腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ダブルサイズのマットレスはどのくらいの部屋なら置ける?

   

LOWYA (ロウヤ) 脚付きマットレス ベッド 脚長 脚高 15cm 一体型 伸縮 耐久生地 ボンネルコイル ダブル ブラウン

ダブルサイズのマットレスを使用したいと考えた時に、一番ポイントとなるのは、やはりそれが部屋に入るかどうか、あるいは入ったとしても、それがあることによって生活の邪魔をされないかと言う事です。

それを知るためには、そもそもダブルサイズのマットレスは、どのくらいの大きさの部屋に合うのかと言う事を知らないとなりません。

ここではそれを見ていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ダブルサイズのマットレスが合うのは6畳以上

ダブルサイズのマットレスは、基本的にはすごく大きいと言えます。

数字で示すと、140センチかける200センチという事になります。

それだけのサイズ感のマットレスを置くとなると、やはりそれなりのスペースは必要です。

だいたい畳数で言うと、6畳は必要になると言えるでしょう。

もし寝室が6畳ないのであれば、ダブルサイズのマットレスを導入することは考え直した方が良いかもしれません。

もちろんかならずしも無理だというわけではありません。

たとえばドアの開き方にもよりますし、一口に6畳といっても、縦長だったり、横長だったりしますから、上手くやれば生活の邪魔をしないようにしつつ、ダブルサイズのマットレスを置くことが出来るようになるでしょう。

しかし、基本的には6畳以下の場合には、ダブルサイズのマットレスを導入するのはおすすめできません。

もしどうしてもダブルサイズのマットレスを入れたいのであれば、引っ越した後に導入するようにするのが吉です。

ベッドフレーム次第ではもっと必要になる

そしてここで言う6畳と言うのは、あくまでもマットレスが問題なく入れられるサイズになります。

実際にはマットレスだけで使用するということはあまりないのではないでしょうか?

もちろん人によっては、マットレスだけで使用することもあるかもしれません。

でも基本的には、マットレスに下にはベッドフレームを入れるはずです。

マットレスの下にベッドフレームを入れるということは、その分だけさらにサイズが大きくなるという事です。

ベッドフレームと言うのは、マットレスよりも大きいのが常です。

つまり、140センチかける200センチよりも大きいのです。

そしてさらに高さもあります。

だから、かなり部屋のスペースを埋めてしまう事は間違いありません。

すごく大きいベッドフレームを使用して、寝室を豪華に見せたい場合には、6畳といわずに7畳8畳あった方が良いでしょう。

その方が、豪華なベッドフレームを入れる意味もより出てきます。

狭い部屋につめつめで入れても魅力はでない

たとえば狭い部屋にある程度存在感のある豪華なベッドフレームを入れたとしても、それはなんだかつめつめな印象を与えてしまうでしょう。

つめつめな印象を与えてしまうということはやはり、その分だけそのベッドフレームの魅力が伝わらなくなるという事になります。

だから、ある程度存在感のあるベッドフレームを入れるならば7畳8畳は欲しいと言えるのです。

もちろんあまり存在感がないシンプルで細めのベッドフレームを入れるのであれば、別に6畳でも問題はありません。

そんな風に、マットレスだけではなく、ベッドフレームなども含めて総合的に判断していくことをおすすめします。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

6畳以下だと何も置けなくなる

ダブルサイズのマットレスを入れるならば、最低でも6畳くらいは欲しいと紹介してきましたが、では、仮に6畳以下の部屋にダブルサイズのマットレスを入れようとしたらどうなるでしょうか?

6畳以下の部屋にダブルサイズのマットレスを入れると、マットレスだけで部屋はほとんど埋まってしまうと言えるでしょう。

だから、他に何も置けなくなる可能性が高いです。

でも、やはり寝室には、マットレス以外にも必要な物はたくさんあります。

棚やテーブルは欲しいところ

寝室にはやはり、棚やテーブルは欲しいところです。

マットレスしか置いていないと、たとえばふと夜中に目が覚めた時に飲むような飲み物を置いておく場所もありませんし、あるいはパジャマや汗をかいた時にそれを拭く用のタオルなどもおいておけません。

なので、気持ちよく眠る事が難しくなってしまいます。

気持ちよく眠る事が出来ないのであれば、そもそもダブルサイズのマットレスを入れる意味もなくなってしまうと言えるでしょう。

やはり寝具にとって一番大切なのは、気持ちよく眠ることが出来るかどうかと言うところです。

それが出来ないのであれば、わざわざ高いお金をだしてダブルサイズのマットレスを買っても、損しかありません。

なので、やはり6畳以下の部屋ではダブルサイズのマットレスは避けるべきだと言えるのです。

それでも入れたいなら脚付きマットレスを

そうはいっても、6畳以下の部屋にダブルサイズのマットレスを入れたいと思う事もあるでしょう。

その場合には、是非脚付きマットレスを使う事をおすすめします。

脚付きマットレスであれば、総合的なサイズ感は、ただただマットレスを入れるだけの時と変わりがありません。

なので、狭い部屋でもある程度ソレを入れやすくなるでしょう。

また、マットレスの直置きとは違い、脚付きマットレスであれば、高さがある程度出るので、そのマットレスの下、つまり足で浮いている部分に、飲み物やタオルなどをまとめて入れておくことができます。

ということはつまり、改めてテーブルや棚などを寝室にいれる必要がなくなるのです。

それらをまとめておくバスケットのようなものがあればそれで問題ないと言えるでしょう。

そういうことがあるので、狭い部屋でもなんとかダブルサイズのマットレスを使用することが出来るようになります。

経済的にもお得

また、そうして脚付きマットレスを使用すれば、いちいちダブルサイズのベッドフレームを買う必要がなくなるので、その分節約になります。

ベッドフレームは、マットレスに負けず劣らず高いものです。

それを買う位の余裕があるならば、もうちょっと寝室が大きいところに住む事も出来たでしょう。

でも現実にはそれができていないわけなのですから、やはり経済的な余裕もあまりないのでしょう。

それならばやはり、脚付きマットレスで節約できるということはかなりのメリットになるはずです。

8畳以上はツインでもいける

ダブルサイズのマットレスが合うのは、6畳くらいの部屋になりますが、もし8畳以上の寝室がある場合にはどうなのでしょうか?

8畳以上の寝室がある場合には、ツインサイズのマットレスを置いても問題ないと言えます。

むしろそれくらいのマットレスか、あるいは先述のように、ダブルサイズのマットレスプラス存在感のあるベッドフレームくらいの組み合わせでないと部屋が寂しく見えてしまうと言えるでしょう。

だから、もしそれくらい大きい寝室に住んでいる場合は、そういう事を考えてマットレスやベッドフレームを導入していく事をおすすめします。

もちろんこの部屋で脚付きのダブルマットレス等を入れるのでも良いのですが、その場合にはやはり棚やテーブルなどに拘らないとならなくなるでしょう。

結果コスパは悪くなりがちです。

まとめ

ダブルサイズのマットレスをいれるのに適切な部屋のサイズは、だいたい6畳くらいだと言えます。

なので、6畳の寝室がある方で、今シングルサイズ、あるいはセミダブルなどで寝ているという方は、ダブルサイズのマットレスを導入してみることを本格的に検討してみてはいかがでしょうか?

部屋にあった大きいマットレスの解放感は、何物にも代えがたいです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団