腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスのへこみは腰痛の原因になる!  対策のための4つのポイント

   

マットレスで腰痛対策をするなら、マットレスの状態には、常に注意しておく必要があります。

もしマットレスにへこみができていた場合は、効果的な腰痛対策をすることはできません。

それどころか、逆に痛みを悪化させることもあるのです。

では、マットレスのへこみには、どのように対処すればよいのか、4つのポイントに分けて説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

選び方に注意しよう

マットレスのへこみを防ぐなら、実際に使う前に、まず選ぶ段階から注意が必要になります。

というのも、マットレスのへこみをできるだけ減らすには、その耐久性が重要になるためです。

耐久性が低い商品では、どうしても劣化は早くなるため、へこみやすくなります。

したがって、腰痛対策のためのマットレスは、耐久性の高さに注目して選ぶことが大切です。

頑丈なマットレスであれば、常にベストな状態で、長く使い続けることができます。

そして、耐久性の高いマットレスでおすすめなのは、高反発素材を使ったマットレスです。

高反発マットレスには、ウレタンが多く使用されています。

この素材は、密度が高く、とても頑丈なことがメリットなのです。

腰痛対策では、反発力の高さで体を支えてくれるため、高反発の素材が重宝されていますが、耐久性の面でも、安心して使用できる商品になります。

ただし、通気性はあまりよくないので、定期的な陰干しなど、湿気をためない工夫は忘れないようにしましょう。

自分の体格と合っているか

へこみを防ぐには、自分の体格とマットレスが合っていなければなりません。

例えば、大柄で体重の重い人が、薄くて耐久性の低いマットレスを使ったりすると、たちまち劣化してしまいます。

重い人が使う場合には、厚みがある高反発のマットレスが適しているのです。

高反発マットレスは、商品によって反発力も異なるので、なるべく反発の強いものを選べば、より確実にへこみを防ぐことができます。

しかし、小柄で軽い人の場合は、そうした商品は避けるべきです。

軽い人の場合、重い人ほどマットレスへの負担はかかりませんが、反発が強すぎると、自分の体の方がダメージを受けてしまいます。

体がすっかり浮き上がってしまうため、腰が反ったような状態が長く続くことになるのです。

それでは、とても腰痛の対策にはなりません。

つまり、マットレスを選ぶには、反発力や頑丈さばかりに注目していると、失敗してしまうということです。

マットレスの特徴だけでなく、自分の体格も考慮して、適切な商品を選びましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マットレスの向きを変えよう

マットレスのへこみを少しでも減らすためには、マットレスの向きを変えて、圧力を分散させることが大切です。

長く使っているマットレスの中央がへこんでしまうのは、体重による圧力が、その部分にだけ集中しすぎることが原因になっています。

マットレスに限らず、同じ部分に集中して力が加わったものは、次第に形が変わってしまうものです。

そのため、マットレスのへこみを軽減するためには、同じ部分だけを使わないようにする必要があります。

つまり、ときどきマットレスの向きを変えて、別の部分に体を乗せればよいわけです。

その使い方なら、劣化を遅らせることができます。

ローテーションさせる

マットレスの向きを変えて使うなら、定期的にローテーションさせるようにしましょう。

例えば、裏表を逆にしたら、次は上下を逆にし、その後再び裏表、上下で一巡するような流れをつくると、マットレスを均等に使うことができます。

それなら、同じ部分に圧力が集中することはないため、普通に使うよりも、へこみにくくなるのです。

また、裏表を逆にすることは、圧力の分散だけでなく、湿気をとばすためにも有効な方法になります。

マットレスの裏側には、どうしても湿気がたまりやすくなるので、ときどき裏表を入れ替えて空気に晒せば、カビやダニを防ぐことができるのです。

マットレスが劣化する場合、へこみだけでなく、湿気による影響も無視できないものがあります。

その両方を解決できるローテーションは、マットレスを長持ちさせるためには、最適な方法なのです。

下に敷くものに注意しよう

マットレスを腰痛対策で使う場合、その効果を最大限に引き出すためには、一番上に敷くことが重要になります。

というのも、直接体を横たえることで、マットレスの効果がダイレクトに伝わるからです。

敷き布団などの他の寝具を上に重ねたりすると、それが邪魔になり、せっかくの優れた性能も、うまく発揮することができなくなります。

極厚のマットレスなどは単体で使うことが多いため、この点はあまり関係ありませんが、「もっと厚さが欲しい」というときには、他の寝具と組み合わせることも多いので、重ねる順番には十分注意しなければなりません。

そして、マットレスの下に何かを敷くときは、その寝具の状態にも注目してください。

下に敷く寝具の状態によっては、上に重ねるマットレスの形にも、影響が出る場合があるのです。

マットレスは平らな面に敷こう

マットレスの下に敷く布団などは、必ず平らな状態にしておかなければなりません。

もし乱れている場合は、マットレスを重ねる前に、きれいに整えておいてください。

へこみが大きいようなら、タオルなどで埋めておくようにしましょう。

そのようにして、しっかり平らにしておかないと、上に重ねたマットレスも、本来の形を保てなくなってしまいます。

つまり、下の布団に合わせて、上のマットレスもへこんでしまうというわけです。

そもそも、マットレスは平らな面に敷いて使うものであり、でこぼこした場所では、どうしても形が崩れやすくなります。

それでは、どんなに品質のよいマットレスでも、その効果を発揮することはできません。

したがって、他の寝具と組み合わせて使うときは、必ずその寝具の状態を確認することを忘れないでください。

へこんだときの対処法

マットレスは、劣化を遅らせることはできても、最初の状態をずっと維持することはできないため、長く使っていると、必ずへこみが出てくるものです。

しかし、へこんだマットレスをそのまま使い続けてはいけません。

へこんだマットレスに寝ていると、背骨が不自然に曲がることで、腰に負担をかけてしまいます。

背骨が自然な状態だと、立っているときのようなS字カーブを描いているものですが、中央がへこんだマットレスに寝ていると、そのカーブを維持できなくなるのです。

その状態が長時間続けば、腰へのダメージは大きくなります。

これを回避するためには、クッションやタオルを活用するのがおすすめです。

それらをへこみに当てることで、無駄な体の沈み込みを防げば、腰に負担がかかることはありません。

ただし、クッションなどを使うときは、盛り上がらないように気をつけてください。

へこみだけでなく、変に盛り上がっている状態も、腰を痛める原因になります。

マットレスは、できるだけフラットにして使うようにしましょう。

どうにもならないときは買い替え

マットレスのへこみにクッションなどを当てるとしても、限界はあるものです。

どうしてもうまく埋めることができなかったり、痛みが悪化してしまうような場合は、思い切って買い替えることも必要になります。

マットレスに限らず、物はいつかは劣化してしまうものなので、どうにもならないときは、きっぱりと諦めましょう。

「もったいない」と感じてしまうこともありますが、体にかかる負担を考えれば、いつまでも使い続けるのは避けるべきです。

しかし、買い替えるといっても、マットレスは安い商品ではないので、すぐに劣化するのは避けなければなりません。

敷き方のローテーションなど、少しでも劣化を遅らせる工夫は、しっかり行うようにしましょう。

まとめ

腰痛のためにマットレスを使うなら、できるだけベストな状態で使うことが大切です。

劣化してへこんだマットレスでは、いくら使っても、腰の負担を減らすことはできません。

確実に腰痛の対策をするためには、ここで紹介したポイントを参考にして、へこみを軽減する工夫をしましょう。

マットレスは、常によい状態で使っていれば、高い効果を発揮してくれます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団