腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

一人暮らしでダブルサイズのベッドやマットレス使用って贅沢?それとも必需品?

      2017/09/08

接触冷感 敷きパッド ひんやり ベッドパッド ボックスシーツ式 洗える 抗菌・防臭・防ダニ・吸汗速乾加工 (140X200cm・3点セット, グレー)

一人暮らしを始めようかなと思った時、まず必要なのが家具です。

最低でも、ちょっとした衣装ケースや本棚などは欲しい所ですね。

そして出来れば、場所が充分にあればベッド等の寝具もまた用意したいものです。

その寝具が充分な大きさのある、ダブルベッドもしくはダブルサイズのマットレスであれば、言う事はありません。

一人暮らしでダブル?

贅沢に思えるかもしれませんが理由があるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

寝具は最高の休息の相棒

ベッドだけでなく寝具と言うのは、最高の休息を与えてくれるものを選びたいものです。

特に初めての一人暮らしの場合など、やはりちょっと無理をしてでもいい寝具を揃えたいものですね。

進学のための独り暮らしにしろ、就職のための一人暮らしにしろ、最初は緊張するのが当たり前です。

出来るだけ部屋ではリラックスして、1日の疲れを取りたいところです。

布団でも勿論いいのですが、疲れて帰宅して布団を敷くのも面倒と言う人には、やはりベッドが一番ですね。

自分に合った寝心地の良いベッドを、用意したいものです。

そこまでは予算がちょっとと言う人には、マットレスを購入してベッド代わりに使用する手もありますね。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

ベッドもマットレスもサイズは豊富です

一人ならシングルベッドやシングルサイズのマットレスと言うのが、まあ当たり前と言えば当たり前のことです。

サイズ的には、幅が90cmから100cm、長さが190cmから200cmと言ったところです。

誤差はメーカーによっても多少ありますが、大方はこのようなサイズです。

普通の身長の人なら、縮こまれることなく寝られるサイズです。

これがセミダブルとなると幅が120cmに、ダブルとなると140cmになって、随分とゆったりしてきます。

セミダブルは2人用としてはかなり狭いですが、ダブルなら2人でも一応は寝られるサイズとも言えます。

まあ正直、ダブルベッドに2人と言うのも寝返りなども問題からすると、いささかおすすめできないとも言えます。

この上に、クイーンサイズやキングサイズもありますので、出来れば2人での使用の場合はこちらの方がおすすめです。

いずれにせよ、サイズの差はお値段の差にもなりますので、予算に従ってと言う事にもなります。

一人だからシングルサイズと決め込むことも無し

一人暮らしだからシングルサイズのベッドで充分、と言うのが大方の考え方です。

実際、一人でごろっと寝るんだから幅が90cmもあれば充分だ、と言うのも事実です。

しかしもうちょっとゆったりと寝転がりたい、床の余裕の部分は犠牲にしてもベッドを生活の拠点にしたい、と言う方の場合何もシングルベッドに固執することもありませんね。

セミダブルやダブルベッドもしくはマットレスで、予算と場所の許す限りゆったりとリラックスと言うのも、また一人暮らしの楽しさでは無いでしょうか。

一人でこそできる贅沢、とも言えますね。

ダブルサイズのベッドには当然ダブルサイズのマットレス

ベッド購入を考えた場合はベッドのサイズに合わせて勿論、マットレスを選ぶことになります。

つまりは勿論、ベッドのサイズに合わせてマットレスの購入が必要と言う事です。

まあ正直なところ、ダブルサイズのベッドフレームに、シングルサイズのマットレスを乗せる人は、まずいないと思います。

ベッドとマットレスがセットになっている場合は、何の心配もなく大きなベッドを享受できるわけです。

たっぷりとしたスペースで、ベッドから落ちる心配もなくぐっすり眠れるという点では、大きいサイズのベッドを一人で占領と言うのは、安眠にはもってこいの手段です。

意外と狭いシングルサイズのベッドやマットレス

幅が100㎝あれば充分に思えるかもしれませんが、特に体格のいい男性の場合これが意外と狭いものです。

寝返りなど打った場合、ベッド幅マットレス幅のギリギリまで行ってしまうこともあります。

セミダブルの幅とは30cmくらいしか違いませんが、この差が安心して眠れるかどうかに結構響いてきます。

狭いベッドと言うのは、昔の欧米では貧困層の描写に使われていたりもしました。

狭い部屋に狭いベッドと言う図式が、ちょっと悲しい雰囲気ですね。

ここはゆったりと過ごせる時間のためにも、お財布と相談の上ワンサイズもしくはもう一つ上の、ダブルサイズを考慮に入れてはいかがでしょう。

寝返りは健康な眠りに欠かせない動作

さてこの寝返りですが、これは一晩にかなりの回数無意識に行われている動作です。

寝返りが打てない状況などでは、安眠は望めないと言われています。

しかしベッドと言うのは布団と違って、段差が大きいものです。

マットレスもベッドに比べれば低いものの、布団に比べれば床からの距離はあります。

寝返りを打ったらベッドやマットレスから落ちて目が覚めてしまった、等と言う事があれば結局は安眠がブチ切られてしまうことになります。

充分な寝返りを打てるためにも、大きめのベッドやマットレスが望ましいと言う事なりますね。

独り暮らしで贅沢?ダブルサイズ

ちょっと贅沢に思える独り暮らしでのダブルサイズのベッドにマットレス、でも投資するだけの甲斐はあります。

寝返りが充分に打てる

幅が広いおかげで、いくら寝返りを打っても落ちることはまずありません。

寝ている間も活動的な人でも、140㎝の幅があればまず大丈夫です。

落ちる心配なしに入眠できるというのは、安眠のための第一歩です。

たっぷりとした広さに甘えて、充分に寝相を悪くしてしまいましょう。

とにかく寝返りの多い健康体の人には、おすすめのサイズです。

ダブルサイズのマットレスだと歪みが少ない

狭い場所でしかも弾力のある底辺の場合、圧をかけるとその部分は沈みます。

狭いので、沈んだ部分に引きずられて端の方まで変形していきます。

シングルサイズのベッドマットレスの場合、こういった状況になると思ってください。

しかしダブルサイズのマットレスの場合、一か所に圧がかかっても端の方まで影響は及びません。

マットレス自体の歪みもですが、寝ている人の骨格の歪みも少なくて済むわけです。

沈んだ場所から次の場所への移動も、スムースに行くと言う事です。

大きなマットレスの、面目躍如ですね。

これはちょっと難しい独り暮らしでのダブルサイズ

いいことずくめのように見える、一人寝のダブルサイズベッドですが、やはりそこはマイナス面もあります。

部屋がベッドやマットレスで埋まってしまう

部屋のサイズが充分でない限り、ダブルサイズのベッドもマットレスも邪魔物になってしまいます。

何しろ布団と違って、押し入れに仕舞うと言うわけにも行きません。

ベッドを入れたら、歩く場所が無くなったという人もいないではありません。

しっかりと部屋のサイズを確認の上、ベッド購入に踏み切りましょう。

粗大ごみ化してしまっては、ベッドもマットレスも気の毒です。

マットレスが大きすぎて手入れが大変

マットレスはやはり、時々でいいから干したいものですね。

シングルサイズのマットレスなら、一人でもベランダまで割と簡単に持ち出せます。

しかしダブルサイズの物になると、一人でしかもあまり力に自信の無い人には移動だけでも大変なことになります。

ベランダの出入り口が小さくて、マットレスを通せないというような状況になることも無いとは言えません。

ここでもまた、部屋や出入り口のサイズの確認をしておきましょう。

まとめ

一人暮らしであえて大きめの寝具を選ぶと言う事は、それなりの理由があるわけです。

もし予算と場所に余裕があるのなら、シングルサイズでは無くダブルサイズのベッドかマットレスを用意なさってみてはいかがでしょう。

質のいい眠りのために、大きめの寝具で安眠が得られるわけです。

自分だけの城に自分だけのゆったりした寝具、揃えてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団