腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

メリットがたくさん!重曹の入浴剤でバスタイムを楽しむ方法

   

自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

入浴剤があることで、いつものバスタイムがより豊かなものとなります。

多目的に使えることで注目されている重曹は、実は入浴剤として手軽に使うことができるのです。

重曹をお湯に入れることで、どのような働きを期待することができるのでしょうか。

ここでは、重曹の入浴剤でバスタイムを楽しむ方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

重曹の入浴剤の魅力について教えて!

入浴剤にかかる費用を節約することができる

お風呂に入浴剤を入れることで身体をじっくり温めることができたり、良い香りを楽しむことでリラックスした気分を楽しむことができます。

しかし、お風呂は生活習慣のひとつなので毎日入浴剤を入れるとなるとかなりの費用がかかってしまいます。

セールの入浴剤を購入するにしても毎日となるとそれなりの費用がかかるので、中には節約のために1日越しに入浴剤を入れるなどの工夫をされている方もいるかもしれません。

その点、重曹は入浴剤として使用できるもののひとつですが、ホームセンターなどで安く販売されているのでまとめて購入することで1回使用する分の費用を抑えることができます。

身近な店舗で購入しやすいので便利

重曹はスーパーやホームセンター、ネットショップなどの身近な店舗で購入しやすいところが魅力です。

入浴剤をまとめて購入していても、いつの間にか切らしてしまうことがあります。

お気に入りの入浴剤を遠方まで買いに行くという方もいるかもしれませんが、重曹なら幅広い店舗で取り扱っているので身近な店舗ですぐに購入することができます。

まとめて購入しておいても、入浴剤として使用するだけではなく幅広い用途に使用することができるのでまとめて購入しておくと良いかもしれません。

お風呂のお湯を流すことで排水口が綺麗になる

重曹を入浴剤としてお風呂に入れてゆっくりお湯に浸かった後、使用後のお湯は排水口に流すことになります。

その際に排水口の汚れを落とす働きを期待することができます。

お風呂のあらゆる部分の中でも排水口は汚れが流れていく場所であることから、汚れやすい特徴を持っています。

定期的にお風呂掃除をする時に、汚れを落とすのに特に労力が掛かる部分です。

しかし、日頃から重曹を入れたお風呂のお湯を流すことで排水口に落ちにくい汚れがつくのを防ぐ対策をとることができます。

毎日の中で汚れが落ちやすいようにしておけば、お風呂掃除が楽になるでしょう。

浴槽やバスルームのカビ予防対策がとれる

重曹は抗菌作用を備えていることから、お風呂のお湯に入れることで浴槽やバスルームの床にカビが生えるのを防ぐ対策をとることができます。

一度カビが生えるとカビとり洗剤などを購入して、丁寧にケアしなければならないので手間や時間がかかります。

しかし、日頃から重曹を入れたお湯をバスルームで使用することで浴槽やバスルームの床などのカビ予防対策をとることができるでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

重曹の入浴剤の作り方を教えて!

重曹の入浴剤の作り方はとても簡単で、まず、市販の重曹を準備します。

重曹はより安心して使うために食用のものを選んでおくと良いでしょう。

そして、浴槽のお湯約200リットルに対して大さじ3杯程度入れるだけです。

あまりにも簡単で拍子抜けしてしまう方もいるかもしれませんが、本格的に手作りの入浴剤作りにチャレンジしたい方であれば、炭酸入り重曹の入浴剤がおすすめです。

材料として、重曹(大さじ2)・クエン酸(大さじ2)・塩(大さじ1)と、これらの材料を混ぜ合わせる時に使う容器、ヘラ、入浴剤を固めるための型・水分を加えるための霧吹きを準備します。

まず、容器の中に重曹・クエン酸・塩を入れて、霧吹きで適度に水分を加えながらヘラで丁寧に混ぜ合わせます。

最後に入浴剤を固めるための型に混ぜ合わせた重曹のペーストを入れて、よく乾燥させたら出来上がりです。

重曹の入浴剤の特徴やメリットを教えて!

お風呂の抗菌・消臭の働きが期待できる

お風呂にゆっくり浸かることで大量の汗をかきますが、浴槽やバスルームの汗のニオイが気になる方もいることでしょう。

そんな時、重曹の入浴剤を入れることで抗菌や消臭の働きを期待することができます。

香りがついた入浴剤は、強い香りによってバスルームのニオイが気になることが少ないかもしれませんが、自然派の入浴剤の中には無臭のものがあるのでニオイ対策をとることができません。

しかし、重曹ならニオイ対策がとれるので心地良いバスタイムを楽しむことができます。

身体の隅々の余分な角質に働きかけることができる

重曹にはアルカリ成分が含まれているため、肌の余分な角質が溜まっている部分に働きかけて柔らかく整える働きが期待できます。

肘や膝、かかとなどの角質はスキンケア製品を使って定期的にケアしている方がいるかもしれませんが、全身の角質ケアとなると時間と手間がかかってしまいます。

そんな時、重曹の入浴剤を入れたお湯にゆっくり浸かる習慣を持つことで、全身の肌を柔らかく整える対策をとることができるので手軽なケア方法としておすすめです。

身体の毛穴の奥の汚れに働きかける

全身には無数の毛穴がありますが、毛穴が詰まりやすい部分にニキビができてしまうことがあります。

特に背中は角質が厚いので毛穴が詰まりやすくニキビができやすい部分です。

また、目が届きにくい部分なので、隅々まで十分なお手入れができないことがあります。

そんな時、重曹の入浴剤を入れたお風呂に浸かることで硬くなった角質に働きかけて、毛穴に余分な皮脂が詰まらないようにする対策をとることができます。

お湯に浸かっている間は背中を含め全身の角質に働きかけることができるので、お肌を手軽に整えることができるでしょう。

身体を芯からじっくり温めて血行に働きかける

重曹の入浴剤を入れたお湯にゆっくり浸かることで、重曹の温熱効果によって芯から身体を温める働きを期待することができます。

お湯で身体を温めることによって血行が促されれば、新陳代謝をサポートできるので美肌対策をとることができます。

また、ダイエット中の方にとって身体の冷えは代謝活動を低下させる原因になってしまうので、お湯に浸かってゆっくり身体を温めることが大切です。

重曹の入浴剤を入れたお風呂なら、身体全体を温めて冷え予防対策をとることができるでしょう。

重曹でバスタイムを思い切り楽しむ方法

数多くの魅力やメリットがある重曹ですが、まったく香りがない入浴剤を味気なく感じる方もいることでしょう。

そんな時、重曹と一緒にお気に入りの肌への刺激が少ないアロマオイルを2~3滴入れることで良い香りがバスルームに広がります。

しかし、アロマオイルの中には肌への刺激が強いものもあるので、小さなお子様や肌の弱い方にはおすすめできません。

お湯に浸かりながら優しい香りを楽しみたい場合には、柑橘系の果物の皮を用いるなど自然のものを使用すると良いでしょう。

重曹を入浴剤として使用する場合には、入れすぎないように注意しながら肌質に合うかどうか確認することも大切です。

まとめ

重曹は幅広い用途があることで知られていますが、入浴剤として使えるなんてとても便利ですよね。

入浴剤は毎日使用するものだからこそ費用を抑えたいアイテムのひとつですが、重曹の入浴剤なら経済的である上に肌にも嬉しい働きが期待できるところが魅力です。

さらに、お風呂掃除がしやすくなるというメリットもあるなんて、メリットが多すぎて驚いてしまいますね。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤