腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ワイドは何が良いの?ダブルサイズのマットレスを買うならワイドダブルがおすすめな理由

   

【takano_mokkou 高野木工 トムソンベッド THOMSON BED ワイドダブル ホワイトオーク】フレームのみ ベッド ワイドダブル 木製 北欧 すのこ フレーム すのこベッド 無垢 ナチュラル ワイドダブルベッド 天然木

ダブルサイズのマットレスには、シンプルなダブルサイズのマットレスもあれば、セミダブルというダブルサイズよりはやや小さいサイズのマットレスもあれば、ワイドダブルというダブルサイズよりもやや大きなサイズ感のマットレスもあります。

そんなダブルサイズのマットレスの中でも、特におすすめなのが、ワイドダブルのマットレスになります。

ここではその理由についてみていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ワイドダブルは幅が広い

まずワイドダブルは、ダブルサイズのマットレスとどう違うのかというところから見ていきます。

ワイドダブルサイズのマットレスは、一般的なダブルサイズのマットレスと比べると、幅が広いところに特徴があります。

一般的なサイズ感のダブルサイズのマットレスは、横幅が140センチになります。

しかし、ワイドダブルサイズのマットレスは、横幅がだいたい150センチ前後になります。

155センチとか、そのくらいのサイズ感であることが多いです。

それだけのサイズ感になれば、たとえその上に二人で寝るにしても、ある程度のスペースを確保することができるようになります。

出来れば、横幅のサイズ感は大きい方が良いです。

2人でダブルだと70センチずつしかない

ダブルサイズのマットレスを検討している方は、基本的には2人で寝るという方が多いです。

もちろん中には一人でダブルサイズのマットレスで寝ようと思っている方もいるものです。

もしそうなのであれば、そういう方は別に一般的なダブルサイズのマットレスでも問題ありません。

1人で寝るのであれば、140センチというサイズ感はそれだけですでに十分すぎるサイズ感になりますから。

でも、2人で寝るのであれば、ダブルサイズのマットレスでは狭すぎることが多いです。

ダブルサイズのマットレスに2人で寝ていたら、1人頭70センチのスペースしか使うことができません。

1人70センチのスペースしか使うことができないでいたら、やはり寝ている間に狭く感じてしまいがちになるのです。

でもワイドダブルサイズであれば、一人頭80センチ近くのスペースを使うことができます。

その差は正確には一人頭10センチもないくらいになります。

しかし、そのくらいの違いであっても、いざ寝てみると意外と大きな違いだったりするのです。

だから、できればワイドダブルサイズのマットレスがおすすめになります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

狭いと身体が痛くなることが多い

ダブルサイズのマットレスに二人で寝るときのように、狭い状態で寝ていると、どうしても身体が痛くなることが多いです。

寝るというのは体を休める行為のはずなのに、寝具が狭いとそのせいで身体を痛くしてしまいます。

そしてそれはそうそう改善していきません。

なぜなら、寝るというのは毎日行う行為になるからです。

それがたまにしか行わないことなのであれば、たまに痛くなるくらいなので別に良いのです。

しかし、寝るというのは毎日行うことなので、寝る際に身体が痛くなるということは、毎日身体を痛めてしまうということになります。

それは、どう考えてもよくありません。

だから、出来れば広い、ワイドダブルのマットレスで寝るべきなのです。

寝返りができないから痛くなる

狭いマットレスで寝ていると身体が痛くなるというのは、寝返りができないからです。

狭いスペースでは、基本的には人は寝返りができなくなります。

そうして寝返りができなくなってしまっていたら、やはり身体も痛くなりがちになるのです。

寝返りができないでいたら、筋肉をほぐすことができなくなります。

寝返りというのは、何もただ寝相が悪いから行われているようなことではありません。

そうではなく、しっかりと身体をほぐすために行われているものになるのです。

寝ている間には基本的には寝返り以外では筋肉を動かすことがありません。

でも、筋肉を動かさないでいたら、筋肉が凝り固まりどんどん身体は痛くなっていくのです。

だから、寝返りができないでいたら身体が痛くなってしまうというわけです。

ワイドダブルサイズのマットレスであれば、二人で寝ていても寝返りができます。

なので、二人で寝ていても身体が痛くなることはそうそうありません。

広すぎないのもおすすめ理由の一つ

ワイドダブルサイズのマットレスは広すぎません。

広いマットレスには、まだまだ上があります。

たとえばクイーンサイズのマットレスはもっと大きいですし、キングサイズのマットレスはそれよりもさらに大きいです。

それだけ大きいわけなのですから、二人で寝るのであればその方が良いのではないかと思うこともあります。

でも、広ければ広いほど良いというわけでもありません。

あまり広すぎても、それはもはや二人で寝る意味が無くなります。

2人で寝るのには、2人の距離を近づけて寝ることに意味があることが多いです。

ただふれあって寝るだけで、言葉を交わさずともコミュニケーションが取れることになり、信頼関係の向上につながることがありますから。

でも、あまり広いマットレスで寝ているのであれば、それもできなくなります。

それならば、一つのマットレスで寝るメリットはなくなります。

別々のシングルで寝た方がよくなってしまう

一つのマットレスで寝ていたら、それがどれだけ大きなマットレスであっても、同じ質感のマットレスで寝ることになります。

でも、好きなマットレスの質感や身体に合っているマットレスの質感は人それぞれ違います。

なので、基本的には1つの大きなマットレスで寝ている場合、どちらか一方は我慢しながら寝ることになるか、あるいは両方ともそれなりに妥協して寝ることになります。

それでも、1つのマットレスで寝ることには前述のようなメリットがあったので、それもアリだったのです。

しかし、1つのマットレスで遠く離れて寝てしまうと、そのメリットがなくなるわけですから、だったら最初から別々のシングルサイズのマットレスなどで寝た方が、よほど満足度は高くなります。

それぞれが好きな質感のマットレスで寝ることができるわけですから。

そんな風になってしまったら大きいサイズのマットレスがもったいないです。

だから、あまり広すぎるサイズ感のマットレスはおすすめできないのです。

ちょうど良いバランスのマットレスが、ワイドダブルのマットレスになります。

値段もそこまで上がらない

ワイドダブルサイズのマットレスは、ダブルサイズのマットレスとくらべて、そこまで値段が高いというわけでもありません。

これがたとえばキングサイズのマットレスやクイーンサイズのマットレスになってしまうと、ぐっと値段が上がることがあります。

でも、ワイドダブルであればそこまであがらないので、すごくコスパの良いマットレスだということになります。

寝具にはほかにもお金がかかる

確かに広いマットレスで寝ることは大切ですが、寝具にかかるお金は、マットレスにかかるお金だけではありません。

他にももろもろとお金がかかります。

それも、決して安いとは言えないお金がかかるのです。

だから、コスパが良いマットレスを選ぶことはすごく大切なことになります。

そういうこともあって、ワイドダブルサイズのマットレスはおすすめになります。

まとめ

ダブルサイズのマットレスを買うならば、ワイドダブルサイズのマットレスが一番おすすめです。

広いしコスパもよいし、バランス感が絶妙なのです。

なのでもしダブルサイズのマットレスを買おうと思っているのであれば、ワイドダブルサイズのマットレスを買うようにしていってください。

そして、身体によい状態で気持ちよく眠れるようにしていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団