腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレストッパーはさまざまな角度から検証して購入するべき

   

【 TEMPUR 】 テンピュール マットレス 『 トッパー7 』 セミダブル 約W120×L195cm×厚さ7cm

快適な睡眠を行うには、マットレストッパーの存在はとても大きいでしょう。

しかし、どのようなマットレストッパーを選ぶべきかはとても悩むでしょう。

快適な睡眠だけではなく、長期間の使用でも耐えることができる素材選びなど、さまざまなポイントを加味してマットレストッパーを選ぶことが重要なポイントになってくるでしょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

マットレストッパーとはどのような物か

マッドレス自体の寝心地の改善

マットレストッパーとは、どのような物を指しているのでしょうか。

名前は聞いたことがあると言う人でも、どのような使い方をするのか理解していない人が多いはずです。

マットレスを使用している人の中には、寝心地が悪くなってきたと感じている人も多いのではないでしょうか。

マットレストッパーは、既存のマットレスの上に敷くことでマットレスの寝心地を改善してくれる物です。

素材にもさまざまな物があり、厚みも選ぶことができますので、既存のマットレスの素材を活かして、快適な寝心地を実現させることができるようになるのです。

どのような素材があるのか

マットレストッパーには、多くの素材があります。

高反発ウレタンや低反発ウレタン、そして高反発ファイバーなどの素材もあり、価格や自分の寝心地などに合わせて選ぶことができます。

中でも低反発ウレタンは腰痛などの症状を持っている人にとっては最適な素材だと言えます。

腰の曲線に合わせて体を包み込むように眠ることができ、体への負担を軽減させることができます。

こうした素材に注目して選ぶことで、より快適な睡眠が実現するだけではなく、体への負担も軽減させることができますので、翌朝の目覚め時の違いを感じることができるでしょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

マットレストッパーとピロートップとの違い

寝心地の改善能力の違いがある

マットレストッパーとピロートップとでは、どのような違いがあるのでしょうか。

どちらも似たような物だと考えている人は多いかもしれませんが、大きな違いは寝心地の改善能力があります。

マットレストッパーは、基本的には基本単一素材、例えばウレタンなどの素材を使用して作られている物であり、ピロートップは複数の素材を使用していると言うポイントがあります。

そのため、ピロートップの方が能力が少し高めに感じるかもしれませんが、やはり価格が極端に向上してしまいます。

マットレストッパーは、必要最低限の素材でリーズナブルな価格で寝心地の改善を行うことができるマットレスなのです。

また、マットレストッパーには既存のマットレスの汚れ防止のために使用する目的もあることから、取り替えることを想定してできるだけ安い物である必要もあるのです。

マットレストッパーの正しい使用方法とは

マットレストッパーを敷く順番を考える

マットレストッパーを初めて購入した人は、どの位置にマットレストッパーを敷くべきか悩むでしょう。

マットレストッパーは、マットレスのすぐ上に敷くことが基本的です。

つまり、シーツはマットレストッパーの上に敷くことになります。

マットレスに直接マットレストッパーを敷くことで、マットレス自体の素材などを損なうことなく活かすことができます。

マットレスとマットレストッパーの間に余計な素材を入れ込んでしまうことで、既存のマットレスの素材を活かすことができなくなりますので注意が必要です。

また、マットレストッパーの上にはシーツなどの薄めの素材を敷いておくことをおすすめします。

マットレストッパーは洗うことができませんので、マットレストッパーの上には汚れ防止のために洗える素材を敷いておくことが基本だと言えるでしょう。

マットレストッパーの上手な選び方とは

マットレストッパーの厚みから選ぶ

マットレストッパーを選ぶときには、まずは厚みから考えてみましょう。

さまざまなサイズの厚みがありますが、寝心地を改善させるために選ぶのであれば、やはり5センチ以上の厚みは確保しておきたいと言えるでしょう。

高弾性のウレタンの素材を使用しておりさらに密度が高ければ3センチタイプでも十分だと感じるかもしれませんが、こうした物は高価になってしまう傾向にありますので、比較的安価に購入することができる5センチタイプの物を購入することをおすすめします。

マットレス自体の歪みが生じている場合

マットレスは長期間使用することで、表面に凹凸が生じてしまいます。

こうした凹凸は、簡単に解消されることはなく、そのままの状態になってしまうことがあり、凹凸がある状態で眠ることは腰痛には決して良いことではありません。

こうした凹凸を解消させるためにも、マットレストッパーの厚みはできるだけ大きい物を選ぶ必要があるのです。

低反発と高反発との違いを理解する

マットレストッパーには大きく分けて、低反発の物と高反発の物とに分けることができます。

それぞれメリットやデメリットがありますので、特徴をしっかり理解して購入すれば腰痛などの改善に繋がっていくでしょう。

まず低反発ウレタンは、ソフトで体圧分散に優れていると言う大きな特徴があります。

しかし、体自体を支える力が弱いと言う特徴もありますので、寝姿勢が崩れやすくなってしまい、寝返りを打ちにくいと言う面もあるのです。

そして、高反発ウレタンは表面が硬めで跳ねるような感覚になります。

寝姿勢は崩れにくくというメリットがあます。

しかし、表面が硬めなので、体にフィットさせることが難しく、腰痛の症状によっては長時間の睡眠は痛みを感じてしまうことがあるでしょう。

使う人により、どちらが良いかは評価が大きく異なりますので購入するときには難しい判断になってしまいますが、実際に寝てみてどちらが自分に合っているのかを確認してみましょう。

注目を集めるテンピュール素材のマットレストッパー

高い耐久性を持っている

【 TEMPUR 】 テンピュール マットレス 『 トッパー7 』 セミダブル 約W120×L195cm×厚さ7cm

今、最も注目を集めているマットレストッパーの素材と言えばテンピュールでしょう。

どのような物を購入するべきか悩んでいる場合は、テンピュール素材の物を試してみることをおすすめします。

テンピュールは、高い耐久性があることが一番の魅力です。

マットレストッパーは、耐久性が低い物が多く、長持ちしにくいと言ったイメージが強いかもしれませんが、テンピュールの場合は自然と形が戻るようになっており、長持ちしやすいマットレスなのです。

長いもので15年ほどの保証期間がある物もありますので、長期的な使用を考えている場合はテンピュール素材を選ぶことはメリットが大きいでしょう。

通気性が高いことも大きなメリット

マットレストッパーはどうしても通気性が悪いと言う特長があります。

湿度の高い日本での使用は、酷い場合にはマットレストッパーにカビが生えてしまうことになってしまうでしょう。

しかし、テンピュールの場合は通気性にも優れていると言う特徴もあるのです。

空気が出入りしやすい構造になっていますので通気性が良く、カビなどの被害が起こりにくく安心して長期間使用することができるでしょう。

まとめ

マットレストッパーを選ぶ場合には、まずは素材や厚みなどに注目して選ぶようにしましょう。

そして、マットレストッパーの役割として既存のマットレスを長持ちさせる効果もありますので、価格などにも重視して選ぶように心がけるべきだと言えるでしょう。

長く安心して使用できるマットレストッパーを見つけ、愛用し続けていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団