腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ベッドフレームなしでマットレスを使うのは何がダメ?

   

マットレスを使用する際には、マットレスと合わせて必ずベッドフレームを購入するように言われることが多いです。

でもどうして、マットレスだけで使用するのはダメだと言われるのでしょうか?

マットレスにもそれなりの厚みがありますから、それだけで使用しても快適な眠りが得られそうなものですが。

そこでここでは、ベッドなしでマットレスを使うのがダメな理由を紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

マットレスに湿度がこもってしまう

ベッドフレームなしでマットレスを使用するのがよくないのは、マットレスに湿度がこもってしまうからです。

ベッドフレームというのは、その上にマットレスをのせても、湿度が抜けてくるようにできているものです。

しかしマットレスだけで使用すると、下から湿度が抜けていくことがなくなります。

たとえば、下がフローリングであるにせよ、あるいは畳であるにせよ、それらはけっして通気性が良いものではありません。

だから、その上にマットレスだけをのせて使用していると、どうしてもマットレスに湿度がこもりがちになるのです。

カビが生えたりする

では、マットレスに湿度がこもるというのは、何がよくないのでしょうか?

湿度がこもると、マットレスにカビが生えたりしてしまいます。

カビが生えるとやはりなかなかそれから回復させるのは難しくなるでしょう。

なので、基本的にはマットレスにカビを生やしてしまうと、それは致命傷になります。

そのせいでマットレスは買い換えないとならなくなるでしょう。

しかし、マットレスはけっして安いものではありません。

なので、そうしてすぐに買い換えることになってしまったら、それはやはり経済的に大きな損失となるでしょう。

そうならないようにするためには、やはりマットレスはベッドフレームと合わせて使用するべきだと言えます。

下にカビが生えることもある

そしてカビが生えるというのは、何もマットレスだけに限った話ではありません。

ベッドフレームなしでカビが生えてしまうというのは、マットレスの下においても言えることなのです。

つまり、ベッドフレームなしでマットレスを使用していると、フローリングや畳にカビが生えてしまうということになります。

フローリングや畳にカビが生えてしまうと、それは確実にマットレスにカビが生えるよりも厄介になるでしょう。

賃貸の場合はとくに厄介です。

なので、そうならないためにも、マットレスを使用する際には、ベッドフレームの上で使用するのがおすすめです。

たしかにそうするのは、先行コストがかかりますが、後からたくさんコストがかかるよりもマシなのではないでしょうか?

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

ベッドフレームなしで使うと汚れやすい

マットレスをベッドフレームなしで使用していくと、その分汚れやすくなってしまうと言えます。

マットレスというのは、基本的には洗えないものになります。

そんな洗えないマットレスが汚れてしまったら、そうして汚れたまた使用することになるでしょう。

でも誰だって、汚れたマットレスの上で寝ることを心地よいとは思わないでしょう。

だから、基本的にはマットレスは汚さないようにしないとなりません。

しかし、ベッドフレームなしでマットレスを使用していると汚れやすくなってしまうのです。

だから、ベッドフレームなしでマットレスを使用するのは、NGだと言えます。

なぜ汚れやすくなるのか

でも、ベッドフレームなしでマットレスを使用していると、なぜ汚れやすくなってしまうと言えるのでしょうか?

それは、ホコリなどがつきやすくなるからです。

部屋の中には、基本的にはほこりがあるものです。

そしてそのほこりは、地面に落ちていることが多いのです。

その時点でまず、地面においてあるマットレスの下の方に汚れがつきやすくなると言えます。

しかし問題なのはそれではありません。

問題なのは、そのほこりは舞やすいということです。

ほこりは、だいたい30センチくらいの高さまでまいます。

それは、ベッドフレームなしでマットレスを使用している時の高さくらいになるでしょう。

ということはつまりマットレスの上にもそうしたほこりがつきやすく、マットレスが汚れやすくなるということになります。

それは避けないとなりません。

健康にもよくない

そうしてマットレスの上にもほこりがきてしまうというのは、健康にもよくないと言えます。

なぜなら、マットレスの上にもほこりがきてしまうということは、それは寝ている自分にもたくさんほこりが付着するということになりますから。

たとえば口の中にたくさんほこりがはいるかもしれません。

そうしたら、そのほこりのせいで健康被害にあう可能性も出てくるでしょう。

ベッドやマットレスというのは、基本的には体にいいものになります。

そんな体にいいはずのものを利用していて、結果体が悪くなってしまっていたら、わざわざたかいお金を出してそれを使用していたのがバカらしくなってしまうでしょう。

なので、そうならないように、やはりマットレスはベッドフレームと合わせて使用するべきだと言えます。

ベッドかあれば高さが出るので防げる

もしきちんとマットレスをベッドフレームにのせて使用していたらどうなるでしょうか?

マットレスをベッドにのせて使用していたら、そのベッドの分だけマットレスに高さが出ます。

そうしてマットレスに高さが出て行けば、当然マットレスにほこりがかかることもなくなっていくでしょう。

だから健康被害は、少なくともベッドなしでマットレスを使用している時に比べると、起こりづらくなると言えるでしょう。

ベッドなしで使用するとリラックス度も減る

マットレスをベッドフレームなしで使用するのがおすすめできない理由としてもう一つ言えるのが、リラックス度が減るということです。

布団ではなく、あえてベッドとマットレスを選ぶということは、それにリラックス感を求めていたという方も多いでしょう。

布団は、ただ下に敷いてあるものにゴロンとのるだけのものになりますが、ベッドとマットレスの場合は、それの上に乗りちょっと包まれるような感覚になるので、リラックス度は高いと言えます。

そしてその包まれるような感覚は、ある程度高さがある方が発揮されやすくなります。

マットレスを使用する際に、一番た高さが出るのはどういう使い方になるでしょうか?

それは間違いなくベッドフレームと合わせて使用するという使い方になるでしょう。

だから、マットレスを使用する際には、ベッドフレームと合わせて使用する方が良いのです。

リラックス度が得られないと魅力も半減

そもそも高いリラックス度が得られることを期待して、布団ではなくマットレスを選んでいるわけなのですから、当然マットレスを使用する際には、高いリラックス感が得られないとなりません。

そうでないと、マットレスの魅力は半減していってしまうでしょう。

それでは、すごくコスパが悪くなります。

そうなったらやはりすごくもったいなくなってしまうでしょう。

なのでそうならないように、リラックス感がしっかり感じられるような形でマットレスを使用していってください。

まとめ

マットレスを使用する際には合わせてベッドフレームも使用するべきだということには、こういう理由がありました。

きちんと理由があるのですから、ぜひマットレスを使用する際には、ベッドフレームを合わせて使用していってください。

一見するとそれはすごくコスパが悪いように見えますが、実はその方がコスパが良かったりしますから。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団