品を固定化する事もできるので、ズレ防止にもなるので、腰痛の方でも腰にかかる負担を軽減できます。

そして本製品は、デザイン性も優れているクッションなので、性能だけではなくデザインにこだわりたい方にも、おすすめです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション