腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

テンピュール マットレストッパー7 シングルの魅力を紹介!

   

テンピュール トッパー7 マットレス シングル 15年保証付き

マットレストッパーはマットレスに被せるタイプなので、厚みがなくても良いような考えを持っている方は、いるかもしれません。

しかし、マットレストッパーの厚みが足りていなければ、寝心地が良くならない場合があるのです。

所が『テンピュール マットレストッパー7 シングル』であればボリュームがある上に、オールシーズンで利用しやすいのです。

そこで寝心地が良く感じられるマットレストッパーを探している方のために、テンピュール マットレストッパー7 シングルについて、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

テンピュール マットレストッパー7 シングルの特徴

テンピュール マットレストッパー7 シングルは、寝心地が良く感じられるように作られていますが、高額な商品になっています。

そこで寝心地が良く感じられるマットレストッパーを探している方のために、テンピュール マットレストッパー7 シングルの特徴について、紹介するので確認してみて下さい。

ボリューム

マットレスがへたってしまった場合には、寝心地が悪くなってしまうので、ボリュームのあるマットレストッパーが利用する事が重要になります。

そのため、マットレストッパーは厚みが5cm以上ある物を選んだほうが良いでしょう。

それではテンピュール マットレストッパー7 シングルの厚みは、どの程度まであるのかと言えば、厚みは7cmもあるのです。

そのため厚みのあるマットレストッパーを利用して、寝心地を良くしたい方には、テンピュール マットレストッパー7 シングルはおすすめです。

オールシーズンで活躍

テンピュール マットレストッパー7 シングルが、オールシーズンで利用しやすくなっているのは、肌触りが違う面を2つ用意しているからです。

片面は滑らかで、夏場の季節に利用しやすい『ダブルジャージー素材』になっています。

違う面は柔らかくて温かみがあって、寒い冬場の季節に利用しやすい『ベロア素材』を採用しています。

このように違う面を2つまで用意しているので、テンピュール マットレストッパー7 シングルは、オールシーズンで利用しやすくなっているのです。

高額なマットレストッパー

テンピュール マットレストッパー7 シングルはボリュームがある上に、オールシーズンで利用しやすい面を用意していますが、問題なのが価格です。

実は、テンピュール マットレストッパー7 シングルは、楽天市場では送料無料ですが税込価格87,480円もします(2017年10月時点)。

実際に、日本で販売されているマットレストッパーの中には、10,000円以下で購入できる商品もあるのです。

それを考えたら、値段が安くなっているマットレストッパーを探している方は注意して下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

清潔な状態で使用する重要性

テンピュール マットレストッパー7 シングルのカバーは取り外して、洗う事ができるので、清潔な状態で使用する事ができます。

しかしカバーを洗う事を面倒に感じてしまう方もいるでしょう。

そこで、マットレストッパーを清潔な状態で使用する重要性を紹介するので、確認してみて下さい。

寝心地

マットレストッパーのカバーを定期的に洗わなければ、湿っぽくなってしまうので、寝心地が悪くなってしまいます。

なぜなら、私たち人間はコップ一杯分の寝汗をかいてしまうので、その寝汗がマットレストッパーに染み込んでしまうからです。

さらに布団とマットレストッパーの間に身体が入り込んでいるので、熱がこもりやすくなっています。

そのためマットレストッパーは湿っぽくなりやすいので、カバーを洗う事は重要です。

ダニ対策

マットレストッパーは湿っぽくなるだけで、湿気が溜まっている状態です。

そのためマットレストッパーのカバーを洗わなければ、ダニが繁殖しやすくなります。

実際にダニが最も繁殖するのが、寝具と言われています。

そしてダニの中でも注意しなければいけないのが『チリダニ』です。

このチリダニが繁殖してしまえば、その死骸(しがい)や糞(ふん)を吸い込む事によって、ダニアレルギーを発症してしまいます。

ダニアレルギーを発症したら、目の充血や鼻水などに悩まされるようになるので、注意して下さい。

カビ対策

マットレストッパーに湿気が溜まってしまえば、ダニだけではなく、カビにも悩まされるようになります。

もしもカビが繁殖してしまえば『カビ中毒』に陥ってしまうケースがあります。

このカビ中毒に陥ったら、腹痛・嘔吐(おうと)・下痢などに悩まされるようになってしまうのです。

さらにカビ中毒を放置していたら、さらに健康面で悪い影響を与えてしまうので、面倒に感じるかもしれませんがマットレストッパーのカバーは洗ったほうが良いです。

低反発マットレストッパー

テンピュール マットレストッパー7 シングルは、低反発マットレストッパーになっていますが、低反発マットレストッパーについて詳しく知らない方は多くいるでしょう。

そこで、低反発マットレストッパーのメリットやデメリットを紹介するので、見ていきましょう。

身体がフィット

低反発マットレストッパーは、反発力が低くなっているので、身体がマットレストッパーに沈み込みやすくなっています。

そのため、身体が浮く部分がなくなるので、あまり疲労がたまらないのです。

実は、私たちの身体はフラットな形にはなっていないので、高反発マットレストッパーを利用していたら身体の一部分が浮いてしまうのです。

もしも身体の一部分が浮いてしまえば、筋肉は緊張状態に陥ってしまうので、疲労物質が溜まってしまいます。

そのため身体がフィットしやすくなっているのは、低反発マットレストッパーの大きなメリットです。

寝返りの打ちやすさ

低反発マットレストッパーは、身体が沈み込んでしまうので、隣へ寝返りを打ちづらくなっています。

自転車の運転を思い出してもらえば分かりやすいかと思いますが、平坦な道路よりも坂道を走行する時のほうが、力を入れてペダルをこぐ必要があります。

そのためマットレスに身体が沈み込んでしまえば、隣は坂道のような形になっているので、寝返りを打ちづらくなるのです。

寝返りは腰や背中の負担を軽減する働きがあるので、この辺りは低反発マットレストッパーのデメリットと言えます。

体圧が集中

マットレストッパーに沈み込む場合には、重くなっている腰が沈み込みやすくなるので、腰に体圧が集中しやすくなっています。

腰に体圧が集中してしまえば、腰が痛く感じてしまうので注意する必要があります。

そのため腰痛でも利用しやすい事をピーアールしているマットレスの商品では、体圧を分散して、腰があまり沈み込まない事を紹介しているのです。

そのような事を考えたら腰痛に悩んでいる方は、低反発マットレストッパーを利用するべきか、慎重に検討したほうが良いでしょう。

利用者たちの満足度

テンピュール マットレストッパー7 シングルは高価格になっている上に、低反発になっているので、このマットレストッパーを購入するべきか悩んでしまった方はいるでしょう。

所が、テンピュール マットレストッパー7 シングルを利用している方たちの多くは、このマットレストッパーについて満足しているのです(2017年10月10日時点)。

実際にテンピュール マットレストッパー7 シングルは柔らかい所気に入っている方もいれば、体圧を分散できて満足している方もいたのです。

そのため、使用感に関しては優れているマットレストッパーと言えるでしょう。

まとめ

テンピュール マットレストッパー7 シングルは、ボリュームがあるので、ふかふかした感じがして心地良く寝られる可能性が高いです(個人差があるので注意)。

ただしテンピュール マットレストッパー7 シングルは、高額なマットレストッパーなので、気を付ける必要があります。

そのような問題点はありますがオールシーズンで利用しやすいので、夏や冬の季節になったら寝付きが悪くなる方は、テンピュール マットレストッパー7 シングルを検討してみる価値があるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団