腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ダブルサイズのマットレスを置くのに適しているベッドとは?

   

ビックスリー 木製ベッド フレーム ダブルサイズ (マットレス別売) アンゼリカ3 キャビネット片側引き出しすのこ収納BED ナチュラル

ダブルサイズのマットレスを購入したら当然次にはダブルサイズのマットレスが置けるようなベッドフレームを買わないとなりません。

中には直に床にマットレスを置いて使用している方もいるかもしれませんが、基本的にはそれをおすすめは出来ません。

そこでここでは、ダブルサイズのマットレスを置くのに適しているベッドについて紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

収納付きのベッドがおすすめ

ダブルサイズのマットレスを置くのであれば、収納付きのベッドがおすすめになります。

というのも、ダブルサイズのマットレスは、まずそれだけでそれなりに幅を取ります。

なので、たとえばダブルサイズのマットレスがおけるような、収納のないベッドを置いたとします。

すると、他の収納用の家具などを置くスペースがなくなってしまうのです。

しかし、そんな時にベッドフレームに収納がついていたらどうでしょうか?

ベッドフレームに収納がついているのですから、そこに物を入れれば良くなり、そもそも部屋に収納用の家具を置く理由がなくなります。

部屋に収納用の家具を置かなくても良くなれば、ダブルサイズのマッチトスを置いたとしても、比較的に余裕をもって部屋を使えるようになるでしょう。

寝室にも収納は必須

そもそも寝室には収納なんて要らないのではないか?

と思う方もいるかもしれません。

でも、家の収納なんて、多ければ多いほどに良いと言えます。

たとえば、パジャマなどはどこに置けば良いのでしょうか?

パジャマは、基本的には寝室で使うものなのですから、寝室に置くのが理想です。

でも寝室に収納がないと、それを入れるところがなくなってしまうのです。

それを入れるところがなくなってしまったら、やはりクローゼットなどに入れるしかなくなるでしょう。

クローゼットでも、十分パジャマを入れるスペースはあるでしょうが、やはりクローゼットを圧迫することは確かですし、使い勝手も悪いです。

もちろんそれはパジャマに限った話ではありません。

たとえば寝室で使うティッシュの替えやあるいはタオル類なども、寝室の収納に入れるべきです。

そのように、寝室で使うものは意外とたくさんあるので、寝室には収納が必須だと言えます。

そして、寝室に収納がいるのであれば、やはりダブルサイズのマットレスを置くベッドフレームは、収納付きが良いのです。

寝室は広く使えた方がよい

寝室は、基本的には広く使えた方が良いと言えます。

ダブルサイズのマットレスとベッドフレーム、さらに収納といったように、色々とものを詰めてしまうと、やはり部屋に圧迫感が出てきてしまいます。

そうして部屋に圧迫感が出てきてしまうと、やはり気持ちよく寝れなくなります。

解放感などが欠けていきますから。

気持ちよく寝れないのであれば、マットレスなどにかけたお金は勿体なくなります。

なのでそうならないように、寝室は広く使った方が良いですし、そのためには、ダブルサイズのマットレスを置くベッドフレームは、収納付きであるべきなのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

通気性が良い作りであることも重要

ダブルサイズのマットレスを置くベッドフレームは、通気性の良い作りであることも重要になります。

なぜなら、ダブルサイズのマットレスは、湿度がこもりやすい作りになっているからです。

ダブルサイズのマットレスは、その上で二人が寝るものです。

ということは、二人分の汗を吸収していくのです。

となればとうぜん湿度がこもりやすくなると言えます。

またダブルサイズのマットレスは、1枚からなります。

それ以上大きいマットレスは2枚のマットレスをつなぎ合わせたものが多いですが、ダブルサイズのマットレスに関しては、1枚からなるのです。

なので、余計に2人分の汗などがこもりやすいと言えるのです。

だからせめて、ベッドフレームくらいは通気性が良いものを選ぶべきなのです。

収納付きは通気性が良くないものも多い

ここで一つ問題があります。

それが、収納付きのベッドフレームは、通気性が良くないことが多いという事です。

もちろん中には、収納付きのベッドフレームであるにも関わらず、通気性が良いものもあります。

そういう物を使用していれば、特別問題はないでしょうが、通気性のことを気にしないで収納付きのベッドフレームを買うと、通気性が悪いことが多いので注意が必要です。

通気性が悪いと何がダメなのか

では、ベッドフレームの通気性が悪いと何がだめなのでしょうか?

それは、マットレスがダメになりやすくなるということです。

マットレスは湿度が溜まるとへたりやすくなりますし、ヘタると腰痛などの体の痛みに繋がる可能性も高くなります。

だからそうならないように使うのがベターなのです。

高さがあまりないものが良い

ダブルサイズのマットレスを置くベッドフレームは、高さのあまりないものが良いでしょう。

というのも、ダブルサイズのマットレスは、それなりの存在感になります。

そんなそれなりの存在感のあるマットレスを、存在感のあるベッドフレームにおいていたらどうなるでしょうか?

それは間違いなく、部屋を狭く見せてしまうと言えるでしょう。

それだけ重厚な存在感となっていくのです。

でも先述の通り、寝室は、あまり圧迫感があっては良くありません。

なので、出来ればあまり圧迫感が出ないようにするべきなのです。

では、どうすればあまり圧迫感が出ないようになるでしょうか?

それは、高さがあまりないベッドフレームを選べばよいのです。

高さのスペースだってスペース

部屋の圧迫感を出させないためには、スペースをなるべくあけることが大切です。

でも、ダブルサイズのマットレスでは、縦と横のスペースはそれなりに空いているでしょう。

では、スペースをあけるためにはどうすれば良いのでしょうか?

スペースをあけるためには、高さのスペースをあければ良いのです。

スペースというと縦と横だけにとらわれがちになりますが、高さだって一種のスペースです。

なので、高さをあけるようにすると、それだけで圧迫感は消えていくのです。

だから、ダブルサイズのマットレスを置くフレームは、なるべく背が高くないものがおすすめなのです。

ヘッドボードにものが置けると吉

また、ダブルサイズのマットレスを置くベッドフレームは、ヘッドボードにものが置けると吉になります。

ヘッドボードにものが置けると、マットレスの上のスペースを確保できるようになります。

ダブルサイズのマットレスに寝る際には、基本二人で寝るでしょう。

でも二人で寝るにはダブルサイズのマットレスはあまり広くはありません。

だからたとえばスマートフォンとかリモコンとか、そういうちょっとしたものでも、マットレスの上にはおいておきたくないのです。

ですが、スマートフォンに関しては、それにアラームを設定している人も多いでしょうから、近くにないと翌朝面倒になります。

スマートフォンは近くに置きたいけど、マットレスの上には置きたくない。

それならば置くところは一つ、ヘッドボードになります。

そういうことがあるので、ダブルサイズのマットレスを置くベッドフレームは、ヘッドボードにものが置けるものが良いのです。

まとめ

ダブルサイズのマットレスを置くベッドフレームとしておすすめなのは、これらの条件を満たすものになります。

これらの条件を満たす様なものであれば、ダブルサイズのマットレスをしっかりと満足甲高く使えるようになるでしょう。

ダブルサイズのマットレスは、安い買い物ではなかったでしょうから、是非これらのことを参考に、満足感が高く使えるようにしていってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団