腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マルチなマットレスなのにリーズナブル!その魅力は価格だけではない

   

マルチマットレス 高反発 低反発 2層 厚さ4cm 【低反発1cm+高反発3cm】 60×180cm 高密度ウレタンフォーム 丸めて収納・持ち運び便利 ごろ寝 昼寝 災害時 車中泊 ブラウン

寝心地の良いマットレスを利用しても、外出先では自分が購入したマットレスを利用できないので、寝心地が悪くなってしまいます。

所が『マルチマットレス ごろ寝マット 厚さ4cm』であれば、寝心地がよくなっている上に、遠くまで運びやすい製品になっているので、外出先でも利用する事ができます。

そのように優れた製品でも、リーズナブルな価格になっているので、その魅力やメリットなどを紹介するので確認してみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マルチマットレス ごろ寝マット 厚さ4cmの特色

本製品が、運びやすい上に寝心地まで、よくなっているのは『マルチタイプ』と『サイズ』が大きく関係しています。

そこで、本製品を詳しく知りたい方のめに、このマットレスの特色について紹介するので見ていきましょう。

マルチタイプ

マルチタイプは、あまり聞きなれないかもしれませんが、このタイプは違う反発力を組みわせている事を指します。

実際に、マットレスには『高反発タイプ』と『低反発タイプ』があって、それぞれ一長一短あります。

そのため、本製品は2つの反発力を組み合わせる事によって、それぞれのメリットだけを生かして作り上げる事に成功しました。

そして、本製品の構造は、上層から低反発ウレタン(厚み1cm)・高反発ウレタン(厚み3cm)になっています。

高反発ウレタンは体の沈み込みを抑えてくれますが、体が痛く感じてしまいます。

それに引き換え、低反発ウレタンは体が沈み込みやすくなっていますが、ソフトな使用感になっているので、あまり体が痛く感じません。

本製品は、2層構造を採用する事によって、あまり体が痛く感じない上に、体の沈み込みの抑制に成功しました。

マルチな利用法

本製品が、外出先へ運びやすくなっているのは、マットレスの裏側に『バンド』が付いているからです。

そのバンドを片側だけ外しておいて、マットレスをくるくると丸めていく事ができます。

マットレスを丸めた状態でバンドを固定したら、コンパクトなサイズで固定できる上に、バンドは取っての代わりにもなるのです。

本製品をコンパクトなサイズにしたら、バッグのような持ち方で運べるので、気軽に外出先まで持って行く事ができます。

本製品のサイズ

外出先へマットレスを持って行く場合には、多くの方たちが友達の家やホテルをイメージするかもしれませんが、本製品はコンパクトなサイズになっているので、車やテントの中で利用する事ができます。

それでは、本製品のサイズはどの程度かと言えば、幅80×長さ180×厚み4cmです。

このように、コンパクトなサイズになっている事から、それほど大型サイズの車やテントではなくても、本製品は設置しやすいマットレスになっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

車中泊のメリット

本製品を車の中に設置したら、車中泊する事はできますが、どのようなメリットがあるのか知らない方は多いでしょう。

そこで、車中泊した場合のメリットを紹介するので、確認してみて下さい。

宿泊できる場所

観光地へ行った場合には、自分が景色を楽しみたい場所の近くにホテルがあるとは限りません。

特に夜景が綺麗に見える場所は、山頂の近くにある場合が多いので、ホテルから離れているケースが多いです。

所が、車中泊の場合には、駐車場さえあれば、そこで眠る事ができます。

そのため、山の奥地にある湖や人工ダムを見たい場合でも、本来であればホテルが近くになくて、行く事が難しい場合でも、車中泊であれば近くで眠る事ができるのです。

途中で就寝

隣の県へ行く程度の距離であれば、住んでいる都道府県によって違いはありますが、100km程度の距離なので高速道路を使えば数時間で着く事ができます。

しかし、東北から関西の京都や大阪へ遊びに行こうとしたり、九州から関東の東京や横浜へ遊びに行こうとしたら、高速道路を使っても簡単にたどりつく事ができません。

最悪のケースでは、走行中に疲れ果ててしまって、交通事故を起こす可能性さえあります。

所が、車中泊できたら、目的地にたどり着く前にPAまたはSAで停まって仮眠を取る事もできるのです。

そのため、遠くまで車で移動するケースが多い場合には、車中泊しやすい本製品はおすすめのマットレスです。

キャンプをするメリット

車中泊だけではなく、キャンプを行った場合でも、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、今までキャンプを利用した事がない方にも、本製品を利用する重要性も知ってもらうために、キャンプを行った場合のメリットを説明しましょう。

カロリーを消費

キャンプを行う際には、車から降りて遠くまでテントを持ち運んで、設置しなくてはいけません。

それだけでもカロリーを消費しますが、釣りやバーベキューの準備までしようとしたら、多くのカロリーを消費できるので、ダイエットしたい方には大きなメリットです。

さらに、自宅で食事制限する場合にはストレスをためがちですが、キャンプの場合で違う景色を見ていれば、気分転換をしながらダイエットもできるのでおすすめです。

家族の団結

休日の時だけ、自宅で家族にいるだけの方は、あまり家族サービスを行えていないので、スキンシップを取る事が難しいです。

そのような日々を送っていたら、そのうち子供から「お父さんの服と一緒に洗濯しないで」と言われる可能性さえあります。

所が、家族と一緒にキャンプを行った場合には、テントを一緒にはったり、魚を一緒に釣ったりできるので、家族で団結する事ができるのです。

そうすれば、子供達に頼り甲斐のある所を見せられるので、子供の親に対する評価は大きく変わってくるでしょう。

製品情報の詳細

本製品の特色やメリットなどを紹介してきましたが、このマットレスの魅力はそれだけではありません。

そこで、製品情報の詳細も紹介するので、このマットレスを詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

カラーバリエーション

寝心地の良いマットレスでも、デザインにこだわりたい方もいるでしょう。

本製品は、そのような方でも満足できるように、2種類ものカラーバリエーションを用意しています。

その2種類とは『クリーミーホワイト』や『ブラウン』です。

クリーミーホワイトは明るいカラーになっている事から、清潔感のあるデザインになっています。

そして、ブラウンは暗いトーンになっている事から、落ち着きのあるデザインになっているのです。

ただし、楽天市場で本製品を販売しているサイトでは、現在はクリーミーホワイトが売り切れの状態になっているので注意して下さい。

リーズナブルな価格

本製品は、魅力的なポイントばかりだったので、多くの方たちは「本当にリーズナブルな価格になっているのだろうか」と心配になったかもしれません。

所が、本製品は本当にリーズブナルな価格になっていて、楽天市場では税込価格4,752円になっているのです(2018年7月16日時点)。

実は、日本で販売されているマットレスの中には、10,000円を超えてしまう製品はいくつもあります。

それを考えたら、本製品は値段の高い製品に比べたら半額以下になっているので、コストパフォーマンスが優れているほうのマットレスです。

まとめ

本製品は、マルチマットレスになっているので、2つの反発力の良い所だけを取り入れています。

そのため、今まで低反発マットレスと高反発マットレスの両方が、体に合わなかった方でも、本製品であれば体に合う可能性は高いです。

さらにコンパクトなサイズで固定する事ができるので、車やテントの中に設置しやすくなっているので、アウトドアが好きな方にも、おすすめのマットレスです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団