腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発マットレスで腰痛になるのはなぜ?注意すべき4つの原因

   

低反発マットレスは、体を跳ね返す力があまり強くないため、常に優しく体を受け止めてくれます。

そのため、気持ちよさを感じることができるのです。

ただし、低反発にはデメリットもあるので、使うときは注意してください。

油断していると、腰痛になってしまうことがあります。

では、低反発のデメリットについて、詳しく説明していきましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

姿勢が悪くなる

体を跳ね返す力が弱い低反発のマットレスは、深く沈みすぎることがあります。

反発力を示すN(ニュートン)の値が60未満のものは、柔らかいマットレスや、反発力の弱いマットレスです。

Nの値が低すぎると、体を優しく受け止める適度なレベルを通り越してしまい、おかしな具合に沈むことになります。

それが、腰痛の原因となる要素です。

あまり沈みすぎると、よい姿勢を保つことができません。

体に大きな負担をかける状態で眠ることになるため、腰痛を防げなくなってしまうのです。

曲がった状態で寝るのはよくない

反発力が低すぎるマットレスに寝た場合は、体がまっすぐになりません。

腰のところが深く沈むため、くの字に曲がった状態になってしまうのです。

しっかりと腰痛を防ぐなら、そのような姿勢を続けるのはNGになります。

体が曲がったままで夜の長い時間を過ごせば、負担はどんどん大きくなっていきます。

少しの間曲げるくらいなら大きなダメージはなくても、朝までずっと曲げたままでは、どうしても腰を痛めやすくなります。

そうした失敗をしないためにも、低反発の製品を選ぶときは注意してください。

体が曲がりすぎないものを選び、体にかかる負担を減らすようにしましょう。

背骨のカーブが重要

腰痛対策をするときは、マットレスに体を預けたときの背骨の状態が、重要なポイントになってきます。

余計な負担がない姿勢になっているときは、背骨がゆるくS字カーブを描いているものです。

これは、まっすぐに立ったときと同じ状態です。

体はまっすぐに伸びていますが、中の背骨は直線ではなく、適度に湾曲しています。

それが、最も負担の少ない状態なのです。

低反発すぎて沈むものを使っていると、カーブが極端になってしまうため、失敗しやすくなります。

それを防ぐには、適度に沈むものを選び、カーブをしっかり維持していきましょう。

本来のゆるいカーブを維持することができていれば、ひどい腰痛になることはありません。

体格との相性をチェック

マットレスを使ったときに沈みすぎてしまう原因には、「自分の体格との相性を無視している」というものもあります。

例えば、小柄で軽い人がマットレスを選ぶとき、その店で一番反発力が高いものを選んだりすると、高い確率で失敗することになります。

体を跳ね返す力が強すぎるため、硬すぎる不快な寝心地になってしまうのです。

これは、体格と反発力が合っていない状態です。

低反発の場合も、Nの値が低すぎるものを大柄で重い人が使うと、深く沈むことになるため、快適に眠ることができません。

腰にもかなり負担をかけるため、腰痛になってしまうのです。

失敗を防ぐためには、自分の体格をよく考え、ちょうどよいタイプを選ぶようにしてください。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

体の動きを妨げる

体が沈みすぎるマットレスの場合、思うように動けないことも問題になってきます。

普通のマットレスと違い、体の動きを制限されてしまうことが多いのです。

これは、腰痛を悪化させる要素のひとつなので、低すぎる反発力には十分注意してください。

体が埋もれる

低反発すぎて必要以上に沈むようだと、体がマットレスに埋まってしまい、なかなか抜け出せない状態になることがあります。

マットレスに体がめり込み、すっかり固定されてしまうのです。

うまく動けなくなってしまうのは、これが原因です。

腰痛対策のためには、なるべく埋まらないものを探すようにしましょう。

体の疲れがとれない

体を動かせない状態で一晩過ごすと、かなり疲れてしまうものです。

動きたくても動けない状態が何時間も続くことになるので、自分では寝ているつもりでも、あまり疲れがとれません。

それどころか、疲労の蓄積がひどくなってしまうのです。

無駄な疲労がたまっていると、腰への負担を軽減することも難しくなってしまいます。

しっかりと対策をするなら、体に疲れがたまらないように、適度な反発力があるものを使いましょう。

体圧分散ができない

体が埋まり、スムーズな寝返りができないときは、負荷の集中が起きてしまいます。

そうなると、ただ疲れるだけでは済みません。

余計な負荷をかけ続けたことで筋肉が固まれば、より痛みを感じやすくなってしまうのです。

これを防ぐには、体圧分散に注目してみましょう。

しっかり分散させて負荷を散らすことができれば、腰痛を防ぐことができます。

寝返りの回数は大切

体圧分散のためには、しっかりと寝返りをうち、体の位置を少しずつ変える必要があります。

そうすることで、負荷がどこかに集中したりせず、楽に睡眠をとることができるのです。

寝返りが少なすぎると、同じ姿勢を続ける時間が長くなり、どうしても腰への負担が大きくなってしまいます。

体の動きを妨げない適度な反発力に注目し、快適に眠れるマットレスを選びましょう。

動きやすさなら高反発

しっかり動いて寝返りをするなら、低反発だけにこだわらず、高反発タイプもチェックしておきましょう。

反発力が高めだと、体の動きをサポートしてくれるため、弱い力でも楽に寝返りがうてるようになります。

Nが大きすぎるものはよくありませんが、体格の大きい人などは、少し大きめの方がちょうどよい場合もあるのです。

自分に合ったタイプを選び、体の負担をうまく減らしていきましょう。

へたりやすい

低反発マットレスを選ぶときは、通常のものより耐久性が低い点にも注意してください。

耐久性が低く、すぐにへたってしまうものだと、腰痛の対策が難しくなってしまいます。

へたると中央が凹んでしまい、先述したような負担の少ない姿勢が維持できません。

背骨のカーブが崩れ、腰を痛めやすくなるのです。

負荷が大きい

低反発だと、体を預けたとき、しっかりと沈むことになります。

その沈みが心地よさにつながっているわけですが、変形量が多いということは、それだけダメージも大きいということです。

いつも大きく変形させながら使っていれば、劣化は早くなります。

反発力が低いものを使うなら、できるだけ余計な負荷をかけないようにしてください。

例えば、棚の上にある何かを取るとき、マットレスを踏み台にするのはNGです。

使うなら寝るときだけにして、へたりによる腰の負担を防ぎましょう。

湿気にも注意

低反発マットレスのへたりは、湿気が蓄積したときも早くなります。

多量の湿気で素材の劣化が進むため、変形量の多さと合わさり、ダメージがより大きくなってしまうのです。

それを避けるためには、こまめに湿気対策を行うようにしてください。

敷きっぱなしにせず、定期的に干して湿気をとばしていれば、蓄積がひどくなることはありません。

また、敷き方をローテーションさせる方法もおすすめです。

裏表や上下を入れ替え、動かしながら使うようにすると、湿気がたまりにくくなります。

その方法だと、体重をかける部分が固定されないため、へたりにつながる負荷を軽減することもできます。

劣化しにくい使い方を常に意識して、体への負担を抑えるようにしましょう。

まとめ

腰痛対策をしたいなら、低反発マットレスの選び方には十分注意してください。

ここで紹介したようなデメリットを把握せず、適当に選んだものを使ったりすると、腰への負担を軽減することができなくなります。

購入するときは、できるだけ店頭で試し、沈みすぎないものを探すようにしてください。

極端に沈まないものを上手に使っていれば、低反発でも簡単に腰痛になることはありません。

参考URL・参考文献・根拠など

https://suzuki-mattress.jp/high-rep…
https://腰痛対策マットレス…
https://my-best.com/367
https://kaimin-times.com/memory-foa…
https://exquery.net/低反発マッ…
https://exquery.net/サルでもわ…
https://高反発マットレスで…
https://www.hotel-bed.net/bed-maint…
https://www.marcelsway.org/oteire/j…


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団