腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスのへたりを防ぐ方法は?おすすめの4つの対策

   

マットレスは、ぐっすり眠るための重要な寝具ですが、長く使っていれば、だんだん劣化してくるものです。

特に、へたりには注意しなければなりません。

へたったマットレスに寝ていると、姿勢が悪くなり、腰痛になってしまう可能性が高いのです。

では、へたりを防ぐにはどのような方法があるのか、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ローテーションさせる

マットレスがへたってしまう原因のひとつは、同じ部分を圧迫し続けることです。

決まった部分だけにダメージが集中していると、どうしても劣化は早くなっていきます。

硬いものでも、同じ部分に繰り返し打撃を与えていると割れやすくなりますが、マットレスの場合も、それと同じことが起こってしまうのです。

マットレスだと、体の中の重いところを乗せる部分が、特に劣化しやすくなります。

人間の体では、腰がかなり重くなっているため、マットレスの真ん中あたりが凹んでしまうことが多いのです。

そのような劣化を防ぐためには、なるべく同じ部分を使わないようにしてください。

重い腰が毎晩同じ部分に当たっている状態だと、そこだけにダメージが偏ってしまうため、うまく劣化を遅らせることができません。

しかし、同じ部分だけでなく、他の部分も均等に使うようにすると、偏りが軽減され、へたりを防ぐことができます。

そのためにおすすめの方法が、マットレスのローテーションです。

定期的に敷き方を変えることで、同じところにばかり体重がかかることを回避できます。

それなら劣化を遅らせることができるので、ぜひ試してみてください。

前後を入れ替える

マットレスのローテションで前後を入れ替えると、頭を乗せる部分と足を乗せる部分が逆になります。

すると、腰が当たる位置も少しずれることになるので、負荷が一点に集中するようなことはありません。

頭と足が入れ替われば、その部分にかかる重さも変化することになります。

そのようにして負荷の集中を避けていれば、へたりをかなり抑えることができるのです。

裏表を入れ替える

マットレスのローテーションをするなら、前後だけでなく、裏表もしっかり入れ替えてください。

ひっくり返して裏表を逆にすると、それまで体重をかけていた部分が裏になり、まだ使っていない部分が表になります。

それなら、同じ部分だけをひどく酷使するようなことはありません。

両面を均等に使うことになるため、簡単に凹むことはなくなるのです。

また、裏になる面が固定されないことは、湿気の対策にもなります。

裏側にはどうしても湿気がたまりやすくなるので、ときどき表にして空気に晒すようにすると、湿気を抑えることができるのです。

マットレスの湿気も、長持ちさせるには排除すべき要素なので、しっかりローテーションを行うようにしましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

強く叩かない

マットレスがへたるときの原因には、強い衝撃もあります。

激しい打撃を加えたりすると、その部分がへたりやすくなってしまうため、不必要な衝撃を与えることは避けるべきです。

そこで注意しておきたいのが、マットレスを干すときの叩き方になります。

マットレスを干すときは、布団叩きで叩くことが多いですが、バンバンと音が響き渡るような強い叩き方はNGです。

そのような叩き方をしていると、干すたびに劣化がひどくなり、寿命を縮めることになってしまいます。

マットレスを叩くときは、あまり強い力を入れず、軽くホコリを落とすくらいの優しい叩き方にしておきましょう。

無駄に強い衝撃を与えなければ、ダメージは少なくなるので、へたりを防ぐことができます。

上に乗らない

マットレスのへたりをできるだけ遅らせるためには、余計な負荷をかけるような行為は避けるべきです。

負荷をかける回数が多くなれば、それだけダメージの蓄積も増え、へたりが早くなってしまいます。

そのため、寝るとき以外は、なるべくマットレスの上に乗らないようにしてください。

何か高いところにあるものを取りたいとき、近くにマットレスがあったりすると、少し移動させて踏み台にしたくなることがありますが、そのような使い方はよくありません。

体重が足を乗せた部分に集中することになるため、どうしても劣化を早めてしまうのです。

踏み台にするものが欲しいなら、マットレスは避けて、椅子などの別のものを利用してください。

ジャンプもNG

マットレスのへたりを防ぐには、上に乗ってぴょんぴょん飛び跳ねるような行為も避けるべきです。

そのように強い衝撃を与えていると、ダメージがどんどん蓄積され、簡単にへたるようになってしまいます。

特に、小さな子供がいる場合は要注意です。

大人だけなら変な使い方はしないものですが、無邪気な子供にとっては、何の変哲もないマットレスであっても、格好の遊び場になってしまいます。

普段からなるべくダメージを少なくして、劣化を抑えるようにしましょう。

湿気を減らす

マットレスのへたりを少しでも軽減するためには、湿気にも注意してください。

あまりにひどく湿気がたまると、マットレスの中の素材が傷んでしまうことがあります。

そうなると、へたるのも早くなってしまうのです。

劣化を防ぐためには、湿気対策もしっかり行うようにしてください。

そのためには、先述したようなローテーションもおすすめですが、より確実に乾燥させるのであれば、やはり干すべきです。

定期的に天日干しをして、マットレスに蓄積された湿気を取り除くようにしましょう。

ただし、マットレスによっては日光がNGになる場合もあるので、説明書を見て確認することを忘れないようにしてください。

ウレタンを使った高反発マットレスなどは、日光で傷んでしまうため、劣化を防ぐための天日干しで、逆に劣化を早めることになってしまうのです。

そのようなマットレスは、日の当たらない場所で陰干しにすると、ノーダメージで乾燥させることができます。

換気する

へたりを防ぐためにマットレスの陰干しをするなら、必ず風通しのよい場所で行うべきです。

日陰でも乾かすことができるとはいえ、閉め切った部屋の中では、なかなかうまくいきません。

しっかり乾燥させるなら、窓を開けて換気を行い、空気の流れをつくるようにしてください。

風通しのよい場所に干しておけば、日陰であっても十分に乾燥させることができます。

この方法なら、部屋の中にこもった湿気を逃がすことにもなるので、マットレスを乾かすときはおすすめです。

床に敷くならすのこ

マットレスは、基本的にはベッドと組み合わせて使うものですが、場合によっては、床に敷かなければならないこともあります。

しかし、床に直置きにすると、ベッドで使うよりも湿気がたまりやすくなってしまいます。

そんなときは、まずすのこを置き、その上にマットレスを敷いてください。

ただ敷いただけでは、床と密着した裏側がジメジメと湿ることになりますが、すのこで隙間を空けてやれば、湿気を逃がすことができます。

特に、高反発マットレスのウレタンは湿気に弱く、床に敷いているとかなり劣化が早まるので、すのこによる対策が重要です。

いつも湿気の少ない状態を保ち、確実にへたりを防いでいきましょう。

まとめ

マットレスのへたり対策は、体の負担を減らすためにはとても重要なものです。

ずっと同じ敷き方で使うことや、上に乗ったり叩いたりすることは、へたりを早めてしまう行為なので、普段から避けるようにしましょう。

ここで紹介した対策を頭に入れておき、余計なダメージを与えない正しい使い方をしていれば、マットレスを長持ちさせることができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団