腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスの通気性アップはどうする?おすすめの方法7選

   

クオリティの高い睡眠を【エアネストファイバー】高反発マットレスパッド 3次元構造 マットレスに乗せるだけ 腰をしっかり支える 通気性抜群 丸洗い可能 厚み3cm (シングル)

マットレスを使うときは、湿気の蓄積を防ぐことが大切です。

湿気がたまりすぎると、素材が傷んだり、カビの繁殖が活発になったりします。

それを防ぐためには、なるべく通気性をよくしておきましょう。

通気性のよい状態なら、ひどく湿気がたまるようなことはありません。

では、通気性アップのための対策について、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

使わないときは起こす

マットレスの風通しをよくするためには、できるだけ敷きっぱなしにしないことが大切です。

長く敷いたままにしていると、空気の流れが滞り、湿度が上昇しやすくなります。

これは、裏面が隠れてしまうからです。

マットレスの裏は、どうしても空気に触れにくくなるため、なかなか湿気を軽減することができません。

通気性をよくして湿気の蓄積を抑えるなら、こまめに起こしておくことをおすすめします。

起こした状態であれば、裏面だけ隠れたりせず、周囲に空気の流れができます。

それなら、湿気を適度に逃がすことができるのです。

起床後に起こす

起こして立てかけておく対策を行うなら、自分が起きたタイミングにしておきましょう。

寝るときはずっと使うことになります、目が覚めてからは、夜まで使うことはありません。

そのため、起床と同時に立てかけるようにすると、通気性のよい状態を長く確保することができるのです。

「気が向いたときにやろう」というスタンスだと、つい忘れてしまうことも多くなります。

しっかりと湿気を逃がすためにも、目が覚めたら立てる癖をつけていきましょう。

定期的に干す

通気性をよくして湿気をとばすなら、ときどき日に当てることも大切です。

きちんと干しておけば、全体を空気に晒すことができるため、湿度の上昇を抑えられます。

さらに、日光の力が加わることで、湿気対策をより強化することができるのです。

ただし、すべての製品が天日干しに対応しているわけではないため、事前の確認は忘れないでください。

ウレタンを使ったものは直射日光で劣化してしまうので、安易な天日干しは寿命を縮めます。

説明書などをよく読み、日光がNGでないことを確かめてから干すようにしましょう。

もし劣化するタイプだった場合は、陰干しがおすすめです。

干す場所の風通しがよければ、マットレス周辺も通気性がよくなるため、日光なしでも湿気対策ができます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

裏に風を入れる

すでに説明したように、マットレスの通気性が悪くなってしまうのは、裏が常に隠れているからです。

できるだけ通気性をよくしたいなら、裏にも空気が流れるようにする必要があります。

そのためには、片側を持ち上げてみましょう。

読まなくなった雑誌や使わない箱などを裏に挟み、持ち上げて隙間をつくってください。

そこに扇風機などで風を送りこめば、通気性の悪さを解消できます。

使う面を固定しない

少しでも通気性をよくするには、同じ面ばかりでなく、裏表の両方を使うことが大切です。

敷き方を変えず、体を乗せる面と裏になる面を常に固定していると、空気の流れが滞ることになります。

裏になる面がまったく動かないため、空気を入れる隙がなく、湿気がたまりやすい状態になるのです。

それを避けるためには、ときどき敷き方を変えるようにしてください。

裏と表を入れ替えながら使えば、空気に触れる機会をどちらにも与えることになります。

そうなれば、裏でためこんだ湿気も、適度にとばすことができるのです。

上下も

裏表の入れ替えをしながら使うときは、できれば上下の入れ替えも行うようにしてください。

首の周辺などが蒸れると、湿気がたまりやすくなることがあります。

そのため、頭を乗せる部分と足を乗せる部分が入れ替われば、蓄積を和らげることができるのです。

裏表と上下の入れ替えは、ホテルなどのベッドにもよく行われている対策なので、ぜひ試してみてください。

へたり防止も同時に

敷き方を変えてローテーションさせていく方法は、通気性アップだけでなく、負荷の分散にもなります。

同じ面の同じ部分だけに体重をかけていると、どうしてもダメージが集中しやすくなります。

そうなると、通常よりも早くへたってしまうのです。

劣化を遅らせるためには、どこかに負荷が偏るような使い方は避けてください。

ローテーションをしっかり行っていれば、通気性の確保とへたり対策が両方できるようになるため、長く使うことができます。

壁にくっつけない

マットレスの通気性に注目するなら、周辺に空気の通り道をつくることは、重要なポイントになります。

風通しの悪い場所で使っていれば、通気性は低下してしまうものです。

そのため、壁に近すぎる位置はなるべく避けてください。

ぴったり密着させるようにして使うと、空気の流れが遮られてしまいます。

スムーズに流れるようにするためには、少し離れたところで使うのがベストです。

ベッドを壁に寄せるときは、10cmくらい隙間を空けるようにして、通気性に影響しない使い方をしていきましょう。

すのこを使う

マットレスは、床に敷いて使いたくなることもあります。

しかし、フローリングの床にただ敷くだけだと、通気性を損なうことになります。

床とぴったり密着した状態だと、空気の流れを遮断してしまうので、なんとか隙間をつくらなければなりません。

そんなときは、すのこを利用してみましょう。

マットレスを敷く前に、まず、すのこを置くようにしてください。

その上に敷くと、裏面と床が密着せず、ちょうどよい隙間を確保できます。

きちんと隙間がある状態なら、風通しがよくなり、ジメジメとした湿気を和らげることができるのです。

床に直接敷くとカビが繁殖することも多いので、対策はしっかり行うようにしましょう。

サーキュレーターを使う

通気性アップを図るなら、サーキュレーターをうまく使い、室内の空気を循環させる方法もあります。

サーキュレーターでベッド下に空気の流れをつくってやれば、ただ敷いておくより、通気性がよくなるのです。

この方法は、扇風機でも可能なように思えますが、あまりおすすめはしません。

扇風機は空気を拡散させることが多いため、うまくベッド下の流れをつくれない可能性があります。

サーキュレーターの方が効果は高いので、より確実な対策をするなら、ぜひ使ってみてください。

換気する

常に通気性のよい状態を保つなら、部屋の中の湿気も、避けるべきポイントになります。

マットレスの風通しをよくしたくても、部屋の中が湿っていると、対策の効果は期待できません。

通気性アップのためには、まず風通しのよい環境をつくることが大切なのです。

そのためには、部屋を閉め切らないように注意してください。

窓もドアも閉め切り、いつも密室にしたまま過ごしていると、湿度が上昇していきます。

どこからも湿気が出て行かないため、湿った状態が続くことになるのです。

それを避けるなら、必ず換気を行ってください。

空気の入れ替えを行うと、こもった湿気も外へ逃げていくため、湿度を抑えることができます。

それなら、ここまで紹介してきた対策の効果も、しっかり発揮されるようになります。

横着したりせず、こまめに換気することを心がけましょう。

まとめ

マットレスの通気性をよくするには、ただなんとなく使うのではなく、ここで紹介したような工夫をしっかり行うようにしてください。

敷きっぱなしを避けたり、使う位置を工夫したりすれば、風通しをよくすることができます。

それなら、湿気がたまりすぎることはありません素材の劣化やカビの被害も、しっかりと防ぐことができるのです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団