腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレストッパー選びは慎重に!失敗しないためのポイント

   

腰痛におすすめ 【MLILYエムリリー】マットレス トッパー 優反発&高反発の二層構造 シングル 厚さ5cm

マットレストッパーは、寝心地をよくしたり、マットレスの汚れを防ぐことができる便利な製品です。

ただし、マットレストッパーにも種類があるので、これから使おうとしている人は、どれを買えばよいか迷うこともあるでしょう。

そこで、選ぶときに注目すべきポイントを紹介します。

ポイントを意識しながら選ぶと、初めてでも失敗することはありません。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

他の製品との違いを知ろう

マットレストッパーは、マットレスの上に重ねて使うものですが、似たような使い方をする製品は他にもあります。

それらの製品とマットレストッパーの違いを把握しておけば、うっかり違うものを選んでしまう心配はないでしょう。

ベッドパットとピロートップ

マットレストッパーは、基本的に単一の素材で作られていることが特徴です。

これをマットレスに重ねることで、厚みが増して寝心地がよくなったり、汚れを防いだりする効果があります。

そして、マットレストッパーと似た使い方で、同じような効果がある製品といえば、まずはベッドパットです。

ベッドパットは、綿をキルティング加工したものが多く、マットレストッパーと同様の目的で使用されます。

しかし、その効果は少し弱めであり、よりしっかりした効果を得るためには、マットレストッパーの方がおすすめです。

また、マットレストッパーとベッドパットを合わせたような構造をもつ、ピロートップもあります。

これは、マットレストッパーよりもさらに確実な効果が期待できますが、他の2つと違って、マットレスと一体になっているのが特徴です。

厚さに注目

マットレストッパーは、基本的にベッドパットよりも厚い製品です。

それに加えて、使い方と効果が似ていることから、「厚みのあるベッドパット」と表現されることもあります。

汚れ防止や寝心地改善の効果が高いのは、この厚さがあるためなのです。

よく似た製品ではありますが、選ぶ際は、厚さに注目してみるのも、ひとつの方法でしょう。

ただし、同じマットレストッパーでも、その中でさらに厚さの種類があるので、注意して選ぶようにしましょう。

また、より効果をめるためには、ベッドパットとマットレストッパーを併用するのもおすすめです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

低反発と高反発

マットレストッパーには、高反発の素材と、低反発の素材があります。

どちらを選ぶかで効果は違ってくるので、目的を考えて選ぶようにしましょう。

それぞれのメリット

高反発のマットレストッパーは復元力が高く、一度へこんでも、すぐに元の形に戻ります。

つまり、体を跳ね返す力が強いということであり、正しい姿勢を維持しながら眠ることができるのです。

そのような状態で眠れば、腰にかかる負担が少なくなるので、腰痛を防ぐことができます。

しかし、跳ね返す力が強いと硬く感じることも多いので、寝心地を改善するのが目的の場合は、あまり向いていません。

一方、低反発のマットレストッパーは復元力が低く、形が変わると、ゆっくり戻っていきます。

そのため、跳ね返す力が弱く、体が沈むことが特徴です。

体が沈んでいると、ふんわりとした柔らかさがあるので、寝心地を重視するなら最適の素材となります。

ただし、沈みすぎて姿勢が保てなくなることもあるので、腰痛がある人は要注意です。

このように、選ぶ素材によって、まったく異なる効果があるので、失敗しないようにじっくり検討しましょう。

マットレスで効果アップ

マットレストッパーを使う際は、下にあるマットレスとの組み合わせも重要になります。

なぜなら、マットレストッパーの効果は、マットレスによって強化されるからです。

例えば、高反発のマットレストッパーを使用するなら、マットレスも高反発にすることをおすすめします。

そうすると、両方の効果がプラスされることで、より高い効果になるのです。

低反発のマットレストッパーでも、マットレスを同じ低反発にすることで、さらに寝心地がよくなります。

そのため、マットレストッパーの素材を考えるときは、マットレスの素材も合わせるとよいでしょう。

同じ素材を組み合わせて使うことで、より確実な効果が期待できます。

特に、腰痛対策で高反発を選択する場合は、マットレスにも気を配っておくべきです。

マットレストッパーは上に重ねるだけなので、腰痛対策に特化したマットレスと違って、あまり効果が得られないこともあります。

もしマットレストッパーだけで効果がないようなときは、ぜひマットレスの素材も合わせてみてください。

通気性のよさが大切

マットレストッパーの通気性は、選ぶときに欠かせないポイントのひとつです。

通気性のよいものを選べば、より良質な睡眠ができるでしょう。

夏でも快適に

通気性がよいマットレストッパーは、空気の通り道がしっかり確保されているので、蒸れる心配がありません。

そのため、夏でも涼しく過ごすことができるのです。

通気性が悪いと、どうしても熱がこもってしまうので、夏は暑苦しく感じてしまいます。

特に、梅雨の時期は湿気も多く、不快感はより強くなってしまうでしょう。

それでは、どんなに寝心地のよい製品でも、ぐっすり眠ることはできません。

しかし、通気性のよいものなら、熱を確実に逃がしてくれるので、眠りを妨げるようなことはないのです。

高反発のウレタン素材などは蒸れやすいものも多いですが、その点を改善した製品もあるので、できるだけ通気性のよいものを探しましょう。

湿気対策も忘れずに

通気性がよいということは、熱だけでなく、湿気を逃がす効果も高くなります。

梅雨のじめじめした湿気も、しっかり逃がしてくれるでしょう。

それならば、カビやダニなどが発生することもなく、常に清潔な状態で寝ることができます。

また、それらを防ぐことは、マットレストッパーの劣化を遅らせることにもなるのです。

しかし、どんなに通気性のよい製品を選んでも、敷きっぱなしでは、その効果を十分に発揮することはできません。

せっかく通気性のよいものを選んだのなら、定期的に干すようにしましょう。

ただ敷いているだけよりも、しっかり干すことで、湿気はさらに減らすことができます。

消臭効果はあるか

毎日使う寝具は、どうしても汚れてくるものです。

そのため、臭いについての対策があるかどうかは、選ぶ際のポイントになります。

臭いを防げば、快適な睡眠ができるでしょう。

臭いを防いで熟睡しよう

マットレストッパーは洗濯ができない製品が多く、主なメンテナンスは、ときどき干すことになります。

しかし、寝具の臭いというのは、かなり気になるものです。

あまり臭いが強い場合は、それが原因で熟睡できないこともあるでしょう。

人間は、寝ている間にも多量の汗をかいているので、寝具にはどうしても臭いがつきやすくなります。

それを干すだけで解決するのは、なかなか難しいものです。

しかし、マットレストッパーの中には、消臭効果のある製品もあります。

そうした製品であれば、普段から臭いを抑えることができるので、干すだけのメンテナンスでも安心です。

選ぶ際は、できるだけ消臭効果のあるものを探すようにしましょう。

カバーが洗える製品もある

マットレストッパーには、本体を洗うことはできなくても、そのカバーだけなら、問題なく洗濯できる製品があります。

干すだけでは心配な人は、そうした製品を選んで、カバーだけでもこまめに洗うようにするとよいでしょう。

その場合、普通に洗濯機に入れて洗えるものが多いので、手間もかかりません。

消臭効果に加えて、カバーをいつも清潔に保つことができれば、臭いの対策はより万全となります。

まとめ

マットレストッパーにも、いろいろな種類があります。

望んだ効果を得るためには、その中から適切なものを選ばなければなりません。

しかし、多くの種類の中から、自分に合ったものを探すとなれば、初めてでは難しいことも多いものです。

そんなときは、ここで紹介したポイントを押さえて、慎重に検討してみてください。

ポイントがわかっていれば、ぴったりのマットレストッパーが見つかるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団